前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1150件中 1 - 10件表示
  • ハガナー情報局

    ハガナー情報局から見たパレスチナパレスチナ

    1917年から1920年まではイギリス軍による軍事政権がパレスチナを支配。その期間の1918年に世界シオニスト会議の代表委員会委員達がパレスチナを訪問。ゼエヴ・ジャボチンスキーの勧めで、世界シオニスト機構の代表委員会に情報事務局(???? ???????)が設立。目的はアラブ人の行動に関する情報収集とアラブ人民族主義団体の追跡調査であった。1920年7月に国際連盟英国委任統治という形で民政がパレスチナで始められた。ハガナー情報局 フレッシュアイペディアより)

  • 土井敏邦

    土井敏邦から見たパレスチナパレスチナ

    広島大学在学中に世界を放浪するなかでイスラエルのキブツに滞在しパレスチナのガッザ地区に渡航したことがきっかけでパレスチナ問題に関心を抱き、戦場カメラマンの広河隆一からパレスチナ問題に関する卒論の指導を受け、1981年同大学同学部卒業。PLO駐日代表部により出版されフォトジャーナリストの広河隆一が編集長であった「フィラスティン・びらーでぃ」と称する月刊誌の中東専門雑誌記者、朝日ジャーナル嘱託記者を経てフリー。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会の会員でもある。1985年以来、断続的に延べ5年以上、イスラエルとその占領地(パレスチナ)の難民キャンプや村に滞在して取材を続けている。また、土井はかつて「砥川春樹」というペンネームで執筆活動を行っていた。なお、土井の年収は100万円未満である。土井敏邦 フレッシュアイペディアより)

  • 反ユダヤ主義

    反ユダヤ主義から見たパレスチナパレスチナ

    70年代にパレスチナと小アジアで成立したキリスト教の福音書では、エルサレム攻囲戦で生き残った唯一のユダヤ教集団のパリサイ派が偽善者として批判されている。『ヨハネによる福音書』で記されたイスカリオテのユダについて、ポリアコフはユダの名前は偶然というよりも意図が働いていたのではないかと疑っている。反ユダヤ主義 フレッシュアイペディアより)

  • 革命

    革命から見たパレスチナパレスチナ

    アラブ反乱(1916年 - 1918年、イラク、シリア、レバノン、ヨルダン、パレスチナ、アラビアなど) - オスマン帝国からのアラブ人独立と統一アラブ国家の樹立を目指す運動。トルコからは離脱したが、イギリス領内の王国やフランス領になった。革命 フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤ人

    ユダヤ人から見たパレスチナパレスチナ

    イシューブ(イスラエル(パレスチナ)の地のユダヤ教徒)ユダヤ人 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア人

    アッシリア人から見たパレスチナパレスチナ

    1914年に起こったオスマン帝国によるアッシリア虐殺(後述)以降、レバノンやヨルダン、パレスチナ、ギリシアなどの周辺地域、ロシアやアルメニア等の旧ソ連諸国、欧米、インドのケララ州などでディアスポラによるコミュニティが誕生している。アッシリア人 フレッシュアイペディアより)

  • 非同盟および発展途上国の平壌映画祭

    非同盟および発展途上国の平壌映画祭から見たパレスチナパレスチナ

    「たいまつ」銀賞 記録映画『黒いページ』(パレスチナ非同盟および発展途上国の平壌映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • アヴィグドール・リーベルマン

    アヴィグドール・リーベルマンから見たパレスチナパレスチナ

    かつては、ラビ・カハネに傾倒していた経緯から、パレスチナとの妥協には一切反対する極めて強硬な立場を取っていた。世俗主義であるものの、旧約聖書の解釈を厳格化させた大イスラエル主義(「約束の地」の範囲を元々イスラエルのものと捉える思想)を掲げており、シナイ半島からヨルダン川東岸を固有の版図とした領土拡張主義を長年とってきたが、2005年政策を大きく転換させる。現在は、ヨルダン川西岸などのユダヤ人入植地をイスラエルが併合する一方、イスラエルに住むアラブ系住民の土地をパレスチナ側に譲渡させる「住民・土地交換論」を主張。この政策が人心を掴み、2006年の総選挙では11議席を獲得。2009年総選挙では「(ユダヤ人国家への)忠誠なくして市民権なし」をスローガンにして臨み、15議席に躍進。左派からは、極右と激しく批判を受ける一方、急進右派や、より過激なカハネ主義者からは日和見的と批判を受ける。アヴィグドール・リーベルマン フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教の歴史

    キリスト教の歴史から見たパレスチナパレスチナ

    ローマ帝国の分裂後、東ローマ帝国領域内と西ローマ帝国領域内で、キリスト教はそれぞれ違った展開をみせる。この相違は政治的なものにとどまらず、両地域がそれぞれギリシア語圏とラテン語圏に分かれ、元来異なる文化圏に属したことに由来すると考えられよう。やがてコンスタンティノポリス総主教庁とローマ教皇庁は決定的に対立することとなり、1054年に正教会とローマ・カトリック教会に分裂する。一方、古代末期に成立した東方諸教会は、イスラム教勢力の拡張とともに、シリア・パレスチナ・エジプトでの勢力を失い、この地方でのキリスト教は少数派となってゆく。キリスト教の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 法整備支援

    法整備支援から見たパレスチナパレスチナ

    第2次安倍内閣で平成25年5月に決定された法制度整備支援に関する基本方針(改訂版)では、重点支援国として、ミャンマー、バングラデシュも追加されたほか、アフリカ諸国の支援需要をくみ取っていく方針も明記された。また、日本は、パレスチナ紛争の解決や中東諸国の民主化推進などの観点から、アジア圏でのイスラム教の国であるインドネシアやマレーシアとも連携しつつ、パレスチナを含めた中東諸国に対し、農業、保健などの分野で支援活動を展開しているが、そのような中、法分野のうち刑事分野では、パレスチナを含めた中東諸国・地域への法整備支援が若干は行われている。法整備支援 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1150件中 1 - 10件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード