1150件中 91 - 100件表示
  • 365年

    365年から見たパレスティナパレスチナ

    7月21日、クレタ島沖でマグニチュード8クラスの地震発生(英語版の記事)。ギリシャ沿岸、アレクサンドリア、パレスティナに津波が襲来し、甚大な被害を生じた。365年 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前198年

    紀元前198年から見たパレスチナパレスチナ

    アンティオコス3世に率いられたセレウコス朝の軍とアエトリアのスコパスに率いられたプトレマイオス朝の軍によって、パニウムの戦いが行われた。セレウコス朝は戦争に勝利し、アンティオコス3世はエジプトのプトレマイオス5世からパレスチナとコイレ・シリアを手に入れた。ローマ帝国はプトレマイオス5世に外交官を送ったが、彼らは重大な援助を与えることはできなかった。紀元前198年 フレッシュアイペディアより)

  • 国の人口順リスト (2004年)

    国の人口順リスト (2004年)から見たパレスチナパレスチナ

    ここでは、国際連合加盟国191か国に、中華民国(台湾)、バチカン、パレスチナを加えた計194を「国」とした。国の人口順リスト (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • エイブラハム・フォックスマン

    エイブラハム・フォックスマンから見たパレスチナパレスチナ

    リッチは正式に赦免を得るや否や、サッダーム・フセインが石油・食料交換計画を利用して金儲けをするのを助け始めた。このときフセインが儲けた金は、パレスチナの自爆テロリストたちの遺族を援助する資金となった。こうしてリッチは再び米国政府から取調べを受けるようになったが、フォックスマンはユダヤ系週刊誌『前進』の取材に答えて、リッチから再び献金が受けられるのであれば必ずしも断るつもりはないと発言した。エイブラハム・フォックスマン フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団

    ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団から見たパレスチナパレスチナ

    サイードは2003年に死去したが、その理念「共存への架け橋」を掲げて現在もバレンボイムを指導者として音楽活動を続けている。2005年にはパレスチナ自治区ラマラにて厳戒態勢での中、演奏会を実施し、大きな感動を呼び起こした。2007年には、高松宮殿下記念世界文化賞の若手芸術家奨励制度に選ばれた。ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ソフロニオス

    ソフロニオスから見たパレスチナパレスチナ

    ソフロニオスのエルサレム総主教在位中に、パレスチナはイスラム勢力の支配下におかれた。634年からイスラーム勢力はアブー=バクルにより任じられたアブー・ウバイダをシリア総督としてムアーウィヤの兄ヤズィードらを指揮官とする三軍によりシリア遠征を敢行したが、東ローマ帝国軍の激しい反撃にあった。これに対しアブー・バクルはイラク戦線からハーリド・イブン=アル=ワリードを転戦させ、636年のヤルムークの戦いなどの勝利によりシリア州の征服を確実にしていった。635年9月にはダマスクスが和平条約を結んでアブー・ウバイダとハーリド率いるアラブ軍に投降し、637年にはパレスティナへも南下、エルサレムに迫った。ソフロニオス フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・メレマン

    ユルゲン・メレマンから見たパレスチナパレスチナ

    その頃イスラエルとパレスチナの紛争が激化して世間の関心が高くなっており、パレスチナへの同情が強いことを見てとったメレマンは、2002年の連邦議会選挙を前にして、イスラエルを非難しドイツ外交を軌道修正させるキャンペーンを張った。自爆テロを行うパレスチナ人への理解を表明するのみならず、「イスラエルはパレスチナ人に対する殲滅戦を行っている。シオニズムのロビイストが正当な議論を封じている」と発言して緑の党を追われたジャマル・カルスリを党に迎え入れる。メレマンはさらに、選挙戦中にイスラエル首相アリエル・シャロンらを批判するリーフレットを配布した。ホロコーストの過去を背負うドイツにとってきわめて微妙な問題での、彼のこうしたナイーブな姿勢は、反セム主義的であるとしてメディアや各党に激しく批判された。この選挙でメレマン自身は連邦議会への復帰を果たしたが、マスコミ受けを狙った派手な選挙活動の割にFDPの票は伸びず、責任を取って副党首を辞任した。ユルゲン・メレマン フレッシュアイペディアより)

  • アラブ系ハイチ人

    アラブ系ハイチ人から見たパレスチナパレスチナ

    ハイチには少ないが目立つ数の中東に血統を持つか、アラブ系の家系に属するハイチ人が存在する。ハドラーミを祖先に持つ者がアラブ系ハイチ人のコミュティに存在する。レバノン系とシリア系を祖先に持つ者が最もアラブ系ハイチ人にとって多いが、しかしながら目立った数のパレスチナ系住民も存在する。アラブ系ハイチ人は一般的にハイチ社会の上層部に位置すると考えられるが、彼等は影響力が大きく数も多い混血や白人系のハイチ人から距離を取り、独自性を保つ。長年、彼等は「エリート」との連合のため、貧しい黒人系ハイチ人を避けてきたが、徐々に貧しい大衆を受け入れ、友好的に交流し始めている。アラブ系ハイチ人はハイチのビジネス界で傑出した存在であり、そのため彼等の多くが首都ポルトープランスに居住しビジネスを行う。中産階級のアラブ系ハイチ人はしばしば多くの都市のスーパーマーケットのオーナーである。アラブ系ハイチ人 フレッシュアイペディアより)

  • シュロモー・ザンド

    シュロモー・ザンドから見たパレスチナパレスチナ

    リンツの難民キャンプで生まれた。1948年、ホロコーストから逃れた両親とともにイスラエルに移住し、のちパレスチナ占領政策に反対する左翼団体で活動した。テルアビブ大学ではじめた歴史の高等教育をパリの社会科学高等研究院で終えた。1983年、同研究所でジョルジュ・ソレルの思想に関する博士論文を仕上げ、翌年出版された。1984年以降、テルアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教える。シュロモー・ザンド フレッシュアイペディアより)

  • ジェヴァト・チョバンル

    ジェヴァト・チョバンルから見たパレスチナパレスチナ

    イスタンブル出身。第一次世界大戦時、オーストリア・ロシア戦線のオスマン軍部隊を率い、ガリツィアで戦う。ジェヴァートの指揮する第15軍団は、オーストリア・ハンガリー軍にも勝るエリート部隊と考えられていた。1917年12月からシリア・パレスチナ戦線で活動する第4軍の司令官。1918年1月、第4軍司令官をアフメト・ジェマル・パシャと交代。1918年1月、F.クレス・フォン・クレッセンシュタイン将軍と代わって、「ユルドゥルム」(稲妻)軍集団の第8軍司令官に任命された。1918年3月、第22軍団(レフェト・ベイ大佐)、第24軍団(ヤースィン・ヒルミ・ベイ大佐)、並びにドイツ・アジア軍団(ウェルナー・フォン・フランケンベルク・ウント・プロシュリッツ大佐; Werner von Frankenberg und Proschlitz。実際には増強師団規模)が第8軍に編入された。1918年9月?10月のイギリス軍の攻勢時、第8軍は事実上壊滅した。ジェヴァト・チョバンル フレッシュアイペディアより)

1150件中 91 - 100件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード