939件中 11 - 20件表示
  • アッシリア人

    アッシリア人から見たパレスチナパレスチナ

    1914年に起こったオスマン帝国によるアッシリア虐殺(後述)以降、レバノンやヨルダン、パレスチナ、ギリシアなどの周辺地域、ロシアやアルメニア等の旧ソ連諸国、欧米、インドのケララ州などでディアスポラによるコミュニティが誕生している。アッシリア人 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たパレスチナパレスチナ

    ドイツはホロコーストについて一切公式の発表をしなかったが、ドイツ占領下にある地域のユダヤ人が大量に消息を絶ったことは連合国にも漏れ伝わっていた。1942年5月のニューヨーク・タイムズ紙はバルカン半島において10万人のユダヤ人が殺害されたと報道し、6月26日のボストン・グローブ紙はポーランドにおいて70万人以上のユダヤ人が殺害されたと報じた。また、ロンドンのポーランド亡命政府もユダヤ人殺害に抗議を行っている。6月29日には世界ユダヤ人会議が100万人以上のユダヤ人が殺害されていると発表し、ナチス・ドイツによる「ユダヤ人絶滅計画」の存在を訴えた。世界ユダヤ人会議の報告書を見たアメリカにおけるユダヤ人指導者の一人スティーヴン・サミュエル・ワイズは、国務次官補に救済を求めた。11月24日、国務省はワイズに報告書が正しいと認め、ワイズはこの報告書を公表し、ホロコーストがアメリカで公式に知られるようになった。この報道はアメリカのユダヤ人社会に衝撃を与え、かねてから高まっていたシオニズム運動、つまりパレスチナでのユダヤ人「コモンウェルス」建設の動きを加速させ、アメリカ政府による「イスラエル建国」承認につながることとなった。12月17日には西側連合国が「ドイツ政府がヨーロッパにおいて野蛮なユダヤ人絶滅政策を行っている」と公式に批判したが、国際世論に与えた影響はほとんどなかった。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • 枢軸時代

    枢軸時代から見たパレスティナパレスチナ

    この時代、中国では諸子百家が活躍し、インドではウパニシャッド哲学や仏教、ジャイナ教が成立して、イランではザラスシュトラ(ツァラトストラ、ゾロアスター)が独自の世界観を説き、パレスティナではイザヤ、エレミヤなどの預言者があらわれ、ギリシャでは詩聖ホメーロスや三大哲学者(ソクラテス・プラトン・アリストテレス)らが輩出して、後世の諸哲学、諸宗教の源流となった。枢軸時代 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ騎士団

    ドイツ騎士団から見たパレスチナパレスチナ

    本来は12世紀後半のパレスチナで聖地巡礼者の保護を目的として設立されたが、イスラム教徒に根拠地を奪われ、パレスチナを離れた。1226年バルト海南岸のクルムラントを異教徒から防衛するためにポーランド貴族に招聘され、後のプロイセン王国の建国に繋がる東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。ドイツ騎士団 フレッシュアイペディアより)

  • ゴダール・ソシアリスム

    ゴダール・ソシアリスムから見たパレスチナパレスチナ

    公式サイトによれば、物語は3楽章からなる。主人公たちは、真実のあるいは虚偽の神話的土地である、エジプト、パレスチナ、オデッサ、ヘラス(ギリシア)、ナポリ、バルセロナの6か所を訪れる。アメリカの女性歌手・パティ・スミス、フランスの哲学者・アラン・バディウの出演がアナウンスされており、公式にリリースされているスチル写真にも写りこんでいる。ゴダール・ソシアリスム フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ブノア

    ピエール・ブノアから見たパレスチナパレスチナ

    1923年、Le Journal紙の提案を受けて、通信員としてトルコに赴く(これは彼にとって図書館司書の仕事をやめてフリーになる絶好の機会であった)。トルコ革命中のアナトリアを横断し、彼はアンカラでケマル・アタテュルクへのインタヴューを行なった。続いてパレスチナやシリアにも足を伸ばした。ピエール・ブノア フレッシュアイペディアより)

  • ハイム・ヴァイツマン

    ハイム・ヴァイツマンから見たパレスチナパレスチナ

    1904年、イギリスに移住。シオニスト評議会の議長に就任する一方、マンチェスター大学で化学を教える。1906年にヴェラと結婚。1907年、パレスチナを訪れて移民の状況を見て、ユダヤ人国家建設には政治的解決と植民の両方が必要だと確信する。この考えは合成シオニズム (synthetic Zionism) と呼ばれた。ハイム・ヴァイツマン フレッシュアイペディアより)

  • 若一光司

    若一光司から見たパレスチナパレスチナ

    若一は70年代の早い時期からパレスチナ難民支援運動に関わり、中東や東南アジア諸国を往来。73年にはパレスチナ問題の先駆的な入門書といえる『イスラエルの中のアラブ人』(サブリ・ジェリス著)を奈良本英佑(現・法政大学教授)と共訳し、サイマル出版会から刊行している。数次にわたってレバノンやシリアのパレスチナ難民キャンプに滞在し、PFLP(パレスチナ解放人民戦線)などとも密接に連携しながら難民支援活動を行っていたとされるが、その間の経緯について本人は多くを語っていない。若一光司 フレッシュアイペディアより)

  • ファタハ・イスラム

    ファタハ・イスラムから見たパレスチナパレスチナ

    ファタハ・アル=イスラーム(アラビア語: ??? ???????, 英語: Fatah Islam)とは、レバノン北部トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプ、ナハル・アル=バーリドを拠点とする、スンナ派イスラーム原理主義組織。ファタハ・イスラム フレッシュアイペディアより)

  • 木の脚作戦

    木の脚作戦から見たパレスチナパレスチナ

    詳細はレバノン内戦に詳しい。1970年にヨルダン内戦が発生し追放された事により、レバノンにパレスチナ難民が流入、レバノンは事実上この難民に対し政府同等の権限を与えた事により、レバノン南部にPLO主派ファタハの名前を捩った「ファタハ・ランド」と渾名される地域が成立、レバノンは事実上傀儡国家となってしまう。その際にファタハランド側は隣国イスラエルへ攻撃を仕掛けていたが、レバノン政府に為す術は無かった。その後、1975年にレバノン内戦が勃発、翌年にはシリアが参入するも、反シリア・パレスチナを標榜するレバノン軍団がシリアとの国境で交戦、1976年当時イスラエルと交わされていたレッドライン協定を無視してマロン派拠点の東ベイルートに砲撃を加える。これに対してイスラエル側が激怒し内戦に介入、レバノン軍団側を支援した際にシリア側ヘリコプターを撃墜し、リタニ側から南のレバノン南部を占領した事から一触即発となり、シリア側も地対空ミサイルを配備し対抗した。結局は1981年にアメリカの介入で事無きを得た。しかし、この出来事により協定は形骸化してしまう。木の脚作戦 フレッシュアイペディアより)

939件中 11 - 20件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード