1150件中 11 - 20件表示
  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たパレスチナパレスチナ

    ファイル:Little Ambassadors Program Palestine.JPG|パレスチナ大使公邸でのリトルアンバサダーの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • 枢軸時代

    枢軸時代から見たパレスティナパレスチナ

    この時代、中国では諸子百家が活躍し、インドではウパニシャッド哲学や仏教、ジャイナ教が成立して、イランではザラスシュトラ(ツァラトストラ、ゾロアスター)が独自の世界観を説き、パレスティナではイザヤ、エレミヤなどの預言者があらわれ、ギリシャでは詩聖ホメーロスや三大哲学者(ソクラテス・プラトン・アリストテレス)らが輩出して、後世の諸哲学、諸宗教の源流となった。枢軸時代 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たパレスチナパレスチナ

    ドイツはホロコーストについて一切公式の発表をしなかったが、ドイツ占領下にある地域のユダヤ人が大量に消息を絶ったことは連合国にも漏れ伝わっていた。1942年5月のニューヨーク・タイムズ紙はバルカン半島において10万人のユダヤ人が殺害されたと報道し、6月26日のボストン・グローブ紙はポーランドにおいて70万人以上のユダヤ人が殺害されたと報じた。また、ロンドンのポーランド亡命政府もユダヤ人殺害に抗議を行っている。6月29日には世界ユダヤ人会議が100万人以上のユダヤ人が殺害されていると発表し、ナチス・ドイツによる「ユダヤ人絶滅計画」の存在を訴えた。世界ユダヤ人会議の報告書を見たアメリカにおけるユダヤ人指導者の一人スティーヴン・サミュエル・ワイズは、国務次官補に救済を求めた。11月24日、国務省はワイズに報告書が正しいと認め、ワイズはこの報告書を公表し、ホロコーストがアメリカで公式に知られるようになった。この報道はアメリカのユダヤ人社会に衝撃を与え、かねてから高まっていたシオニズム運動、つまりパレスチナでのユダヤ人「コモンウェルス」建設の動きを加速させ、アメリカ政府による「イスラエル建国」承認につながることとなった。12月17日には西側連合国が「ドイツ政府がヨーロッパにおいて野蛮なユダヤ人絶滅政策を行っている」と公式に批判したが、国際世論に与えた影響はほとんどなかった。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン

    ヨルダンから見たパレスチナパレスチナ

    ヨルダン・ハシミテ王国(ヨルダン・ハシミテおうこく、)、通称ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。ヨルダン フレッシュアイペディアより)

  • ゴダール・ソシアリスム

    ゴダール・ソシアリスムから見たパレスチナパレスチナ

    公式サイトによれば、物語は3楽章からなる。主人公たちは、真実のあるいは虚偽の神話的土地である、エジプト、パレスチナ、オデッサ、ヘラス(ギリシア)、ナポリ、バルセロナの6か所を訪れる。アメリカの女性歌手・パティ・スミス、フランスの哲学者・アラン・バディウの出演がアナウンスされており、公式にリリースされているスチル写真にも写りこんでいる。ゴダール・ソシアリスム フレッシュアイペディアより)

  • オットー・リーマン・フォン・ザンデルス

    オットー・リーマン・フォン・ザンデルスから見たパレスチナパレスチナ

    1918年2月、エーリッヒ・フォン・ファルケンハイン将軍の代わりに、パレスチナのF軍集団(別名「稲妻」部隊)司令官に就任。F軍集団には、第4軍(アフメト・ジェマル・パシャ)、第7軍(ムスタファ・ケマル・パシャ)、第8軍(ジェヴァード・パシャ)の計3万4千人が存在した。後に、第2軍(ニハド・パシャ)も編入された。1918年2月末?3月初めに攻勢を計画したが、戦力不足だった。2月21日、イギリス軍はイエリホンを占領。オスマン軍の崩壊が始まると、エドマンド・アレンビー (Edmund Allenby) 将軍指揮下のイギリス軍はパレスチナ作戦を開始し、10月1日にダマスカス、6日にベイルート、26日にアレッポを奪取し、パレスチナとシリアの大部分を占領した。軍集団は撃破され、将兵の大部分(7万5千人)が捕虜となった。10月5日、オスマン帝国政府は連合国に和平を要請し、10月30日に締結されたムドロス休戦協定により、10月31日、停戦が成立した。オットー・リーマン・フォン・ザンデルス フレッシュアイペディアより)

  • ファタハ・イスラム

    ファタハ・イスラムから見たパレスチナパレスチナ

    ファタハ・アル=イスラーム(アラビア語: ??? ???????, 英語: Fatah Islam)とは、レバノン北部トリポリ近郊のパレスチナ難民キャンプ、ナハル・アル=バーリドを拠点とする、スンナ派イスラーム原理主義組織。ファタハ・イスラム フレッシュアイペディアより)

  • 肥沃な三日月地帯

    肥沃な三日月地帯から見たパレスチナパレスチナ

    肥沃な三日月地帯(ひよくなみかづきちたい、Fertile Crescent)とは、古代オリエント史の文脈において多用される歴史地理的な概念である、その範囲はペルシア湾からチグリス川・ユーフラテス川を遡り、シリアを経てパレスチナ、エジプトへと到る半円形の地域である。肥沃な三日月地帯 フレッシュアイペディアより)

  • サーハン・ベシャラ・サーハン

    サーハン・ベシャラ・サーハンから見たパレスチナパレスチナ

    サーハン・ベシャラ・サーハン(????? ????? ?????、Sirhan Bishara Sirhan、1944年3月19日 - )は、パレスチナ系アメリカ人で、元アメリカ合衆国司法長官で大統領候補であったロバート・ケネディの暗殺犯人。サーハン・ベシャラ・サーハン フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナの世界遺産

    パレスチナの世界遺産から見たパレスチナパレスチナ

    パレスチナの世界遺産(パレスチナのせかいいさん)について述べる。パレスチナはユネスコの世界遺産リストに2件の文化遺産を登録しているが、いずれも危機にさらされている世界遺産(危機遺産)リストに登録されている。パレスチナのユネスコ加盟や世界遺産条約への参加は、自らの国家としての地位や領土の国際的承認と結びついているとしばしば指摘されており、対立するイスラエルが世界遺産制度の政治利用として批判しているほか、アメリカ合衆国が世界遺産基金の分担金拠出を停止するなど、国際的な影響を及ぼしている。以下は第38回世界遺産委員会(2014年)終了時点の情報である。パレスチナの世界遺産 フレッシュアイペディアより)

1150件中 11 - 20件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード