939件中 21 - 30件表示
  • レイチェル・コリー

    レイチェル・コリーから見たパレスチナパレスチナ

    レイチェル・コリー(Rachel Corrie, 1979年4月10日 - 2003年3月16日)は国際連帯運動(ISM)所属のアメリカ人反戦活動家。ガザ地区での活動中にイスラエル国防軍の武装ブルドーザーを止めようとして運転中のブルドーザーの前に立ちはだかり、死亡した。アメリカ人でありながらパレスチナのために犠牲となったコリーの死は、様々な議論を巻き起こした。レイチェル・コリー フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・ルナン

    エルネスト・ルナンから見たパレスチナパレスチナ

    1860年から翌年にかけて、ルナンは政府の命によってパレスチナの学術調査の指揮を執る。ここでルナンは一帯を旅し『イエス伝』の下敷きとなるパレスチナの風物に親しく交わったが、同伴した姉アンリエットと同時にマラリアにかかり、意識を回復した時にはアンリエットは既に死去していた。このアンリエットの人格的感化力がなければ、ルナンの『イエス伝』はより破壊的な性格のものとなったと言われる。エルネスト・ルナン フレッシュアイペディアより)

  • イマヌエル・ヴェリコフスキー

    イマヌエル・ヴェリコフスキーから見たパレスチナパレスチナ

    1895年、ロシア帝国のヴィーツェプスク(現在はベラルーシ)で裕福なユダヤ教徒の一家に生まれる。子供のころから複数の言語を学び、モスクワのギムナジウムに送り込まれて教育を受け、特にロシア語と数学に才能を見せた。1913年に優秀な成績で卒業。その後ヨーロッパとパレスチナを旅行し、フランスのモンペリエで医学を簡単に勉強した後、エディンバラ大学で医学部進学課程をとった。第一次世界大戦勃発前にロシアに戻り、1921年にモスクワ大学で医学の博士号を取得した。イマヌエル・ヴェリコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナサッカー協会

    パレスチナサッカー協会から見たパレスチナパレスチナ

    パレスチナサッカー協会(パレスチナサッカーきょうかい、、)は、パレスチナのサッカー協会である。略称はPFA。パレスチナサッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • 肥沃な三日月地帯

    肥沃な三日月地帯から見たパレスチナパレスチナ

    thumb|right|350px|肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域肥沃な三日月地帯(ひよくなみかづきちたい、Fertile Crescent)とは、古代オリエント史の文脈において多用される歴史地理的な概念である、その範囲はペルシア湾からチグリス川・ユーフラテス川を遡り、シリアを経てパレスチナ、エジプトへと到る半円形の地域である。肥沃な三日月地帯 フレッシュアイペディアより)

  • イツハク・シャミル

    イツハク・シャミルから見たパレスチナパレスチナ

    シャミルはロシア帝国(Różana、その後ポーランド領、ソビエト連邦領を経て、現在はベラルーシ領)で生まれ、1935年にパレスチナに移り住む。エルサレムのユダヤ大学で教育を受けた。旧姓はヤゼルニツキ(Jazernicki)であったが、その後シャミルに改名した。イツハク・シャミル フレッシュアイペディアより)

  • フランス委任統治領シリア

    フランス委任統治領シリアから見たパレスチナパレスチナ

    1918年11月に第一次世界大戦が終結すると、11月8日にいったんはイギリス、フランスともアラブの独立を支持した。また、ダマスカス攻略とともにフサイン・イブン・アリーの3男ファイサル・イブン・フサインを首班にアラブ政府が成立した。このアラブ政府は、シリアを基盤としたいファイサルによりシリア人を重用した構成となっていた。これに対しフランスはシリアを自国の勢力範囲とみなしていて、シリア民衆の支持を得ようとしているアラブ政府を敵対視した。また、フランスはサイクス・ピコ協定をもとにイギリスに対し、シリアにおけるフランスの権益を認めさせるため、協定中のフランス勢力圏の北東部モースル地方の権利放棄とパレスチナにおけるイギリスの独占的地位の承認する取引をおこなった。フランス委任統治領シリア フレッシュアイペディアより)

  • ショット (戦車)

    ショット (戦車)から見たパレスチナ自治区パレスチナ

    ナグマショットの改良型。操縦手用ハッチ周辺の強化、車体のブレイザー装甲の大型化、発煙弾発射装置の装備、車体サイドスカート強化、兵員室上に強化ガラス付きの防弾板を装備するなどの改修が行われている。おもにパレスチナ自治区におけるインティファーダ鎮圧などの治安維持任務に使用される。地雷処理ローラーを装備した車両も存在する。ショット (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • 嘆きの壁事件

    嘆きの壁事件から見たパレスチナパレスチナ

    嘆きの壁事件(なげきのかべじけん)は、1929年8月にイスラエル(当時のパレスチナ)のエルサレムにある嘆きの壁で起こったアラブ人とユダヤ人の武力衝突。この事件がきっかけとなって約一週間の間にヘブロン()やツファット()などパレスチナ各地でアラブ人による一連のユダヤ人襲撃が起こった。嘆きの壁事件 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たパレスティナパレスチナ

    東ローマ皇帝ユスティニアヌス自身も感染したため「ユスティニアヌスの斑点」ないし「ユスティニアヌスのペスト」と呼ばれた。エジプトのペルーシウムからパレスティナ地方へ、さらには帝都コンスタンティノープルへと広がって多くの死者が発生し、人口の約半数を失って、帝国は一時機能不全に陥るほどであったという。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

939件中 21 - 30件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード