1150件中 21 - 30件表示
  • ラムジー・サーレハ

    ラムジー・サーレハから見たパレスチナパレスチナ

    ラムジー・サーレハ(、Ramzi Saleh、1980年8月8日 - )は、エジプト・カイロ出身のパレスチナ人サッカー選手。ラムジー・サーレハ フレッシュアイペディアより)

  • トゥデラのベンヤミン

    トゥデラのベンヤミンから見たパレスチナパレスチナ

    故郷であるトゥデラを出発して最初の目的地となったのは、アラゴン地方の主都サラゴサである。その後エブロ川谷を下り、カタルーニャ地方のタラゴナ、バルセロナ、ジローナを訪れた。地中海岸を北上してフランスに入り、マルセイユの港から船に乗り込んだ。今日のイタリアに相当するジェノヴァ、ルッカ、ピサに続いて、ローマを訪れた。続いてギリシャのコリント、テーベ、サロニカを訪れ、海路でコンスタンティノープルまで足を運んだ後、サモス島、ロードス島、キプロス島を訪れた。ベンヤミンはローマ以後の各都市のユダヤ人人口を記録しており、ローマは200人、テーベは2,000人、サロニカは500人などとなっている。キプロス島から乗船するとパレスチナでレバント地方に上陸し、アンテオケ、ベイルート、シドン、ティルス、アクレ、ハイファ、、サマリア、ナブルスの各都市を回った。トゥデラのベンヤミン フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ブノア

    ピエール・ブノアから見たパレスチナパレスチナ

    1923年、Le Journal紙の提案を受けて、通信員としてトルコに赴く(これは彼にとって図書館司書の仕事をやめてフリーになる絶好の機会であった)。トルコ革命中のアナトリアを横断し、彼はアンカラでケマル・アタテュルクへのインタヴューを行なった。続いてパレスチナやシリアにも足を伸ばした。ピエール・ブノア フレッシュアイペディアより)

  • マルワーン2世

    マルワーン2世から見たパレスチナパレスチナ

    カイス族から支持を得たマルワーンは本拠地をダマスカスからメソポタミアのハッラーンに移すが、彼の決定はシリアの住民を失望させ、シリアで反乱が発生する。シリアでの反乱と同時期にフワーリジュ派の信徒が反乱を起こすが、シリアでの反乱に乗じたビザンツ帝国の軍隊はアナトリア半島の領土に侵入し、マラティヤなどの都市が破壊される。ホムス、パレスチナでの反乱を鎮圧したマルワーンはフワーリジュ派の攻撃に向かい、メソポタミア、ヒジャーズで勝利を収めた。また、パルミラ近郊のルサーファでウマイヤ家の人間が70,000の兵士を擁して起こした反乱も鎮圧し、30,000人の反徒を殺害したことが伝えられている。マルワーンはシリア、パレスチナに逃亡した反乱軍を追撃し、ホムス、バールベック、ダマスカス、エルサレムなどの都市の城壁を破壊した。ウマイヤ朝はシリア、メソポタミアで発生した反乱の鎮圧に成功し、748年までにエジプト、メソポタミア、アラビア半島南部の支配を回復する。マルワーンの即位前にマグリブでウマイヤ朝に対する反乱を起こしていたアブドゥッラフマーン・イブン・ハビーブは恭順の意を示し、マルワーンは彼をマグリブの総督に任命した。しかし、747年に東方のホラーサーン地方でアッバース家が指導する武装蜂起(アッバース革命)が勃発し、西方に向けて進軍を開始していた。マルワーン2世 フレッシュアイペディアより)

  • イツハク・シャミル

    イツハク・シャミルから見たパレスチナパレスチナ

    シャミルはロシア帝国(Różana、その後ポーランド領、ソビエト連邦領を経て、現在はベラルーシ領)で生まれ、1935年にパレスチナに移り住む。エルサレムのユダヤ大学で教育を受けた。旧姓はヤゼルニツキ(Jazernicki)であったが、その後シャミルに改名した。イツハク・シャミル フレッシュアイペディアより)

  • アヴラハム・シュテルン

    アヴラハム・シュテルンから見たパレスチナパレスチナ

    アヴラハム・シュテルン(Avraham Shtern、'、別名:ヤイール、Yair、'、1907年12月23日 - 1942年2月12日)は、シオニスト革命家で詩人。また、後の『レヒ』もしくは、『シュテルン・ギャング』(当時パレスチナを委任統治していたイギリス当局による呼称)と呼ばれるシオニスト機関の創設者であり、その指導者。アヴラハム・シュテルン フレッシュアイペディアより)

  • レイチェル・コリー

    レイチェル・コリーから見たパレスチナパレスチナ

    レイチェル・コリー(Rachel Corrie, 1979年4月10日 - 2003年3月16日)は国際連帯運動(ISM)所属のアメリカ人反戦活動家。ガザ地区での活動中にイスラエル国防軍の武装ブルドーザーを止めようとして運転中のブルドーザーの前に立ちはだかり、死亡した。アメリカ人でありながらパレスチナのために犠牲となったコリーの死は、様々な議論を巻き起こした。レイチェル・コリー フレッシュアイペディアより)

  • ベッカー高原

    ベッカー高原から見たパレスチナパレスチナ

    歴史・政治・軍事においては要衝であり、レバノン内戦中の1976年から終結後の2005年までレバノン駐留シリア軍の主力部隊が進駐していた。PLOや非PLO系パレスチナ組織もキャンプを構築し、日本赤軍も一時本拠地としていた。また、1980年代以降はヒズボラの有力な地盤の一つであり(バールベックに本部の一つを置いている)、親シリアのパレスチナ人組織の軍事拠点も存在する事から、イスラエル軍の空爆や地上戦がしばしば発生する。ベッカー高原 フレッシュアイペディアより)

  • モーシェ・フェイグリン

    モーシェ・フェイグリンから見たパレスチナパレスチナ

    イスラエル右派のカリスマ的存在で、アラブ・パレスチナ間のいかなる政治的妥協にも断固反対する立場をとる。クネセト(国会)からのアラブ人議員追放、非ユダヤ人のイスラエル国外退去の奨励、ガザ地区再占領、国際連合からの脱退などを主張する。モーシェ・フェイグリン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シモンズ (測量士官)

    ジョン・シモンズ (測量士官)から見たパレスチナパレスチナ

    ジョン・フレデリック・アンソニー・シモンズ(John Frederick Anthony Symonds、1815年ころ ? 1852年)は、イギリス陸軍の士官で、パレスチナで詳細な測量調査を行った測量士。ジョン・シモンズ (測量士官) フレッシュアイペディアより)

1150件中 21 - 30件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード