939件中 31 - 40件表示
  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たパレスチナパレスチナ

    第一次世界大戦終了後、サイクス・ピコ協定により、シリアとレバノンはフランスの、ヨルダンとパレスチナはイギリスの委任統治領となった。だが、第二次大戦中、本国フランスがナチス・ドイツに占領されたこともあり、独立の準備が進んでいたシリアやレバノンは、フランスからの独立を模索することとなる。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国とイランの関係

    アメリカ合衆国とイランの関係から見たパレスチナパレスチナ

    2005年10月、マフムード・アフマディーネジャードは国内向け演説でアーヤトッラー・ホメイニーの「時のページから(イスラエル/パレスチナにおいて)占めている体制は消滅すべきである」、パフラヴィー朝、国家としてのソヴィエト連邦、イラクにおけるサッダーム・フセインも同様であるとの発言に賛意を示した。アメリカ合衆国とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • モーシェ・フェイグリン

    モーシェ・フェイグリンから見たパレスチナパレスチナ

    イスラエル右派のカリスマ的存在で、アラブ・パレスチナ間のいかなる政治的妥協にも断固反対する立場をとる。クネセト(国会)からのアラブ人議員追放、非ユダヤ人のイスラエル国外退去の奨励、ガザ地区再占領、国際連合からの脱退などを主張する。モーシェ・フェイグリン フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの歴史

    エジプトの歴史から見たパレスチナパレスチナ

    エジプト第6王朝の初期には王位の簒奪が相次いだが、(メリラー・ペピ)の治世には宰相の下でアジア(パレスチナ地方)遠征やヌビア遠征を成功させ、上エジプトに運河を掘削して水上交通網を整備するなど比較的順調に統治した。ペピ2世の治世後半に「上エジプト長官」(ヘリー・テプ・アー)が上エジプトを手中に収め、中央集権体制が解体して州侯が自立勢力として割拠するエジプト第1中間期を迎えた。エジプトの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ブリストル スカウト

    ブリストル スカウトから見たパレスチナパレスチナ

    ブリストル スカウトを受領したイギリス陸軍または海軍の飛行隊のうち一つとして最後までスカウトを使い続けたところはなかった。1916年夏の終わりの時点では、陸海軍いずれの部隊にも新しいスカウトは供給されておらず、陸軍では推進式のエアコー DH.2単座戦闘機に交替したものが多かった。少数のスカウトは中東(エジプト、マケドニア、メソポタミア、パレスチナなど)に送られた。軍用最後のスカウトはかつてイギリス海軍航空隊に所属していたスカウトD(No.8978)で、オーストラリアのメルボルン近郊のポイント・クックの基地に1926年10月まで在籍していた。ブリストル スカウト フレッシュアイペディアより)

  • アワーミュージック

    アワーミュージックから見たパレスチナパレスチナ

    『カメラ・アイ』(オムニバス映画『ベトナムから遠く離れて』、1967年)のときにはヴェトナムに近づけず、『勝利まで』(1970年)のときにはヨルダンとパレスチナに密着したが、取材している相手の人物が途中で殺されてしまい完成できなかったというゴダールと戦争と映画の歴史がある。アワーミュージック フレッシュアイペディアより)

  • サーハン・ベシャラ・サーハン

    サーハン・ベシャラ・サーハンから見たパレスチナパレスチナ

    サーハン・ベシャラ・サーハン(????? ????? ?????、Sirhan Bishara Sirhan、1944年3月19日-)は、パレスチナ系アメリカ人で、元アメリカ合衆国司法長官で大統領候補であったロバート・ケネディの暗殺犯人。サーハン・ベシャラ・サーハン フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィド・ベン=グリオン

    ダヴィド・ベン=グリオンから見たパレスチナパレスチナ

    1947年に国際連合がパレスチナ分割を決議するとメナヘム・ベギンら率いるイルグンなど過激強硬派のテロや反発を抑えながら、独立への準備を進め1948年5月14日にイスラエルの独立を宣言した。ダヴィド・ベン=グリオン フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・ケストラー

    アーサー・ケストラーから見たパレスチナパレスチナ

    父親は実業家であり、その家庭は裕福なものであったが、第一次世界大戦によって事業の継続が困難になりウィーンに移住後、ケストラーがウィーン工科大学に入る頃には苦学をせざるを得ない状況だった。学生時代にはシオニストの決闘クラブに所属し、登山に熱中した。大学を中退後、確たるあてもないまま、シオニズムへの関心から1926年にパレスチナに入植する。アーサー・ケストラー フレッシュアイペディアより)

  • イギリス委任統治領パレスチナ

    イギリス委任統治領パレスチナから見たパレスチナパレスチナ

    イギリス委任統治領パレスチナ(イギリスいにんとうちりょうパレスチナ、英語:、アラビア語:、ヘブライ語:)は、国際連盟によりパレスチナに創設された、イギリスが統治を行う委任統治領である。パレスチナは、16世紀以来この地を治めていたオスマン帝国から、第一次世界大戦後にイギリスの委任統治下に入った領土である。イギリスは1918年にこの地の占領統治を開始し、1920年から高等弁務官による民政を開始して実質的に植民統治を開始していた。イギリス委任統治領パレスチナ フレッシュアイペディアより)

939件中 31 - 40件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード