939件中 41 - 50件表示
  • ガザ

    ガザから見たパレスチナ自治区パレスチナ

    ガザ地区に位置し、パレスチナ自治区で最大の人口を有する。ガザ フレッシュアイペディアより)

  • 我が祖国 (パレスチナの歌)

    我が祖国 (パレスチナの歌)から見たパレスチナパレスチナ

    我が祖国(わがそこく、、マウティニー)は有名なパレスチナ人の詩人イブラーヒム・トゥーカーン () によって書かれた、広く知られた詩である。1934年頃にパレスチナにおいて書かれ、パレスチナとイラクの事実上の国歌となった。シリアとアルジェリアでも、パレスチナを支持するため国歌(に準じるもの)として扱われている。曲はムハンマド・フリーフィル () によって書かれた。その間、この歌はアラブ世界で非常に広く知られるようになった。我が祖国 (パレスチナの歌) フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たパレスチナパレスチナ

    ファイル:Little Ambassadors Program Palestine.JPG|パレスチナ大使公邸でのリトルアンバサダーの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・バルフォア

    アーサー・バルフォアから見たパレスチナパレスチナ

    1902年7月11日から1905年12月5日までイギリスの首相を務めたほか、海軍大臣や外務大臣、を歴任した。の外務大臣であった1917年に発した、「パレスチナにおけるユダヤ人国家の設立を支持する」というバルフォア宣言で知られる。アーサー・バルフォア フレッシュアイペディアより)

  • 日本赤軍

    日本赤軍から見たパレスチナパレスチナ

    冷戦時代の1971年2月26日に、共産主義者同盟赤軍派の「国際根拠地論」に基づき、「海外にも運動拠点と同盟軍を持つ必要がある」と判断し、赤軍派の重信房子や元「京都パルチザン」の奥平剛士らがパレスチナへ赴き、同地で創設した。創設当初は「アラブ赤軍」、「赤軍派アラブ委員会」、「革命赤軍」等と称し、その名称さえきちんと定まっていなかったが、1974年以降、「日本赤軍」を正式名称とした。日本赤軍 フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たパレスチナパレスチナ

    灌漑農耕が始まりパレスチナ、シリア方面に進出。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 歴史的シリア

    歴史的シリアから見たパレスチナパレスチナ

    歴史的シリア(れきしてきシリア)は、大シリア、シリア地方ともいわれ、現在のシリア・アラブ共和国およびレバノン、ヨルダン、パレスチナ、イスラエルを含む地域の歴史的な呼称。西は地中海に面し、北は現在のトルコの一部、東はゴラン高原などの山地をはさんでイラクと接し、南は紅海およびアラビア半島に通じる。イスラーム勃興時代からアラビア語でシャーム地方(bilād al-Shām)と呼ばれた地域はほぼこの範囲に該当する。歴史的シリア フレッシュアイペディアより)

  • マニ教

    マニ教から見たパレスティナパレスチナ

    マニ教の教義は、ヘレニズム世界において流行した神秘主義的哲学として知られるグノーシス主義、パレスティナを発祥の地とするユダヤ教およびキリスト教、イランに生まれたゾロアスター教、また、ローマ帝国で隆盛した太陽崇拝のミトラ教、伝統的なイラン土着の信仰、さらに東方の仏教・道教からも影響を受け、これらを摂取・融合している。マニ教 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見たパレスチナパレスチナ

    ワインが食文化に根付いているヨーロッパでは日常的に飲まれることも多いが、近年では日本における日本酒と同様に、一人当たりの需要量は減少傾向にある。イスラム教においては、飲酒が教義により禁止されているため、発祥地である現在の中東諸国では、ワインの生産は、世俗主義国家であるトルコ、比較的リベラルなイスラム教徒やキリスト教徒が住むレバノン・ヨルダン・パレスチナ・エジプト等に限られる。日本を含むアジア諸国では、一人当たりの需要量は依然として少ないが、需要の伸びは著しいワイン フレッシュアイペディアより)

  • 十字軍

    十字軍から見たパレスチナパレスチナ

    1291年には最後の拠点アッコンを失ってエルサレム王国も滅亡し、全てのパレスチナはイスラム勢力下に入った。十字軍 フレッシュアイペディアより)

939件中 41 - 50件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード