1150件中 41 - 50件表示
  • フランス委任統治領シリア

    フランス委任統治領シリアから見たパレスチナパレスチナ

    1918年11月に第一次世界大戦が終結すると、11月8日にいったんはイギリス、フランスともアラブの独立を支持した。1918年11月23日には占領下のオスマン帝国領を統括する「占領下敵国領政庁」(Occupied Enemy Territory Administration, OETA)を分割するという布告が発せられ、中東は3つのOETAに分割された。このうちフサイン・イブン・アリーの子でダマスカスに入城したファイサル・イブン・フサインの部下アリ・リザ・エル=リッカビがOETA東部(シリア内陸とトランスヨルダン)を統治し、フサイン・イブン・アリーの3男ファイサル・イブン・フサインを首班とするアラブ政府が成立した。このアラブ政府は、シリアを基盤としたいファイサルによりシリア人を重用した構成となっていた。これに対しフランスはシリアを自国の勢力範囲とみなしていて、シリア民衆の支持を得ようとしているアラブ政府を敵対視した。また、フランスはサイクス・ピコ協定をもとにイギリスに対し、シリアにおけるフランスの権益を認めさせるため、協定中のフランス勢力圏の北東部モースル地方の権利放棄()とパレスチナにおけるイギリスの独占的地位を承認する取引をおこなった。フランス委任統治領シリア フレッシュアイペディアより)

  • アラブ系ベネズエラ人

    アラブ系ベネズエラ人から見たパレスチナパレスチナ

    アラブ系ベネズエラ人とはアラブ人に家系起源を持つベネズエラ市民である。約600,000人のベネズエラ人がアラブ人に起源を持ち、レバノン、シリア、パレスチナが主である。アラブ系ベネズエラ人 フレッシュアイペディアより)

  • ホスニー・ムバーラク

    ホスニー・ムバーラクから見たパレスチナパレスチナ

    大統領に就任したムバラクは、サダトの親米・親イスラエル路線を継承し、イスラエルとパレスチナの中東和平交渉では両者の調停役として尽力した。イスラエルとの交渉の結果、1982年4月には、第三次中東戦争でイスラエルに奪われたシナイ半島の返還を実現している。ホスニー・ムバーラク フレッシュアイペディアより)

  • イスラームと反ユダヤ主義

    イスラームと反ユダヤ主義から見たパレスチナパレスチナ

    イスラエルのパレスチナ占領とパレスチナ人に対する「残虐行為」、およびシオニストの反アラブ・反イスラーム的とされる態度への反発からイスラム世界では反ユダヤ主義が高まりを見せており、パレスチナのハマースも含めイスラム原理主義組織の中にはユダヤ人を敵として宣言したものが多数存在する。イスラームと反ユダヤ主義 フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム同胞団

    ムスリム同胞団から見たパレスチナパレスチナ

    ヨルダンの同胞団と政権との関係は良好で、同胞団は王政の危機回避に協力的だった。しかし、1980年代になるとその関係にも変化が訪れる。ヨルダンはパレスチナのヨルダン川西岸地区に対する主権を放棄し、下院選を実施することを決断した(「中東の民主化」と喧伝された)。1989年、マアーンで暴動が発生し、総選挙の時期は早められた。投票方法は連記制であり、選挙に参加していた同胞団に有利に働いた。この選挙の結果、イスラム勢力は80議席中34議席を獲得した。湾岸危機が発生するとヨルダンは挙国一致体制を採り、同胞団は閣僚5人と下院議長を輩出、さらに『国民憲章』の起草にも参画した。これによってヨルダンの政治的自由化は実現された。その後、国王フセイン1世は中東平和構想に注力し、同胞団の主張とは異なる路線を歩むようになる。当局は野党勢力への圧力を強め、投票方法も同胞団に不利な単記制に変更した。これ以降、ヨルダン同胞団は凋落の道を歩む。1997年総選挙で同胞団系のIAFはボイコットを行った。2001年に開始される予定だった総選挙は2003年に延期され、IAFも参加した。2007年総選挙ではIAFが110議席中6議席しか獲得できなかった。ヨルダン国王は危機回避のために同胞団を利用したが、危機が去ると同胞団を含むイスラム主義勢力を切り崩した。ムスリム同胞団 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・バレンボイム

    ダニエル・バレンボイムから見たパレスチナパレスチナ

    バレンボイムは、イスラエルによるヨルダン川西岸地区やガザ地区の占領に批判の声を上げ続け(つまり、アラブ諸国とパレスチナの主張する、西岸とガザでの主権を放棄し「パレスチナ国家」を樹立するという主張に沿う発言をしている)、今やイスラエルが「ある民族のアイデンティティと戦うことによって、倫理的な柱を失いつつある」と述べた。2003年には、イギリスの音楽評論家ノーマン・レブレクトによる取材に応じて、イスラエル政府の動向を、「倫理的におぞましく、戦略的に誤っていて」、「イスラエル国家のまさに存在を危機に陥れる」姿勢であると糾弾した。バレンボイムは、パレスチナ人(アラブ人)との連帯の意思表示として、イスラエル人の入植地区、とりわけヨルダン川西岸地区において演奏活動を行なってきた。ダニエル・バレンボイム フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たパレスティナパレスチナ

    東ローマ皇帝ユスティニアヌス自身も感染したため「ユスティニアヌスの斑点」ないし「ユスティニアヌスのペスト」と呼ばれた。エジプトのペルーシウムからパレスティナ地方へ、さらには帝都コンスタンティノープルへと広がって多くの死者が発生し、人口の約半数を失って、帝国は一時機能不全に陥るほどであったという。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハガナー

    ハガナーから見たパレスチナパレスチナ

    1900年代初頭の第二次アリーヤー(パレスチナ地域へのユダヤ人の移民)と時期を同じくして1907年に結成されたユダヤ人の自警組織バル・ギオラが1909年にとなり、以来パレスチナのキブツ(集団農場)などユダヤ人定住地の護衛を行っていた。1920年になると第三次アリーヤーでユダヤ人移民が増えた為に脅威を感じたアラブ人が暴動を起した。これを受けて同年6月にハショメールは解散して統括的軍事組織ハガナーに再編成された。ハガナー フレッシュアイペディアより)

  • バルフォア宣言

    バルフォア宣言から見たパレスチナパレスチナ

    バルフォア宣言では、イギリス政府の公式方針として、パレスチナにおけるユダヤ人の居住地(ナショナルホーム)の建設に賛意を示し、その支援を約束している。バルフォア宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見たパレスチナパレスチナ

    2月8日 - パレスチナの2大政治勢力、ファタハとハマス、メッカでの会合で統一政権樹立に合意。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

1150件中 41 - 50件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード