939件中 51 - 60件表示
  • アブラハム

    アブラハムから見たパレスチナパレスチナ

    アブラハムはかつて、古代ヘブライ語ではアブラム(、Abram)で、「群衆(多数のもの)の父」の意味であった。そのアブラムが、神の指示によりアブラハム(、Abraham)に変更された。このことにならったかのような母音付加が、これ以後、パレスチナ地方の言語にはよく見受けられる現象となる。同時に、このことが古代ヘブライ語や古代アラム語の正確な読みをわかりにくくさせている原因となっている。アブラハム フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・カーター

    ジミー・カーターから見たパレスチナパレスチナ

    冷戦のさなか「人権外交」を標榜し、中東において長年対立していたエジプトとイスラエルの間の和平協定「キャンプデービッド合意」を締結させるなど、中東における平和外交を推進した。なお1977年3月16日にマサチューセッツ州クリントンで行われたタウンミーティングにおいて、アメリカ大統領として初めてパレスチナ人国家建設を容認する発言をした(しかしながら、この発言が在米ユダヤ人の反感を買い、先に述べた1980年の大統領選挙の敗北の一因となった)。ジミー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教の歴史

    キリスト教の歴史から見たパレスチナパレスチナ

    一方、7世紀にイスラム教がアラビア半島で生まれ、急速に拡大してイスラム帝国を築いた。これは単性論論争で分裂していた東方諸教会にとって大きな痛手となった。7世紀前半にはシリア地方、パレスチナ、エジプトがイスラム帝国の版図となる。これらの地域の単性論信者はコンスタンティノポリス中心とする東方教会の正統から抑圧されていたので、むしろイスラム帝国を解放者として歓迎した。イスラム帝国治下のキリスト教徒は、一定の人権を保障され、異端とされた諸派に関してはビザンティン帝国治下よりも安全な生活と信仰をも保障されたのである。キリスト教の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 重信房子

    重信房子から見たパレスチナパレスチナ

    1971年に「国際根拠地論」に基づいて、パレスチナに赤軍派の海外基地を作ろうとする。奥平剛士と偽装結婚(奥平剛士は1972年5月、民間人ら23人を殺害、計100人以上を無差別殺傷したテルアビブ空港乱射事件のテロ行為で死亡)をし、「奥平房子」という戸籍を得て2月28日に出国した。なお重信は、後にパレスチナ人男性と結婚した。重信房子 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・チャーチル

    ウィンストン・チャーチルから見たパレスチナパレスチナ

    1916年12月にアスキスが失脚し、ロイド・ジョージが首相となると転機が訪れ、1917年7月にとして再入閣を果たした。戦車の増産に努め、イギリスの勝利に貢献した。戦後の1919年1月には兼に転任。動員解除を指揮しつつ、ロシア革命を阻止すべく反ソ干渉戦争を主導した。ロシアの共産化は防げなかったが、赤化ロシア軍のポーランド侵攻は撃退できた。だが、干渉戦争を快く思わないロイド・ジョージにより1921年1月にに転任させられた。イギリスの委任統治領となったイラクやパレスチナのアラブ人を懐柔すべく、を主宰し、ハーシム家の者たちをイラク王やヨルダン王に据える一方、国際連盟の委任状に基づき、裕福なユダヤ人のパレスチナ移民を推し進めた。1922年10月の保守党の政権離脱に伴うロイド・ジョージ内閣の総辞職につき、閣僚職を辞した。さらに同年11月の総選挙で落選。この頃に一次大戦に関する『世界の危機』を著した。ウィンストン・チャーチル フレッシュアイペディアより)

  • ハガナー

    ハガナーから見たパレスチナパレスチナ

    1909年以来パレスチナのキブツ(集団農場)などユダヤ人定住地にはショメールなどが自警団として存在していた。1920年になると第三次アリアでユダヤ人移民が増えた為に脅威を感じたアラブ人が暴動を起した。それを受けて、同年6月にショメルは解散して統括的軍事組織ハガナーに編成された。ハガナー フレッシュアイペディアより)

  • ホスニー・ムバーラク

    ホスニー・ムバーラクから見たパレスチナパレスチナ

    大統領に就任したムバーラクは、サーダートの親米・親イスラエル路線を継承し、イスラエルとパレスチナの中東和平交渉では両者の調停役として尽力した。イスラエルとの交渉の結果、1982年4月には、第三次中東戦争でイスラエルに奪われたシナイ半島の返還を実現している。冷戦期のムバーラクの外交路線は基本的には西側寄りであるが、1984年にはソビエト連邦との外交関係を修復している。冷戦終結後はより親米路線に傾斜し、1991年1月の湾岸戦争ではアメリカ・イギリスを中心とする多国籍軍へのエジプト軍の参加を決断。また、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロではアメリカへの支持を表明し、イスラム過激派の取り締まりにも積極的であった。こうした親米・親イスラエル路線は欧米諸国の高評価につながり、ムバーラクが2000年以降、外貨導入を積極的に図ってエジプトの国内総生産の一定的な成長を達成し得る一因となった。ホスニー・ムバーラク フレッシュアイペディアより)

  • アンマン

    アンマンから見たパレスチナパレスチナ

    1946年にトランスヨルダンが王国として独立すると、アンマンはその首都に昇格するが、1940年代後半の人口はわずかに2万人程度であった。しかし、イスラエル独立をめぐる混乱の中で、ヨルダンにはパレスチナ人の難民がパレスチナ各地から押し寄せ、トランスヨルダンにおける数少ない都市らしい都市であるアンマンの人口は急速に膨張した。その結果、居住地は都市の中心部を外れて、旧市街を取り囲む丘の上にまで拡大している。1990年代だけでも、パレスチナやイラクなどからの移住者や難民もあり都市拡大のペースは加速し、西部に新市街が次々誕生する一方、水の供給が深刻な問題となり始めている。アンマン フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・バレンボイム

    ダニエル・バレンボイムから見たパレスチナパレスチナ

    バレンボイムは、イスラエルによるヨルダン川西岸地区やガザ地区の占領に批判の声を上げ続け(つまり、アラブ諸国とパレスチナの主張する、西岸とガザでの主権を放棄し「パレスチナ国家」を樹立するという主張に沿う発言をしている)、今やイスラエルが「ある民族のアイデンティティと戦うことによって、倫理的な柱を失いつつある」と述べた。2003年には、イギリスの音楽評論家ノーマン・レブレクトによる取材に応じて、イスラエル政府の動向を、「倫理的におぞましく、戦略的に誤っていて」、「イスラエル国家のまさに存在を危機に陥れる」姿勢であると糾弾した(1)。バレンボイムは、パレスチナ人(アラブ人)との連帯の意思表示として、イスラエル人の入植地区、とりわけヨルダン川西岸地区において演奏活動を行なってきた。ダニエル・バレンボイム フレッシュアイペディアより)

  • カイサリア

    カイサリアから見たパレスチナパレスチナ

    「海辺のカイサリア」(ギリシア語 : Παράλιος Καισάρεια, ラテン語 : Caesarea Maritima)と呼ばれたパレスティナの港湾都市。本項で詳述。カイサリア フレッシュアイペディアより)

939件中 51 - 60件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード