939件中 71 - 80件表示
  • オットー・リーマン・フォン・ザンデルス

    オットー・リーマン・フォン・ザンデルスから見たパレスチナパレスチナ

    1918年2月、エーリッヒ・フォン・ファルケンハイン (Erich von Falkenhayn) 将軍の代わりに、パレスチナのF軍集団(別名「稲妻」部隊)司令官に就任。F軍集団には、第4軍(アフメト・ジェマル・パシャ)、第7軍(ムスタファ・ケマル・パシャ)、第8軍(ジェヴァード・パシャ)の計3万4千人が存在した。後に、第2軍(ニハド・パシャ)も編入された。1918年2月末?3月初めに攻勢を計画したが、戦力不足だった。2月21日、イギリス軍はイエリホンを占領。オスマン軍の崩壊が始まると、エドムンド・アレンビー (Edmund Allenby) 将軍指揮下のイギリス軍はパレスチナ作戦を開始し、10月1日にダマスカス、6日にベイルート、26日にアレッポを奪取し、パレスチナとシリアの大部分を占領した。軍集団は撃破され、将兵の大部分(7万5千人)が捕虜となった。10月5日、オスマン帝国政府は連合国に和平を要請し、10月30日に締結されたムドロス休戦協定により、10月31日、停戦が成立した。オットー・リーマン・フォン・ザンデルス フレッシュアイペディアより)

  • カンテ・ディアスポラ

    カンテ・ディアスポラから見たパレスチナパレスチナ

    本作は、新たな米軍基地建設計画に揺れる沖縄・辺野古の人々との出逢いや(「辺野古節」「海へゆく」)、ヨルダンのパレスチナ難民キャンプでのライヴ(「パレスチナ」)、また、中川敬に息子が出来たこと(「もっとおっぱい」「寝顔を見せて」)などが音楽制作に大きな影響を与えており、ハリウッド的二元論の世界(「月光ファンファーレ」)から半径1メートルの世界(「もっとおっぱい」「寝顔を見せて」)へ到達する、というコンセプト・アルバムになっている。カンテ・ディアスポラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティン・ハルヴォルセン

    クリスティン・ハルヴォルセンから見たパレスチナパレスチナ

    2006年1月5日、パレスチナ人民との連携の意思表示としてイスラエル製品のボイコットを呼び掛けたが、閣内や連立を組む他党から批判を受けたことから後に謝罪した。クリスティン・ハルヴォルセン フレッシュアイペディアより)

  • アイマン・アルクルド

    アイマン・アルクルドから見たパレスチナパレスチナ

    アイマン・アルクルド(Ayman Alkurd、1975年 - 2009年1月14日)は、パレスチナのサッカー選手。サッカーパレスチナ代表に選ばれていた。アイマン・アルクルド フレッシュアイペディアより)

  • 第2回南米・アラブ諸国首脳会議

    第2回南米・アラブ諸国首脳会議から見たパレスチナパレスチナ

    政治分野では、イスラエルに対して、シリア、パレスチナ及びレバノンの占領地からの撤退を求めるとともに、レバノン問題に関して国際連合安全保障理事会決議1701違反として非難。アメリカの対シリア制裁を批判し、2003年に制定されたシリア問責及びレバノン主権回復法を国際法違反と非難した。また、イラク問題やスーダン問題についても言及した。経済分野では、世界的な金融危機と、それにより影響を受ける貧困国に対する支援に対して、共通の関心を表明。両地域の経済交流に関しては、2005年の第1回南米・アラブ諸国首脳会議以来、目覚ましい発展を遂げたと評価し、引き続き協力に努めるものとした。その他、環境問題、文化、科学、教育分野における協力、貧困や飢餓の軽減などが話し合われた。次回の会合については、2011年にペルーの首都リマで開催することを取り決めた 。第2回南米・アラブ諸国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • パレスティナン・パリア・ドッグ

    パレスティナン・パリア・ドッグから見たパレスチナパレスチナ

    パレスティナン・パリア・ドッグ(英:Palestinan Pariah Dog)とは、パレスチナ原産の野生の犬種である。インドのパリア犬の中東バージョンであり、イスラエル原産のカナーン・ドッグの原種でもある。なお、イスラエルにいるパリアタイプの犬種はイスラエリアン・パリア・ドッグ(英:Israerian Pariah Dog)と呼ばれ、別の犬種として扱われている。パレスティナン・パリア・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ノルベルト・ブリューム

    ノルベルト・ブリュームから見たパレスチナパレスチナ

    ブリュームはテレビの娯楽番組に度々登場する庶民派政治家として知られ、2000年からは番組制作にも関わっている。また子供向け書籍を執筆している。2001年にライプツィヒ人権賞を受賞。また、サイエントロジーに対する批判でも知られる。湾岸戦争後の経済制裁に苦しむイラクを度々訪問し、パレスチナを度々訪問してイスラエルの占領政策を批判している。2004年にはケルンで行われたパレスチナ支援イベントで「イスラエルはパレスチナ人に対して殲滅戦争をしている」と発言、「殲滅戦争」というナチス・ドイツ時代の用語を使ったため、反セム主義と批判されたこともある(本人は否定)。2007年秋からは、漫才コンビの一員として全国を巡業している。ノルベルト・ブリューム フレッシュアイペディアより)

  • トビヤ家

    トビヤ家から見たパレスチナパレスチナ

    トビヤ家は古代パレスチナにおけるユダヤ人の名門家系。第一神殿時代から続く古い家柄であり、アケメネス朝の支配下において勢力を拡大した。そしてヘレニズム時代、特にパレスチナがプトレマイオス朝の支配下にあった時代にはユダヤにおいて最有力の家となった。トビヤ家 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷敦志

    渋谷敦志から見たパレスチナパレスチナ

    ブラジルの法律事務所に勤務のかたわら撮影活動を行う。1999年、大阪市西成区の釜ヶ崎に暮らすホームレスの姿を撮影し、MSF(国境なき医師団)主催のフォトジャーナリスト賞を受賞。2000年、日本写真家協会展金賞を受賞。その後ケニア、エチオピア、アンゴラ、中国、ブラジル、カンボジア、パレスチナなどをまわって取材活動を行っている。渋谷敦志 フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ系ペルー人

    パレスチナ系ペルー人から見たパレスチナパレスチナ

    パレスチナ系ペルー人とはパレスチナ人の家系であるペルーの市民である。この言葉はペルーで生まれたパレスチナ系の人間か、パレスチナで生まれ、ペルーに移住した人間を指す。10,000人のパレスチナ系がペルーに住むと見積もられ、これらの第一次中東戦争後に移民した家族の多くは再建し、社会経済的な地位から来る彼等のペルーにおける生活をより良いものにした。パレスチナ系ペルー人 フレッシュアイペディアより)

939件中 71 - 80件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード