1150件中 71 - 80件表示
  • マパム

    マパムから見たパレスチナパレスチナ

    ユダヤ人のみを構成員とする政党の中では、最左派に位置する政党であった。労働シオニズム、パレスチナとの融和・共存、マルクス主義に基づく政策などを掲げていた。マパム フレッシュアイペディアより)

  • 労働党 (イスラエル)

    労働党 (イスラエル)から見たパレスチナパレスチナ

    20世紀初頭からパレスチナへのユダヤ人入植を先導してきた政治勢力である労働シオニズム(社会主義シオニズム)の流れをくみ、建国後も長きにわたり与党として社会を主導してきた、イスラエル建国エスタブリッシュメント政党。パレスチナとの融和・共存を掲げる中道左派。新政党カディマ結成前は右派のリクードと並ぶ、イスラエルの二大政党の一つ。同党の首相経験者は国防相を兼任する慣習がある。軍部の出身者が多く、バラック党首は元参謀総長である。シモン・ペレス元首相など3人の議員が労働党を離党してカディーマへ移った。労働党 (イスラエル) フレッシュアイペディアより)

  • ハイム・ヴァイツマン

    ハイム・ヴァイツマンから見たパレスチナパレスチナ

    1904年、イギリスに移住。シオニスト評議会の議長に就任する一方、マンチェスター大学で化学を教える。1906年にヴェラと結婚。1907年、パレスチナを訪れて移民の状況を見て、ユダヤ人国家建設には政治的解決と植民の両方が必要だと確信する。この考えは合成シオニズム (synthetic Zionism) と呼ばれた。ハイム・ヴァイツマン フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・カーター

    ジミー・カーターから見たパレスチナパレスチナ

    冷戦のさなか「人権外交」を標榜し、中東において長年対立していたエジプトとイスラエルの間の和平協定「キャンプデービッド合意」を締結させるなど、中東における平和外交を推進した。なお1977年3月16日にマサチューセッツ州クリントンで行われたタウンミーティングにおいて、アメリカ大統領として初めてパレスチナ人国家建設を容認する発言をした(しかしながら、この発言が在米ユダヤ人の反感を買い、先に述べた1980年の大統領選挙の敗北の一因となった)。ジミー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • ブリストル スカウト

    ブリストル スカウトから見たパレスチナパレスチナ

    ブリストル スカウトを受領したイギリス陸軍または海軍の飛行隊のうち一つとして最後までスカウトを使い続けたところはなかった。1916年夏の終わりの時点では、陸海軍いずれの部隊にも新しいスカウトは供給されておらず、陸軍では推進式のエアコー DH.2単座戦闘機に交替したものが多かった。少数のスカウトは中東(エジプト、マケドニア、メソポタミア、パレスチナなど)に送られた。軍用最後のスカウトはかつてイギリス海軍航空隊に所属していたスカウトD(No.8978)で、オーストラリアのメルボルン近郊のポイント・クックの基地に1926年10月まで在籍していた。ブリストル スカウト フレッシュアイペディアより)

  • シリア

    シリアから見たパレスチナパレスチナ

    シリア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。シリア フレッシュアイペディアより)

  • テッサロニキ

    テッサロニキから見たパレスチナパレスチナ

    テッサロニキの建築物はバルカン半島で都市がすべての歴史の中で中心として開発された結果である。商業的な重要性と並びテッサロニキは軍事的にも行政的にも多くの世紀でこの地域の中枢で、他のヨーロッパやレバント(シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ)などと結ばれ商人や難民などがヨーロッパ各地からテッサロニキやって来て住み着いた。繁栄の新時代には商業や公共の建物を必要とし、大規模な建築物が町の中心部に築かれていった。この間の建築物には銀行、大規模な宿泊施設、劇場、倉庫、工場である。テッサロニキ フレッシュアイペディアより)

  • パリ講和会議

    パリ講和会議から見たパレスチナパレスチナ

    1月30日の十人委員会でロイド・ジョージは八項目からなる決議案を提出した。東アフリカのドイツ植民地は潜水艦基地となったため、ドイツ統治継続は世界平和に有害であるために没収が定められ、旧トルコ領のアルメニア、シリア、メソポタミア、パレスチナ、アラビア半島はトルコの悪政から切り離す必要があるとされた。2月になってこの方針で妥協が成立し、ドイツの植民地全面放棄とシリアのフランス委任統治領化、パレスチナ、イラク、トランスヨルダンのイギリス委任統治領化が決定した。こうしてサイクス・ピコ協定は実質的に承認された。パリ講和会議 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原千畝

    杉原千畝から見たパレスチナパレスチナ

    ズヴァルテンディクによる手書きのビザは途中でタイプに替わり、難民全員の数を調達できないと考えたバルハフティクらはオランダ領事印と領事のサインの付いたタイプ文書のスタンプを作り、その「偽キュラソー・ビザ」を日本公使館に持ち込んだのである。ドイツ軍が追撃してくる西方に退路を探すのは問題外だった。そして、今度はトルコ政府がビザ発給を拒否するようになった。こうして、トルコ領から直接パレスチナに向かうルートも閉ざされた。もはや逃げ道は、シベリア鉄道を経て極東に向かうルートしか難民たちには残されていなかった。難民たちが、カウナスの日本領事館に殺到したのには、こうした背景があった。杉原千畝 フレッシュアイペディアより)

  • アブラハム

    アブラハムから見たパレスチナパレスチナ

    アブラハムは、古代ヘブライ語ではアブラム(、Abram)で、「群衆(多数のもの)の父」の意味であった。そのアブラムが、神の指示によりアブラハム(、Abraham)に変更された。このことにならったかのような母音付加が、これ以後、パレスチナ地方の言語にはよく見受けられる現象となる。同時に、このことが古代ヘブライ語や古代アラム語の正確な読みをわかりにくくさせている原因となっている。アブラハム フレッシュアイペディアより)

1150件中 71 - 80件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード