939件中 81 - 90件表示
  • ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプ

    ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプから見たパレスチナパレスチナ

    第300飛行分遣隊(FA 300)に異動すると中東地域に於いてドイツ帝国の同盟国のオスマン帝国支援のために偵察任務を続けた。ヴァルターはパレスチナ戦線で飛行し、1916年6月13日に負傷した。エルサレムの病院から家に届いた手紙の中で肩の怪我について大学時代の決闘で負った傷程度の取るに足らないものであると冗談めかしていた。ヴァルター・フォン・ビューロウ=ボートカンプ フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・アメリカ・インディアン・オブ・ニューイングランド

    ユナイテッド・アメリカ・インディアン・オブ・ニューイングランドから見たパレスチナパレスチナ

    UAINはまたこの日に同時に、服役中のアメリカインディアン運動(AIM)のメンバー、レナード・ペルティエを始めとするインディアン政治犯の釈放を求めての抗議デモや、ラコタ・スー族のブラックヒルズの返還要求に協力するデモ、イスラエルによるパレスチナ占領に対する抗議デモ、アメリカによるイラク攻撃に対する反戦デモなども行っている。ユナイテッド・アメリカ・インディアン・オブ・ニューイングランド フレッシュアイペディアより)

  • バルクの黙示録

    バルクの黙示録から見たパレスチナパレスチナ

    この文書は2つに分類され、シリア語バルク黙示録とギリシャ語バルク黙示録がある。ギリシャ語の方はシリアに由来する偽典に分類される。一方シリア語の方はパレスチナのファリサイ派に由来する。バルクの黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • アミタイ・エツィオーニ

    アミタイ・エツィオーニから見たパレスチナパレスチナ

    ドイツ・ケルン生まれ。ナチスの迫害を逃れ、パレスチナ(現在のイスラエル)に逃れる。ヘブライ大学で修士号を取得後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で博士号取得。ハーヴァード大学教授、コロンビア大学教授を経て、現在、ジョージ・ワシントン大学教授。1994-1995年にアメリカ社会学会会長を務めた。アミタイ・エツィオーニ フレッシュアイペディアより)

  • クリフォード・ホリディ

    クリフォード・ホリディから見たパレスチナパレスチナ

    パトリック・アバークロンビーらとハイファの都市計画を手掛け、1922年から1935年にかけてパレスチナ、1931年から1943年はセイロン島、1944年から1947年はジブラルタルで、1947年から1952年までスティブネイジとニューヨーク市の主任建築家。1952年から、マンチェスター大学の都市・地域計画の教授にとなった。クリフォード・ホリディ フレッシュアイペディアより)

  • 史的イエス

    史的イエスから見たパレスティナパレスチナ

    イエスは、紀元前1世紀の終わりころ、パレスティナのガリラヤにあるナザレの町(現在のイスラエル北部)において、父は大工のヨセフ、母はマリアを両親として生まれた。弟や妹もいた。紀元20年代後半に洗礼者ヨハネからヨルダン川で洗礼を受け、やがてヨハネ教団から独立して伝道をはじめた。神の支配を告知して「神の国」のおとずれを予告し、人は律法ではなく、直接、神の意志をわきまえるべきであり、神の意志にしたがって行動し、そして生きるべきことを人びとに訴えた。このことは、律法の文言を至上の存在としてもっぱらこれへの服従を説く律法主義の考えを、神の意志の事実に反するものとして批判することでもあったので、「ファリサイ派」と呼ばれる当時の主流をなす律法学者の立場と衝突した。いっぽうイエスは、イエスの言葉を率直に受容しやすい状況にあった当時の下層階級の無学な人びととの親交を深め、むしろ彼らこそ「神の国」に入るべき人びとだと説いたので、下層階級の人びとからは広く支持されたものの、支配階級からは危険視されることとなった。わずかな弟子たちを連れてガリラヤでの巡回伝道をおこない、紀元30年代の初頭、その年の春にエルサレムにのぼり、エルサレム神殿での営みを批判したため「秩序の攻撃者」とみなされ、ローマ帝国下のユダヤ州当局より「過越(すぎこし)の祭」の前に逮捕された。そしてローマ皇帝に対する叛乱の首謀者という罪名を負わされ十字架刑に処せられた。史的イエス フレッシュアイペディアより)

  • ホヴェヴェイ・ツィヨン

    ホヴェヴェイ・ツィヨンから見たイスラエルの地パレスチナ

    ヒバット・ツィヨン()とは、19世紀後半にルーマニアやロシアで起こり、イスラエルの地への帰還・開拓を提唱した複数のシオニズム団体の総称である。ホヴェヴェイ・ツィヨン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・サカ

    アントニオ・サカから見たパレスチナパレスチナ

    エルサルバドル第四の都市ウスルタン(Usulután)生まれ。パレスチナ系。アントニオ・サカ フレッシュアイペディアより)

  • ニュース二軍+板

    ニュース二軍+板から見たパレスチナパレスチナ

    11月4日深夜、パレスチナのアラファト議長の死亡説が流れる(実際には11日死亡)。このため再度2chの負荷が高まることが予想され、対策が練られ始めていた。ニュース二軍+板 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の政治

    1988年の政治から見たパレスチナパレスチナ

    11月15日 - PLOがチュニジアのチュニスでパレスチナ国家独立を宣言。1988年の政治 フレッシュアイペディアより)

939件中 81 - 90件表示

「パレスチナ」のニューストピックワード