前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • パレスチナ

    パレスチナから見たガザ地区

    最も狭義には、現代のパレスチナ国の領土にあたる地域および国家を指す。これは地理的には一つながりではなく、ヨルダン川西岸地区とガザ地区に分かれている。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たエフード・オルメルト

    米国、欧州連合は、制裁解除の条件として、(1)イスラエルの承認(2)武装解除(3)過去の自治政府とイスラエルの合意事項の尊重などを要求している。また、イスラエルのエフード・オルメルト首相は5月23日にブッシュ大統領と会談し、ハマース政権を相手にせず、アッバス自治政府議長ら穏健派と和平交渉を進めることで合意。また、オルメルトは、パレスチナ自治政府との合意が無くても、3?4年で入植地を自国領に取り込む形で国境を決めたいと表明した。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たエルサレム

    紀元前13世紀頃には、ペリシテ人によるペリシテ文明が栄えていたが、ペリシテ人は民族集団としてはその後滅亡し、その後紀元前10世紀ごろにイスラエル民族によるイスラエル王国がエルサレムを中心都市として繁栄した。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見た岩波書店

    『パレスチナ新版』(広河隆一 著 / 岩波書店 岩波新書 / ISBN 4004307848 / 2002年5月20日)パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たマフムード・アッバース

    アラファートの死後、アッバースが後継者となった。2005年2月8日、2000年10月以来4年4ヶ月ぶりにシャロン首相は首脳会談に応じた。両者の暴力停止(停戦)が合意されたが、交渉再開は停戦継続を条件としている。現在でも双方の攻撃が完全に収まったわけではなく、困難が予想される。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たハマース

    一方、パレスチナ自治政府側は、停戦に応じても、イスラエルが一方的に攻撃を続けていると指摘。実情は、「停戦とはパレスチナ側だけに課せられたもの」となっていると主張している。たとえば、2001年、イスラエルのシャロン首相はパレスチナ自治政府との交渉停止を通告し、アラファートPLO議長を軟禁。再開に「7日間の平穏」とさらに「6週間の冷却期間」を要求した。しかし、平穏が達成されたかどうかは、イスラエル側が判断するとした。パレスチナ自治政府側の停戦は37日間続き、ハマースが反撃したため、なし崩し的に停戦は消えてしまった。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見た広河隆一

    『パレスチナ新版』(広河隆一 著 / 岩波書店 岩波新書 / ISBN 4004307848 / 2002年5月20日)パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たハーバート・サミュエル

    19世紀以降、ヨーロッパで次々に国民国家が成立し、各地で民族の自己認識が促されると、ユダヤ人もオスマン帝国領のパレスチナに入植し始めた。第一次世界大戦でオスマン帝国は崩壊し、シオニズムに押された大英帝国と列強は国際連盟で「ユダヤ人のナショナル・ホームをパレスチナに確立する」としてイギリス委任統治領パレスチナの創設を決議した。イギリス委任統治領メソポタミアのようにパレスチナという古い呼称を復活させたのはマーク・サイクスの方針であった。パレスチナの初代高等弁務官はユダヤ人のハーバート・サミュエルが選ばれた。第二次世界大戦後、ホロコーストで同情を集めたシオニズムに押されてアメリカ合衆国などの国は国際連合でパレスチナ分割決議を採択した。それに伴いイスラエルが建国され、反発したアラブ諸国とイスラエルとの間で第一次中東戦争が勃発、イスラエルが勝利しパレスチナの8割を占領するに至る。この時期に多くのパレスチナ人が難民化してパレスチナ問題が発生。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たアリエル・シャロン

    一方、パレスチナ自治政府側は、停戦に応じても、イスラエルが一方的に攻撃を続けていると指摘。実情は、「停戦とはパレスチナ側だけに課せられたもの」となっていると主張している。たとえば、2001年、イスラエルのシャロン首相はパレスチナ自治政府との交渉停止を通告し、アラファートPLO議長を軟禁。再開に「7日間の平穏」とさらに「6週間の冷却期間」を要求した。しかし、平穏が達成されたかどうかは、イスラエル側が判断するとした。パレスチナ自治政府側の停戦は37日間続き、ハマースが反撃したため、なし崩し的に停戦は消えてしまった。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ

    パレスチナから見たヤーセル・アラファート

    行政事項を執行するのはパレスチナ行政機関で、自治政府の長である自治政府大統領(ライース、マスコミでは議長、外務省はかつては長官といっていたが現在はこの訳をあてている)がその長を務める。また、行政機関の各庁長官(外務省はこの訳をあてているが、マスコミでは省、大臣、相ということが多い)が閣僚となり、内閣を構成する。2003年からは内閣の長として首相が置かれるようになったが、大統領であるヤーセル・アラファートPLO議長が安全保障関係の権限を内閣に委譲することを拒否し、翌年のアラファート死去まで大統領のワンマン支配が続いた。パレスチナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示