前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • いすゞ・ビッグホーン

    いすゞ・ビッグホーンから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    BASIC - 販売開始時から設定。当初はパワーウィンドウすら省略したベースグレード。しかし、1992年の一部改良の際に、パワーウィンドウがオプション設定された一方で、他のグレードがABSなどがオプション設定されていたにもかかわらず、このグレードに限り、ABSはもとより、オートエアコンなどは選択不可能であった。1993年のマイナーチェンジをもって廃止された。いすゞ・ビッグホーン フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・エラン

    ロータス・エランから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1965年9月フィクストヘッドクーペ(FHC)モデルが登場、新たにタイプ36を与えられたことで分かるとおり単なる従来のエランのクーペ版とは言えないほど改良されていた。トランクリッドはボディ後端まで回り込んで大型化、トランクドアはヒンジ部を変更され、バッテリーはトランク内に移された。またパワーウィンドウが標準装備された。従来からのオープンタイプはタイプ26のまま生産が継続され、ドロップヘッドクーペ(DHC)と称された。ロータス・エラン フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・クラウン

    トヨタ・クラウンから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1966年11月 - 最上級グレードとしてパワーウィンドウなどを装備した「スーパーデラックス」を追加。トヨタ・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・オパラ

    シボレー・オパラから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    また1975年のビッグマイナーチェンジの際に上級仕様が「コモドーロ(Comodoro)」として独立した他、1980年にはさらに上級モデルとして「ディプロマータ(Diplomata)」が設定された。その後もマイナーチェンジを繰り返し、マイナーチェンジごとにダッシュボードデザインの変更や大型バンパーの追加、角型変形ヘッドランプ、新型オーディオやパワーウィンドウ、アルミホイールや4速オートマチック・トランスミッションなどの装備が奢られアップデートが行われた。シボレー・オパラ フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ・スタッグ

    トライアンフ・スタッグから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    変速機以外のメーカー装着のオプション品はほとんどなかった。初期の頃はソフトトップのみやハードトップのみを装着した車があったが、最後にはほとんどの車が双方を装着していた。パワーウィンドウ、パワーステアリングや倍力装置付きブレーキは標準装備であった。オプション品にはエアコン、クロームのワイアーホイール、コニ製ショックアブソーバー、フロアマット、ルーカス(Lucas)・エイト・フォグランプや様々なアフターマーケット用部品があり、そのほとんどがディーラーでオプションのアクセサリーとして装着することができた。4座のツーリングカーとしてはかなり珍しいことにアクセサリーのリストにはオイルパン用の保護プレートが含まれていた。これはおそらくトライアンフのラリーでの活躍に多少なりとも貢献するギミック品であったと思われる。トライアンフ・スタッグ フレッシュアイペディアより)

  • マセラティ・メキシコ

    マセラティ・メキシコから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    デザインはミケロッティらしく非常に優雅で伸びやかなボディラインで構成されており、マセラティらしい品のある仕上がりになっている。内装もラグジュアリー志向が強く、シート、ドアパネル、センタートンネルまで総革張りにされ、木製ダッシュボード、エアコン、パワーウィンドウ、四輪サーボアシストベンチレーテッドディスクブレーキが標準装備されるなど、この車のコンセプトが明確に現れている。AT、パワーステアリング、ラジオはオプションで選べた。マセラティ・メキシコ フレッシュアイペディアより)

  • ピラー

    ピラーから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    「ピラード・ハードトップ」もしくは「サッシュレス・ドア」採用車は現在でも採用例が見られ、この場合、ドアガラスと車体側ウエザーストリップの当たりを適正化しシール性を高めるため、パワーウィンドウを利用してドア開閉時にはガラスを少しだけ下げ、完全に閉めきった後にモーターで正規の位置まで上げ強く押し付ける構造を採用している車種もある(フェラーリ・F430、アルファロメオ ミト、BMWミニ、メルセデス・ベンツ・CLSクラスなど)。ピラー フレッシュアイペディアより)

  • 窓

    から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    み型の建具。部屋や廊下などの建物の外壁部分や屋根などに設けられる。近代化された建物ではガラス戸などが取り付けられていることが多い。また、ステンドグラスなどの高度な装飾が施されることもある。自動車や鉄道車両などの車体、航空機の機体などにも設けられる(なお、自動車の窓についてはパワーウィンドウ、三角窓も参照)。 フレッシュアイペディアより)

  • プロトン・サガ

    プロトン・サガから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    デビュー当初のバリエーションは1300cc5速MTの「1.3S」、1500cc5速MTの「1.5S」、1500cc3速ATでパワーステアリング、前席パワーウィンドウを装備するトップモデルが「1.5i」と呼ばれた。1989年にはプロトン社独自デザインの5ドアハッチバック版、「エアロバック」が追加された。このエアロバックは、ダイハツ・アプローズのように一見セダンのように見えてハッチドアを持つ構造となっている。プロトン・サガ フレッシュアイペディアより)

  • オールズモビル・トロネード

    オールズモビル・トロネードから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    高級車に相応しくトルネードは、ターボ=ハイドラマチック変速機、可変転舵量パワーステアリング、倍力装置付き前輪ディスクブレーキと共に電気時計、カーペット、豪華なホイールカバーといった数多くの標準装備品を備えていた。実質的に全てのトルネードは、エア・コンディショナー、8トラックプレーヤー付きAM/FMカーオーディオ、トランクオープナー、ビニール張りの屋根、チルト・伸縮式ハンドル、クルーズコントロール、パワーウィンドウ、ドアの自動施錠と6ウェイ電動シートといった追加料金が必要となるオプション品を装備して販売された。パワーウインドウは1975年モデルから標準装備となった。オールズモビル・トロネード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示