前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • トヨタ・クラウン

    トヨタ・クラウンから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1966年11月 - 最上級グレードとしてパワーウィンドウなどを装備した「スーパーデラックス」を追加。トヨタ・クラウン フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・スプリンターマリノ

    トヨタ・スプリンターマリノから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    パワーウィンドウの運転席で操作するスイッチ4個のうち、照明付きが運転席側ウィンドウ作動用1個のみとなる。ただし、パワーウィンドウスイッチが付いているユニットは、前期、後期問わずそれごと付け替えることが可能である。トヨタ・スプリンターマリノ フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・サバーバン

    シボレー・サバーバンから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2002年には、アロイホイール、パワーウィンドウ、フロントパワー・シートなど、多くのオプションが追加された。また、Z71オフロード・パッケージが追加設定された。シボレー・サバーバン フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・オパラ

    シボレー・オパラから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    また1975年のビッグマイナーチェンジの際に上級仕様が「コモドーロ(Comodoro)」として独立した他、1980年にはさらに上級モデルとして「ディプロマータ(Diplomata)」が設定された。その後もマイナーチェンジを繰り返し、マイナーチェンジごとにダッシュボードデザインの変更や大型バンパーの追加、角型変形ヘッドランプ、新型オーディオやパワーウィンドウ、アルミホイールや4速オートマチック・トランスミッションなどの装備が奢られアップデートが行われた。シボレー・オパラ フレッシュアイペディアより)

  • プロトン・サガ

    プロトン・サガから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    デビュー当初のバリエーションは1300cc5速MTの「1.3S」、1500cc5速MTの「1.5S」、1500cc3速ATでパワーステアリング、前席パワーウィンドウを装備するトップモデルが「1.5i」と呼ばれた。1989年にはプロトン社独自デザインの5ドアハッチバック版、「エアロバック」が追加された。このエアロバックは、ダイハツ・アプローズのように一見セダンのように見えてハッチドアを持つ構造となっている。プロトン・サガ フレッシュアイペディアより)

  • ビュイック・リヴィエラ

    ビュイック・リヴィエラから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    リヴィエラの室内は、前席がフロアシフトと小物入れ付の計器盤に繋がるセンターコンソールで隔てられたバケットシートと後席がバケット風の座席であった。内装材は全ビニール製、布とビニールの組み合わせ、又はオプションで革製が選択できた。人気のある有料オプションには、チルト機構付ステアリングホイール、クルーズコントロール、パワーウィンドウ、電動シート、エアコン、AM/FMラジオ、ワイアーホイール風カバー等があった。ビュイック・リヴィエラ フレッシュアイペディアより)

  • 京阪9000系電車

    京阪9000系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2008年10月19日の中之島線開業に伴ってセミクロスシートを設置した3000系(2代) が投入され、本系列自体は同年4月15日に発表された車両塗色の変更についての資料では、座席がすべてロングシート化される関係で他の3扉・ロングシートの一般車両と同じ塗色となる事が決定した。それに伴って、それまで一部座席をロングシート化された9005Fは2008年12月5日に塗色変更の上全座席がバケット型ロングシートに改造され、以後、2009年3月19日に9001F、同年7月23日に9002F、9月10日に9004F、2010年1月21日に9003Fがそれぞれ改造施工と塗色変更され、完全な通勤形車両となった。なお、改造の際に撤去されたクロスシートは寝屋川車庫で開催される「ファミリーレールフェア」で一般向けに販売されたほか、伊賀鉄道200系電車(元東京急行電鉄1000系)の座席にも転用された。また、改造の際にパワーウィンドウが撤去された。京阪9000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄6000系電車

    相鉄6000系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    同時期(1972年)に登場した5100系にはパワーウィンドウが採用されたが、本系列の窓の開閉は全車両が手動である。相鉄6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄8000系電車

    相鉄8000系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    座席はロングシートを基本とするが、新7000系で試験的に採用されたセミクロスシートが本格的に採用されており、各編成に2両ずつ(5号車と8号車)組み込まれている。新7000系のものよりもシートピッチが50mm広げられている。編成内でのセミクロスシート車の位置は新7000系最終増備編成と変わらず、同じ設備を持つ9000系も同じである。7人掛けのロングシートはオレンジ色を基調とし、3+1+3人分に色分けされて着席区分を明確化している。また、従来の車両同様、側窓は下降式1枚で電気指令油圧式自動窓を採用し、設置されているつり革の多さなど相鉄独自の拘りも健在である。自動窓は、乗務員室からの操作で全ての窓を一斉に昇降することが可能である。相鉄8000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・エブリイランディ

    スズキ・エブリイランディから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1999年12月 特別仕様車「リミテッド」発表。同時にスライドドアパワーウィンドウが標準装備となる。スズキ・エブリイランディ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示