69件中 11 - 20件表示
  • シボレー・サバーバン

    シボレー・サバーバンから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2002年には、アロイホイール、パワーウィンドウ、フロントパワー・シートなど、多くのオプションが追加された。また、Z71オフロード・パッケージが追加設定された。シボレー・サバーバン フレッシュアイペディアより)

  • メルセデス・ベンツ・W100

    メルセデス・ベンツ・W100から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    エアサスペンションを採用している。パワーステアリング、前後左右独立調整式エアコンディショナー、パワーウィンドウ、セントラルロッキングシステム(集中ドアロック)、自動開閉トランクリッドを装備する。それらの動作には、電気モーターではなく全て油圧を使用しており、作動音がほとんどない。メルセデス・ベンツ・W100 フレッシュアイペディアより)

  • フィアット・1800/2100/2300

    フィアット・1800/2100/2300から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    カロッツェリア・ギアがデザイン、OSIが製造する2+2ボディを持つエレガントなGTカーとして1960年のトリノ自動車ショー登場、好評を博して翌1961年に市販開始された。当時まだイタリア車では珍しかったパワーウィンドウなどの豪華装備を持ち、「プアマンズ・フェラーリ」と称された。当初2100Sとして登場したが、間もなくベース車種のモデルチェンジに伴い2300Sに発展した。エンジンはツインキャブレターでチューンされ、2300Sでは136馬力まで強化されていた。生産は1968年まで行われた。フィアット・1800/2100/2300 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・エスコート

    フォード・エスコートから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    消極的なスタイリング、芳しくない品質などによってMK5エスコートは市場から予想外の不評で迎えられた。事態が好転するのは1991年に新設計Zetec16バルブ1800ccエンジンが投入され、XR3iも再登場してからである。同年には150馬力のRS2000も登場した。なおこの代になってエスコートにもパワーステアリング、パワーウィンドウ、集中ドアロック、エアコン等が広く装備可能になった。フォード・エスコート フレッシュアイペディアより)

  • ノーブル・オートモーティブ

    ノーブル・オートモーティブから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    M15は2004年の英国国際モーターショーに出展したコンセプトカーのM14を発展させる形で2006年に製造が開始された。純粋なレーシングモデルであったM12やM400に比べるとカーナビゲーションやパワーウィンドウ、TCS、ABSなどが標準で装備されるなど、グランツーリスモとしての性格も取り入れられている。ノーブル・オートモーティブ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・アイゴ

    トヨタ・アイゴから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    徹底した軽量化と低コスト化が図られており、分かりやすい点として下記のようなものがある、リアサイドウィンドウが5ドアでも通常の上下巻き上げタイプではなく、ポップアップタイプになっている、リアハッチ自体がガラスハッチになっている、ドアの一部鉄板をむき出しにし、ドア形状の違う姉妹車プジョー・107、シトロエン・C1と内装トリムを共有できるようになっている、ルームライトは運転席ドア開閉時のみに連動点灯可能で助手席・後部ドアにはドアスイッチがない、フロントパワーウィンドウ(PW)スイッチは、各ドアに1つのみで運転席には助手席側PWスイッチがない、ルーフアシストグリップがない、ACとリアデフロスタースイッチに照明がない(使用時のみ点灯)、エンジン水温計および水温警告灯がないなど。トヨタ・アイゴ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・サニーRZ-1

    日産・サニーRZ-1から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    シャシーはセダンおよびハッチバックと共通だが、外板の多くは専用設計されていた。セダンやハッチバックは角張ったスクエア基調のデザインをしていたが、それ以上にエッジを強調したシャープな外観を与えられている。強いスラント角を持ったフロントマスク、ブリスターフェンダー、ラップアラウンドウィンドウ処理されたガラスを持つリアハッチゲート・乗車定員4名など、セダンおよびハッチバックとは異なる個性を放っていた。 内装デザインは基本的にセダン・ハッチバックと共通。エンジンは当初、E15S型(1,500cc直4SOHC)およびE15ET型(1,500cc直4SOHCターボ)の2種類であったが、1986年8月にCA16DE型(1,600cc直4DOHC)が追加され、「TWINCAMシリーズ」を新たに追加。「"TWINCAM NISMO"」と呼ばれるグレードも設定され、これはサスペンションやエアロパーツ、内装の一部変更などを施したスポーツ仕様であり、パワーウィンドウも装備されないスパルタンなモデルであった。海外輸出は、ほとんどの地域で「セントラRZ-1」として輸出されたほか欧州では「サニークーペ」として販売していた。内装も、メーター類が200km/h対応の他は日本仕様と同一であった。日産・サニーRZ-1 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    最近の自動車にほとんど採用されている、オートマチックトランスミッションやパワーウィンドウなどオートと呼ばれるものは、ほとんどがアメリカの産物と言われている。1950年代後半にはすでに、クルーズコントロール、エア・サスペンション、電気ドア・ロック、オートロニック・アイ・ヘッドライト減光装置、パワー・シート、エアコン、パワー・トランク等々が登場していた。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロニックコントロールユニット

    エレクトロニックコントロールユニットから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    現在の自動車内部には、エンジン、モーター、メーター、トランスミッション、ブレーキ、エアバッグ、ランプ、パワーステアリング、パワーウィンドウ、カーエアコン、電子キーの車両側受信部、カーオーディオ、カーナビゲーションといったあらゆるシステムの各種制御用に数十種もの専用ECUが搭載される。車種によってはサスペンションや騒音低減にも用いられている。エレクトロニックコントロールユニット フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・ベレル

    いすゞ・ベレルから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    いすゞは宣伝コピーにおいて「さらに気高く、さらに豪華に」との意気込みを示したが、スタイルが没個性的になった上、ライバル各車が競って導入していたSOHC直列6気筒エンジンも、自動変速機も、パワーウィンドウすらも用意されないベレルは、もはやクラウン、グロリア、そしてこの年ピニンファリーナのデザインでようやくフルモデルチェンジを果たしたセドリックの敵ではなく、販売増加にはつながらなかった。いすゞ・ベレル フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示