69件中 21 - 30件表示
  • マセラティ・ギブリ (M157)

    マセラティ・ギブリ (M157)から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    サイド・ビューは、4ドア・セダンながらクーペのような流れるデザインである。フロント及びリア・ウィンドウも、クーペに多いサッシュレス・ドアである。フロント・フェンダー後方からは、2本の巧みなプレス・ラインが形成されており、リアのドア及びフェンダー近辺で曲線を描きつつ、交差する。当然、サイドにもマセラティのアイデンティティが反映されており、フロント・フェンダー近傍の3連ダクトや、Cピラーに配されるトライデントのサエッタ・ロゴ等がある。マセラティ・ギブリ (M157) フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トランジット

    フォード・トランジットから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1994/5年に大掛かりなフェイスリフトが行われ、新しい顔付きとダッシュボードが1994 - 98年のフォード・スコーピオに使用されていた2.0 L DOHC 8バルブ エンジンと共に採用された。このエンジンは初期のシエラ(Sierra)のDOHCエンジンと似ていたが、ディストリビューターを使用せず、EEC-V並みに改良されたOBD II(自己故障診断)エンジン制御部品を使用していた(スコーピオ、エスコート RS2000:Escort RS2000、ギャラクシーに使用されたフォード社製16バルブエンジンの幾つかはこのエンジンのブロックを基にしていた)。これと同時にエアコン、パワーウィンドウ、セントラルロック、電動ミラーが全てオプションで装着できるようになった。フォード・トランジット フレッシュアイペディアより)

  • 京阪7200系電車

    京阪7200系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    車内の座席はロングシートであるが、モケットの色は、長く続いていたグリーン系から変更されて、背ずりは青緑系、座面は青紫系の色となった。床の色は赤御影石を模した模様入りとなった。ドア上部には、停車駅をLEDランプで点灯させる地図式の案内表示器と蛍光表示管を用いた文字表示器が併設された。また、各車両の大阪方に車椅子スペースを設置し、全側窓にパワーウィンドウを導入するなど、新しい京阪を象徴するものとなっている。後の5000系の更新の際にも本系列の内装デザインが採用されている。さらに7000系で廃止されたつり革の跳ね上げ機構が本系列で復活した。なお、当系列より「発車時の戸閉予告ブザー」音が変更され、これは京阪線系統の当系列以降の新造車および更新車、更には中之島線開業後の京阪特急専用車にも採用されている。京阪7200系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ホールデン・コモドア

    ホールデン・コモドアから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2003年8月にはシリーズIIが発売され、クルーズコントロールやフロントパワーウィンドウなどが追加され、インテリアトリムのデザインも変更された。ホールデン・コモドア フレッシュアイペディアより)

  • ビュイック・リヴィエラ

    ビュイック・リヴィエラから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    リヴィエラの室内は、前席がフロアシフトと小物入れ付の計器盤に繋がるセンターコンソールで隔てられたバケットシートと後席がバケット風の座席であった。内装材は全ビニール製、布とビニールの組み合わせ、又はオプションで革製が選択できた。人気のある有料オプションには、チルト機構付きステアリング・ホイール、クルーズコントロール、パワーウィンドウ、電動シート、エアコン、AM/FMラジオ、ワイアーホイール風カバー等があった。ビュイック・リヴィエラ フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・マエストロ

    オースチン・マエストロから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1984年10月に全モデルに渡り更なる装備の充実が図られた。1.3Lのベース・モデルには可倒式前席、ドア・ポケット、鍵付きの給油口の蓋、時計が追加された。Lモデルには布張りのドア内装、内装材の向上、運転手席側サイドミラーのリモート調整機能が付き、1.6Lには5速MTが装備された。1.3HLEには5速目がオーバードライブの5速「4+E」MT、サイド・モールディング、ツイード製内装と助手席側サイドミラーのリモート調整機能が付いた。HLSと1.6オートマチックにはティンテッド・ガラス、集中ロック機構、前席パワーウィンドウ、ヴェロア製内装と上級ラジオ/カセットプレイヤーが備えられた。MG・マエストロは115hp(86kW)版の電子式燃料噴射装置付の2リットルO-シリーズエンジン(O-Series engine)、高性能サスペンション、前輪ベンチレーテッド・ディスクブレーキ、専用ボディ塗装、ティンテッド・ガラス、集中ロック機構、革巻きハンドルを装備していた。オースチン・マエストロ フレッシュアイペディアより)

  • Controller Area Network

    Controller Area Networkから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    現代の自動車には、様々なサブシステム用に約70個もの電子制御ユニット(ECU)が搭載されている。通常、最大のプロセッサはエンジンコントロールユニットである。 その他に、トランスミッション、エアバッグ、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)、クルーズコントロール、パワーステアリング、オーディオシステム、パワーウィンドウ、ドア、ミラー調整、ハイブリッドカー・電気自動車用のバッテリーおよび充電システムなどに使用される。これらのうちのいくつかは独立したサブシステムを形成するが、他のサブシステムとの通信は不可欠である。サブシステムは、アクチュエータを制御したり、センサからのフィードバックを受け取ったりする必要がある。この要求を満たすためにCANが考案された。Controller Area Network フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス・カマルグ

    ロールス・ロイス・カマルグから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    内装や装備は当時考え得る最上級のものであった。カーステレオはボッシュ製のAM/FMラジオとパイオニアのカートリッジプレーヤーが標準装備された。パワーウィンドウはもちろんのこと、前席シートにはポジション調整(8方向)だけでなく、後席に乗り降りする際のバックレスト・リリースにもパワー式が採用された。2レベル式のカーエアコンシステムも当時の最先端で、フルオートかつ左右独立の温度調整が可能であった。このエアコンは後にコーニッシュやシルヴァーシャドウII、ベントレーT2などにも順次採用された。ロールス・ロイス・カマルグ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ラウム

    トヨタ・ラウムから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    ターセル/コルサ/カローラIIのプラットフォームをベースに作られた新コンセプト車。「乗る、使う、楽しむ」を具体化する「ヒューマン・フレンドリー・コンパクト」が開発テーマ。当時のコンパクトカーとしては画期的なロングホイールベースを採用した。スライドドアを採用した2列シートのセミトールワゴンで、シンプルなフロント部と、卵型の縦長テールランプが特徴的なリア部とによる、やや丸みを帯びたシンプルなデザインであった。軽損傷時の修理費用の節減を図るため上下2分割バンパーを採用。スライドドアの窓が固定式(はめ殺し)となることも珍しくなかった時代にもかかわらず、この車の後部スライドドアにはパワーウィンドウが採用されている。前席ドアはヒンジ取付角度を約7度ずらすことで床側より屋根側がより大きく開口する構造とし、乗降性に配慮した。トヨタ・ラウム フレッシュアイペディアより)

  • 京阪9000系電車

    京阪9000系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2008年10月19日の中之島線開業に伴ってセミクロスシートを設置した3000系(2代) が投入され、本系列は、同年4月15日に発表された車両塗色の変更についての資料において、座席がすべてロングシート化される関係で他の3扉・ロングシートの一般車両と同じ塗色となることが発表された。まず、一部の車両のみロングシート化されていた9005Fが、2008年12月5日に塗色変更のうえ全座席がバケット型ロングシートに改造され、以後、2009年3月19日に9001F、同年7月23日に9002F、同年9月10日に9004F、2010年1月21日に9003Fがそれぞれ改造と塗色変更を実施され、完全な通勤形車両となった。なお、改造の際に撤去されたクロスシートは寝屋川車庫で開催される「ファミリーレールフェア」で一般向けに販売されたほか、伊賀鉄道200系電車(元東京急行電鉄1000系)の座席にも転用された。また、改造の際に、パワーウィンドウ、ドアカットスイッチが撤去された。用途のなくなった、仕切り用のスクリーンも取り外されている。改造2本目の9001F以降は、ドアカットを表す表示器(各車両中央扉脇)の撤去も行われ、後に9005Fも撤去された。京阪9000系電車 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示