44件中 21 - 30件表示
  • ピラー

    ピラーから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    「ピラード・ハードトップ」もしくは「サッシュレス・ドア」採用車は現在でも採用例が見られ、この場合、ドアガラスと車体側ウエザーストリップの当たりを適正化しシール性を高めるため、パワーウィンドウを利用してドア開閉時にはガラスを少しだけ下げ、完全に閉めきった後にモーターで正規の位置まで上げ強く押し付ける構造を採用している車種もある(BMW MINI、メルセデス・ベンツ CLSなど)。ピラー フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄9000系電車

    相鉄9000系電車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    座席はロングシートを基本とするが、8000系と同様に10両編成中の2両にはセミクロスシートを採用している。これらの座席の生地の色はオレンジ色で、優先席部は青色(登場時は灰色)である。7人掛けのロングシート部分は3+1+3人分に濃淡で色分けされており、着席区分を分けるようにされた。窓は従来の車両と同じくパワーウィンドウ仕様でボタン操作一つで開閉が可能である。相鉄9000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ウィッシュ

    トヨタ・ウィッシュから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    また、10スピーカーを配置した「WISH・パノラミックライブサウンドシステム」(サイドミラーカメラの同時取り付け不可)を設定したほか、抗ダニアレルゲン加工シート、プラズマクラスター搭載の花粉除去モード付オートエアコン、S-VSC、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ(サンルーフオプション設定あり)、アクティブヘッドレスト(運転席・助手席)自動エンジンブレーキ、全席オートパワーウィンドウを全車に標準装備し、安全性と快適性も向上された。トヨタ・ウィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    最近の自動車にほとんど採用されている、オートマチックトランスミッションやパワーウィンドウなどオートと呼ばれるものは、ほとんどがアメリカの産物と言われている。1950年代後半にはすでに、クルーズ・コントロール、エア・サスペンション、電気ドア・ロック、オートロニック・アイ・ヘッドライト減光装置、パワー・シート、エアコン、パワー・トランク等々が登場していた。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・スクラム

    マツダ・スクラムから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    同時にバン・トラックも一部改良。エンジンの出力特性の見直しとエンジンマウントの位置・材質を変更し、街中での走行性能を向上すると共に、振動や騒音も低減された。さらに、バンは「GA」と「PA」に運転席SRSエアバッグのオプション設定を追加し、「バスター」には運転席・助手席SRSエアバッグ、4W-ABS、助手席ロードリミッター付シートベルト、フロントパワーウィンドウ、リアヒーターを標準装備し、安全性・快適性を向上させた。なお、従来設定されていた「スタンドオフターボ」は前述のワゴンへ移行となり、3グレードととなる。トラックは積載性能を高めると共に、運転席シートバックポケット、カップホルダー、運転席・助手席ドアポケット、アームレストを追加。運転席SRSエアバッグもオプション設定された。グレード体系が変わり、ターボ車の「KTターボ」を廃止し、「KA」のエアコン付仕様は「KD」として独立し、「KC」を追加。また、「KA」に3AT車を追加した為、新設の「KC」と共に、4WD・3AT車が新たに設定された。マツダ・スクラム フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トランジット

    フォード・トランジットから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    1994/5年に大掛かりなフェイスリフトが行われ、新しい顔付きとダッシュボードが1994 - 98年のフォード・スコーピオに使用されていた2.0 L DOHC 8バルブ エンジンと共に採用された。このエンジンは初期のシエラ(Sierra)のDOHCエンジンと似ていたが、ディストリビューターを使用せず、EEC-V並みに改良されたOBD II(自己故障診断)エンジン制御部品を使用していた(スコーピオ、エスコート RS2000:Escort RS2000、ギャラクシーに使用されたフォード社製16バルブエンジンの幾つかはこのエンジンのブロックを基にしていた)。これと同時にエアコン、パワーウィンドウ、セントラルロック、電動ミラーが全てオプションで装着できるようになった。フォード・トランジット フレッシュアイペディアより)

  • 社用車

    社用車から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    外回り社員が多い大会社では、経費削減のため全国一括大量購入が行われることがある。軽自動車を例に取れば、車両本体価格が40万円台など激安価格で取引されることから、ラジオ(AM/FMとあるが、一部の車種ではAMのみの単機能。)やエアコンとパワーステアリング以外の設備は省かれていることがほとんどである。一部では、パワーウィンドウや集中ドアロック等も装備されていないことがある。このため、長時間車に乗る営業社員などには、特定のメーカーや車種に強い不満を持つ者が多い。社用車 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・YRV

    ダイハツ・YRVから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    2001年1月30日:特別仕様車「リミテッド」シリーズ・「Sエディション」を発売。前者は標準車・「エアロSパック」・「ターボパノラマパック」をベースに、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、シートリフター(運転席)、2DIN CD/MD・AM/FM付ステレオ(カロッツェリア)を装備。さらに、「リミテッド」にはスモークドガラス、スライド&分割可倒式リヤシート、リアドアスピーカーを、「エアロSパック リミテッド」にはクリスタルリヤコンビランプ(クリア)とスライド&分割可倒式リヤシートをそれぞれ装備した。後者は「CG」をベースにカラード電動格納式ドアミラー、フルホイールキャップ、UVカットガラス、リアワイパー、運転席シートリフター、リア分離式ヘッドレスト、パワーウィンドウ、パワードアロック、キーレスエンリー、衝撃感知安全システム、2DIN CD・AM/FM付ステレオを装備した充実仕様である。ダイハツ・YRV フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロニックコントロールユニット

    エレクトロニックコントロールユニットから見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    自動車内部ではエンジン、モーター、メーター、トランスミッション、ブレーキ、エアバッグ、ランプ、パワーステアリング、パワーウィンドウ、カーエアコン、電子キーの車両側受信部、カーオーディオ、カーナビゲーションの一部等の各種制御に用いられており、車種によってはサスペンションや騒音低減にも用いられている。エレクトロニックコントロールユニット フレッシュアイペディアより)

  • 窓

    から見たパワーウィンドウパワーウィンドウ

    窓(まど)とは、部屋や廊下などの建物の外壁部分や屋根などに設けられた、採光や換気のための開口部(広義の「穴」)である。近代化された建物ではガラス戸などの建具がはめられていることが多い。また、ステンドグラスなどの高度な装飾が施されることもある。自動車や鉄道車両などの車体、航空機の機体などにも設けられる(なお、自動車の窓についてはパワーウィンドウ、三角窓も参照)。 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示