62件中 21 - 30件表示
  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見た貨物自動車

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たシトロエン・DS4

    なおセンターコンソールやダッシュボードへのパワー・ウィンドウスイッチ設置は、最近ではシトロエン・DS4やBMW・ミニなどにその例が見られる。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たライトバン

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たワンボックスカー

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たミニ (BMW)

    なおセンターコンソールやダッシュボードへのパワー・ウィンドウスイッチ設置は、最近ではシトロエン・DS4やBMW・ミニなどにその例が見られる。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見た軽自動車

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見た商用車

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見た公用車

    2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車・公用車用)や商用車(ライトバン、ワンボックス、トラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などでパワーウインドウの昇降スイッチをドア内張りではなくダッシュボードやセンターコンソール部分に取り付けることも多かった。こうすることでレギュレーターハンドル仕様とドア部分の部品の共通化を図り(コストダウン)、且つドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが、現在ではあまり見られなくなった。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たJR東日本E655系電車

    日本の鉄道車両においては、1960年に皇室ならびに外国の賓客用として日本国有鉄道が導入した特別車両、クロ157形に設置されたのが最初である。これは、賓客の見送り者に対する答礼の便を図るためである。同様の目的で、1号御料車やE655-1でも採用されており、いずれも1枚ガラスの下降窓であるパワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • パワーウィンドウ

    パワーウィンドウから見たアメリカ合衆国

    パワーウィンドウ自体は1930年代後半にアメリカで実用化されていたが、一部の高級車を除き採用されなかった。大半の自動車は、窓は手動式で、レギュレーターハンドルによって窓ガラスを昇降させていた。爆発的に広まったのは1980年代である。パワーウィンドウ フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示