756件中 11 - 20件表示
  • 古河機械金属

    古河機械金属から見た半導体半導体

    同年 - 化合物半導体に関連する研究機関として半導体装置事業室を新設。古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • 半金属

    半金属から見た半導体半導体

    半金属に特徴的な性質としては脆性、半導体性、金属光沢、酸化物の示す両性などが挙げられ、半金属のイオン化エネルギーや電気陰性度の値は一定の範囲に収まる。半金属の単体もしくはその化合物は、ガラスや半導体、合金の構成元素として広く利用されている。半金属 フレッシュアイペディアより)

  • 正孔

    正孔から見た半導体半導体

    正孔(せいこう)は、ホール(Electron hole または単にhole)ともいい、物性物理学の用語。半導体(または絶縁体)において、(本来は電子で満たされているべき)価電子帯の電子が不足した状態を表す。たとえば光や熱などで価電子が伝導帯側に遷移することによって、価電子帯の電子が不足した状態ができる。この電子の不足によってできた孔(相対的に正の電荷を持っているように見える)が正孔(ホール)である。正孔 フレッシュアイペディアより)

  • 電気抵抗

    電気抵抗から見た半導体半導体

    断面積が一定の物体での抵抗値は、電気抵抗率と長さに比例し断面積に反比例する。超伝導体以外の全ての物質はなんらかの抵抗値を持つ。一般に、金属は温度が高くなるほどに電気抵抗率が高くなり、半導体は温度が高くなるほどに電気抵抗率が低くなり、電解質はイオン濃度が大きく・イオン移動度が大きくなるほど抵抗値が低くなる(電気伝導を参照)。電気抵抗 フレッシュアイペディアより)

  • エレベーター

    エレベーターから見た半導体半導体

    昭和40年代頃までは半導体技術が現在のように発展していなかったために、エレベーターの制御回路にはリレー式シーケンス制御が採用されていた。今では到底考えられないが、速度制御、ドア開閉制御、呼び出し制御、混雑回避制御などありとあらゆる制御回路が数百個から数千個にも及ぶ大量のリレー群とタイマーリレー、その他機械式接点によって構成されていた。リレー式回路は主に手作業で制御回路を構築するので、回路設計、回路変更に多大な費用と労力が掛かるものが多かった。さらに接点の接触不良や焼き付きなどの動作不良も多く、メンテナンスマンを大いに悩ませた。エレベーター フレッシュアイペディアより)

  • HOYA

    HOYAから見た半導体半導体

    マスクブランクス・半導体製造用フォトマスクなどの半導体部門、HDDプラッタなどのディスク部門、メガネやコンタクトレンズなどのアイケア部門、眼科医療用の眼内レンズ、内視鏡などのメディカル部門、光学レンズなどの光学部門、情報システム・ASP・カスタマーソリューションなどのサービス部門、等の事業部門を持つ。眼鏡部門は国内トップクラスであるが、海外のシェアは高くはない。半導体製造用のマスクブランクス、HDD用のガラス基板事業における世界シェアはいずれも70%を超えている。HOYA フレッシュアイペディアより)

  • 真空管

    真空管から見た半導体半導体

    初期の真空管の、白熱電球と似た形状からとも、英語のvalveからとも考えられるが、日本では「球」(きゅう、たま)とも呼ばれる。たとえば俗な言い方だが、ソリッドステートの(トランジスタの)アンプに対して真空管使用のものを「球(たま)のアンプ」と言うなど。また、セット(電気回路による装置)に使っている真空管の個数を称して「n球(きゅう)」という言い方をする。例えばスーパーヘテロダイン方式によるAMラジオ受信機の、代表的な構成のひとつである真空管を5本使用しているものを、「五球スーパーラジオ」という。なお、真空管の代替として発明された半導体トランジスタを球と対比的に「石(いし)」「n石(せき)」と俗称している。真空管 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド半導体

    ダイヤモンド半導体から見た半導体半導体

    ダイヤモンド半導体(ダイヤモンドはんどうたい、diamond semiconductors)とは、人工ダイヤモンドを使用した半導体のことである。報道においてダイヤ半導体と略される場合もある。ダイヤモンド半導体 フレッシュアイペディアより)

  • 電子移動度

    電子移動度から見た半導体半導体

    電子移動度(でんしいどうど、electron mobility)とは、固体の物質中での電子の移動のしやすさを示す量であり、本来の表記は,易動度が正しい。したがって、単に移動度という場合はキャリアの移動のしやすさを示す。半導体の場合、キャリアとは、電子および正孔のことである。電子移動度 フレッシュアイペディアより)

  • 伝導電子

    伝導電子から見た半導体半導体

    半導体において、伝導帯にある電子のことも伝導電子と呼ぶ(半導体において単に「電子」と言う場合、多くは伝導電子の意味になる)。価電子帯に存在する電子が、ある温度においては、絶対温度とボルツマン定数の積に値するエネルギーを受ける。このエネルギーがバンドギャップより大きい場合、価電子帯上端付近の電子が伝導帯へと励起され、この電子が伝導電子として振舞うことになる。金属においては、フェルミ準位が伝導帯内に存在するため、この熱的励起のエネルギーが非常に小さくともフェルミ準位以上のエネルギー帯域に電子が存在することになる。強く束縛を受けない伝導電子を自由電子と呼ぶ。伝導電子 フレッシュアイペディアより)

756件中 11 - 20件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード