756件中 21 - 30件表示
  • ドープ

    ドープから見た半導体半導体

    特に半導体で重要な操作で、不純物の添加により電子や正孔(キャリア)の濃度を調整する他、禁制帯幅などのバンド構造や物理的特性などを様々に制御するのに用いる。ドープ フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ・情報関連企業設立の年表

    コンピュータ・情報関連企業設立の年表から見た半導体半導体

    携帯電話、半導体大手。イリノイ州シカゴで創業し、現在の本社はイリノイ州ショームバーグ。コンピュータ・情報関連企業設立の年表 フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た半導体半導体

    合成ゴムで世界5位、国内首位(2004年の国内シェア31.5%。第2位は20.1%の日本ゼオン)。最近は石油化学系ではなく、半導体系材料や液晶表示系材料などの情報電子材料に注力し収益を伸ばしている。液晶ディスプレイ(LCD)用材料で世界トップシェアの製品が数種あるほか、半導体関連ではフォトリソグラフィ工程に用いるフォトレジストが世界トップ、シリコンウェハーを加工する CMP(化学機械研磨)工程に用いる CMPスラリー、CMPパッドも新たな収益源に成長しつつある。また、優れた光学特性を有する樹脂を開発し、光ファイバー用コーティング材や光学接着剤、透明樹脂などでも高いシェアを持つ。2006年1月には本田技研工業との燃料電池用材料共同開発の進展を発表、同年2月には米IBMとの半導体製造技術共同研究による最先端の成果を発表するなど、次代の材料開発を推進している。JSR フレッシュアイペディアより)

  • 格子欠陥

    格子欠陥から見た半導体半導体

    電気材料または電子材料においてその電気的特性を制御するために利用される。例えば高純度シリコン結晶に不純物としてヒ素を添加すると、ヒ素原子がシリコン原子を置き換えて異種原子となり、さらに伝導電子を放出して荷電要素となる。このような状態がn型半導体である。格子欠陥 フレッシュアイペディアより)

  • 光電子

    光電子から見た半導体半導体

    半導体や絶縁体に充分に振動数の大きな光を照射すると、物質内部の電子が光子のエネルギーを吸収し、価電子帯などから固体内部の伝導帯に励起される(内部光電効果)。この伝導(光伝導)に寄与するようになった伝導電子もやはり光電子と呼ぶ。光電子 フレッシュアイペディアより)

  • ショットキー接合

    ショットキー接合から見た半導体半導体

    ショットキー接合(ショットキーせつごう、)は、金属と半導体の間で整流作用を示す接合のことである。名称は発明者のヴァルター・ショットキーによる。ショットキー接合 フレッシュアイペディアより)

  • 空乏層

    空乏層から見た半導体半導体

    空乏層(くうぼうそう、depletion layer)とは、半導体のPN接合などでみられる、キャリアがほとんどなく、電気的に絶縁された領域のこと。欠乏層とも言う。空乏層 フレッシュアイペディアより)

  • Rapha

    Raphaから見た半導体半導体

    Rapha(有限会社ラファ)は、デザインおよびソフトウェア開発、ウェブ制作を主体としたインターネット関連サービスの企画・制作・運用管理と半導体設計を主な事業内容とする日本の企業である。Rapha フレッシュアイペディアより)

  • コヒーラ検波器

    コヒーラ検波器から見た半導体半導体

    また微視的には、コヒーアの開始(導通の開始)はショットキー接合部の格子欠陥によるヒステリシス現象による。すなわち金属化合物膜は微細孔を多く持つ薄膜、すなわち半導体であり、その微細孔の内側表面には多くの格子欠陥があり、集中した電流によって発生する、ショットキー障壁を越えた余分なエネルギーを持つ電子によって、金属化合物の価電子帯から励起された電子がこの格子欠陥部に形成された高密度の界面準位にトラップ、このトラップされた電子の持つ電荷により、ショットキー障壁はトンネル効果の発生する厚さ以下となり、いわゆるトンネルリングスポットを通して通電するようになるためであることがわかってきた。また微小な接触部分に生じる金属接合についても、従来の仮説(溶着現象)が実験によりほぼ確かめられている。コヒーラ検波器 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯旭

    佐伯旭から見た半導体半導体

    専務取締役時代に若手技術者らから直訴され液晶、半導体の研究者55人を集結させて全社横断の開発チーム・回路研究室、半導体研究室を発足させる。これらの研究のうち極超短波研究は国産初の電子レンジ発売(1961年)を、回路や半導体研究は、シリコン太陽電池の量産(1963年)や、世界初のトランジスタ式電卓開発(1964年)、世界初の液晶実用化、CMOS型電卓開発(1973年)、日本語ワードプロセッサー(1977年)などを生み出した。この手法は「緊急開発プロジェクトチーム(緊プロ)」として現在も受け継がれている。しかし当時のシャープは自前の半導体を待っておらず、電卓に使うICは他社から買っていた。このため1970年の大阪万博不参加を打ち出し「シャープ100年の計のため千里から天理へ向かう」と万博へ出展する資金を天理の半導体工場建設にあてた。これは「千里から天理へ」決断として産業界の伝説となっている。これを機に創業者・早川が代表権のない会長職に退き佐伯は二代目社長に就任、早くから世界を見据え社名を「シャープ」に変更、現在では常識になっているブランド名の統一は専務時代に成し遂げ、総合エレクトロニクスメーカーとしての第2の創業を切る。佐伯旭 フレッシュアイペディアより)

756件中 21 - 30件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード