953件中 31 - 40件表示
  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た半導体半導体

    ヒートポンプ()は、熱媒体や半導体等を用いて低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術である。手法はいくつかあるが主流は気体の圧縮・膨張と熱交換を組み合わせたもので、一般家庭でもみられる製品でヒートポンプを使っているものとして冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ式給湯器などがある。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯旭

    佐伯旭から見た半導体半導体

    専務取締役時代に若手技術者らから直訴され液晶、半導体の研究者55人を集結させて全社横断の開発チーム・回路研究室、半導体研究室を発足させる。これらの研究のうち極超短波研究は国産初の電子レンジ発売(1961年)を、回路や半導体研究は、シリコン太陽電池の量産(1963年)や、世界初のトランジスタ式電卓開発(1964年)、世界初の液晶実用化、CMOS型電卓開発(1973年)、日本語ワードプロセッサー(1977年)などを生み出した。この手法は「緊急開発プロジェクトチーム(緊プロ)」として現在も受け継がれている。しかし当時のシャープは自前の半導体を待っておらず、電卓に使うICは他社から買っていた。このため1970年の大阪万博不参加を打ち出し「シャープ100年の計のため千里から天理へ向かう」と万博へ出展する資金を天理の半導体工場建設にあてた。これは「千里から天理へ」決断として産業界の伝説となっている。これを機に創業者・早川が代表権のない会長職に退き佐伯は二代目社長に就任、早くから世界を見据え社名を「シャープ」に変更、現在では常識になっているブランド名の統一は専務時代に成し遂げ、総合エレクトロニクスメーカーとしての第2の創業を切る。佐伯旭 フレッシュアイペディアより)

  • 光電子

    光電子から見た半導体半導体

    半導体や絶縁体に充分に振動数の大きな光を照射すると、物質内部の電子が光子のエネルギーを吸収し、価電子帯などから固体内部の伝導帯に励起される(内部光電効果)。この伝導(光伝導)に寄与するようになった伝導電子もやはり光電子と呼ぶ。光電子 フレッシュアイペディアより)

  • 伝導電子

    伝導電子から見た半導体半導体

    半導体において、伝導帯にある電子のことも伝導電子と呼ぶ(半導体において単に「電子」と言う場合、多くは伝導電子の意味になる)。価電子帯に存在する電子が、ある温度においては、絶対温度とボルツマン定数の積に値するエネルギーを受ける。このエネルギーがバンドギャップより大きい場合、価電子帯上端付近の電子が伝導帯へと励起され、この電子が伝導電子として振舞うことになる。金属においては、フェルミ準位が伝導帯内に存在するため、この熱的励起のエネルギーが非常に小さくともフェルミ準位以上のエネルギー帯域に電子が存在することになる。強く束縛を受けない伝導電子を自由電子と呼ぶ。伝導電子 フレッシュアイペディアより)

  • ベッドフォード・CA

    ベッドフォード・CAから見た半導体半導体

    ベッドフォード・CAが設計された時代は半導体部品がまだ高嶺の花であり、自動車部品に応用するには適していなかった。このため水温は揮発性の液体を詰めたカプセルに繋げられた毛細管を通して機械的に測られた。カプセルはウォーターポンプ本体に捻じ込まれていた。エンジン冷却液の変化が揮発性の液体を蒸発や結露させ、水温計の機械リンケージへの圧力を変化させることで計器の針を動かしていた。後のモデルでは電気式計器が使用された。ベッドフォード・CA フレッシュアイペディアより)

  • 格子欠陥

    格子欠陥から見た半導体半導体

    電気材料または電子材料においてその電気的特性を制御するために利用される。例えば高純度シリコン結晶に不純物としてヒ素を添加すると、ヒ素原子がシリコン原子を置き換えて異種原子となり、さらに伝導電子を放出して荷電要素となる。このような状態がn型半導体である。またイオン結晶中の点欠陥は色中心になる。半導体中の格子欠陥は、捕獲中心や電子-正孔ペアの再結合中心になる。格子欠陥 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱石検波器

    鉱石検波器から見た半導体半導体

    鉱石検波器(こうせきけんぱき)は、半導体の性質を有する鉱石に金属針を接触させ、ショットキー障壁による整流作用を利用する、一種のダイオードである。世界最初の半導体素子の実用化であり、点接触型ダイオード、ショットキーバリアダイオードの遠い先祖とも言える。金属針を用いず、異なる鉱石同士を接触させることでも同様に働くこともあるため、そのような構成のものもある。鉱石検波器 フレッシュアイペディアより)

  • ポーラロン

    ポーラロンから見た半導体半導体

    実験的研究の観点からも、数多くの物質について、その物性を理解するためにはポーラロン効果を考慮しなければならない。例えば、半導体のキャリア移動度はポーラロンの形成によって大きく低下することがある。有機半導体もポーラロン効果を受けやすく、電荷輸送特性に優れた有機薄膜太陽電池を設計する際にはポーラロン効果が重要となる。低温超伝導体(第一種超伝導体)においてクーパー対形成を担う電子-フォノン相互作用はポーラロンモデルで考えることができる。また、反対スピンを持った二つの電子はフォノン雲を共有してバイポーラロンを形成することがあるが、これが高温超伝導体(第二種超伝導体)におけるクーパー対形成機構として提案されたことがある。さらにまた、ポーラロンはこれらの物質の光伝導を解釈する上でも重要である。ポーラロン フレッシュアイペディアより)

  • 半導体検出器

    半導体検出器から見た半導体半導体

    半導体検出器(はんどうたいけんしゅつき, )とは、半導体を利用した放射線検出器を言う。半導体検出器 フレッシュアイペディアより)

  • 強誘電体メモリ

    強誘電体メモリから見た半導体半導体

    更に、この他に、ゲート絶縁膜が強誘電体から成るMFS-FET又はMFMIS-FETを用いる1T型(トランジスター型)が存在し、これは特にFFRAMと呼ばれて区別されている。強誘電体メモリ フレッシュアイペディアより)

953件中 31 - 40件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード