756件中 31 - 40件表示
  • サブマリン特許

    サブマリン特許から見た半導体半導体

    キルビー特許については、もともとの特許出願が公告された時点で技術内容が明らかになっており、技術を秘匿していないので厳密にはサブマリン特許とは言えないが、権利化を遅らせた例であるのでサブマリン特許に含めて扱うこともある。ジャック・キルビーが発明し半導体集積回路の基盤技術として日本に出願された発明「半導体装置」(特許第320249号、以下249特許)と、それを分割した子を更に分割した孫にあたる「半導体装置」(特許第320275号、以下275特許)のうち、275特許を指す。サブマリン特許 フレッシュアイペディアより)

  • pn接合

    pn接合から見た少数キャリア半導体

    pn接合に順方向バイアス(p型側に正電圧)を印加すると、図のように空乏層の内蔵電位(拡散電位)が減少し、ポテンシャルの釣り合いが崩れて拡散電流が増加し、電流が流れる。電極からn型、p型それぞれの領域に注入された電子と正孔(多数キャリア)は接合領域にて再結合する。通常のシリコン・ダイオードの場合、接合面を通過してさらに10〜100μm程度の領域まで(少数キャリアとして)注入される。pn接合 フレッシュアイペディアより)

  • pn接合

    pn接合から見た多数キャリア半導体

    pn接合に順方向バイアス(p型側に正電圧)を印加すると、図のように空乏層の内蔵電位(拡散電位)が減少し、ポテンシャルの釣り合いが崩れて拡散電流が増加し、電流が流れる。電極からn型、p型それぞれの領域に注入された電子と正孔(多数キャリア)は接合領域にて再結合する。通常のシリコン・ダイオードの場合、接合面を通過してさらに10〜100μm程度の領域まで(少数キャリアとして)注入される。pn接合 フレッシュアイペディアより)

  • 電子立国日本の自叙伝

    電子立国日本の自叙伝から見た半導体半導体

    戦後間もなくアメリカでトランジスタが発明されたところから、集積回路 (IC)の開発とLSI化、日本で昭和40年代から50年代に繰り広げられた電卓市場を巡る激しいシェア争い(いわゆる「電卓戦争」)、そして世界初の1チップMPUであるIntel 4004の開発秘話など、1980年代末までの日米における半導体開発の歴史を追った作品である。電子立国日本の自叙伝 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た半導体半導体

    ヒートポンプ()は、熱媒体や半導体等を用いて低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術である。手法はいくつかあるが主流は気体の圧縮・膨張と熱交換を組み合わせたもので、一般家庭でもみられる製品でヒートポンプを使っているものとして冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ式給湯器などがある。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • レギオン (架空の怪獣)

    レギオン (架空の怪獣)から見た半導体半導体

    身体構造:甲殻生物に似た構造を持つ。体組織は珪素質で、半導体に似た構造を持つ。高い耐久力を持ち、自衛隊の武力攻撃にはほぼ無傷で耐える。また、後述の後脚に至ってはガメラの甲羅を欠損させるほどの硬度を持つが、干渉波クローなどの細い器官の耐久性はこの限りではないようだ。レギオン (架空の怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • デザインルールチェック

    デザインルールチェックから見た半導体半導体

    デザインルールチェック(、DRC)は、半導体プロセスにおいて使用するマスクパターンや、プリント基板の設計データがデザインルール(設計規則)に違反していないかを検証するためのCADツール(プログラム)、もしくはその工程のことを言う。このデザインルールは、半導体プロセスの各工程や、プリント基板の加工精度から制限を受け定められる場合が多い。半導体プロセスの場合とプリント基板作成の場合では、それぞれ専用のツールも存在するが、同じツールを使用することも可能である。デザインルールチェック フレッシュアイペディアより)

  • 電子線マイクロアナライザ

    電子線マイクロアナライザから見た半導体半導体

    Cameca社(フランス)は1956年に最初の商業用の電子マイクロプローブ、「MS85」を生み出した。それは他社によってすぐに多くの電子マイクロプローブがフォローされることになったけれども、CamecaとJEOLを例外として除けば、すべての会社が現在は廃業状態である。そしてまた多くの研究者が電子マイクロプローブを彼らの研究室に組み込んでいる。マイクロプローブへの重要なその後の改良と部分修正には、X線マップ(マッピング分析)を得るための走査電子線(1960年)、半導体式検出器(EDS)の付加(1968年)、および軽元素の分析のために合成多層回折結晶の開発(1984年)が含まれた。電子線マイクロアナライザ フレッシュアイペディアより)

  • 鉱石検波器

    鉱石検波器から見た半導体半導体

    鉱石検波器(こうせきけんぱき)は、半導体の性質を有する鉱石に金属針を接触、ショットキー障壁を利用して、整流作用を得るようにしたものである。世界最初の半導体部品であり、点接触型ダイオード、ショットキーバリアダイオードの原型である。日本では天然鉱石だけでなく、シリコン(ケイ素)、ゲルマニウム結晶などを使った検波用ダイオードをまとめて鉱石検波器と呼ぶことが多い。他に金属針を用いず、異なる鉱石同士を接触させた構造のものなどもある。鉱石検波器 フレッシュアイペディアより)

  • 広島発!夢の通り道

    広島発!夢の通り道から見た半導体半導体

    ローツェ株式会社(福山市神辺町) 半導体・液晶ガラス基板製造用搬送装置製造広島発!夢の通り道 フレッシュアイペディアより)

756件中 31 - 40件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード