756件中 41 - 50件表示
  • 日新電機

    日新電機から見た半導体半導体

    2002年4月 - シリコンカーバイド (SiC) 半導体デバイスの開発を行う、エコトロンを設立。日新電機 フレッシュアイペディアより)

  • シリコンアイランド

    シリコンアイランドから見た半導体半導体

    2002年現在、九州の半導体集積回路の生産額は1兆243億円であり、これは日本国内の約30%、全世界の6%に相当する。また関連する半導体製造装置の生産額も1,322億円、国内シェアは15%以上で近畿地方と並ぶ存在であり、九州にとって半導体産業は自動車産業と並ぶ基幹産業となっている。シリコンアイランド フレッシュアイペディアより)

  • シリカ

    シリカから見た半導体半導体

    工業生産されるシリカでも特に代表的なものはケイ酸をゲル化したシリカゲル(SiO2純度99.5%以上)であり、乾燥剤として食品や半導体の精密機器の保存から、消臭剤、農業肥料、建築用調湿剤などに使われる。電子材料基板やシリコンウェハーなどの研磨剤などに使用されるコロダイルシリカや、耐熱器具、実験器具や光ファイバーの原料として用いられる珪砂、珪石などを溶融した後冷却し、ガラス化させた石英ガラス(クオーツ)の他、エナメル、シリカセメント、陶磁器、炭素に代わるタイヤの原料、液体クロマトグラフィー担体、電球やCRTディスプレイの表面などの表面処理剤、新聞紙の印刷インクの浸透防止など様々な分野において利用されている。シリカ フレッシュアイペディアより)

  • フォトリソグラフィ

    フォトリソグラフィから見た半導体半導体

    フォトリソグラフィ()は、感光性の物質を塗布した物質の表面を、パターン状に露光(パターン露光、像様露光などとも言う)することで、露光された部分と露光されていない部分からなるパターンを生成する技術。主に、半導体素子、プリント基板、印刷版、液晶ディスプレイパネル、プラズマディスプレイパネルなどの製造に用いられる。フォトリソグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナモ

    ダイナモから見た半導体半導体

    ダイナモ(dynamo)は本来は発電機の別名だが、現在では整流子を使って直流を生成する整流子発電機を意味する。初期の産業用発電に使われたのはダイナモであり、電動機、交流発電のオルタネーター、回転変流機などの電力変換装置はすべてダイナモから派生した。現在では大規模な発電は全て交流の電力を発生させており、交流から直流への変換は半導体などを使って簡単にできるため、整流子のあるダイナモはそういった用途にはほぼ全く使われなくなっている。ダイナモ フレッシュアイペディアより)

  • 真性半導体

    真性半導体から見た半導体半導体

    真性半導体(しんせいはんどうたい)とは、不純物を添加していない純粋な半導体のことを指す。英語名「」からi型半導体と呼ばれることもある。真性半導体 フレッシュアイペディアより)

  • 不純物半導体

    不純物半導体から見た半導体半導体

    不純物半導体(ふじゅんぶつはんどうたい)は半導体の一種。外因性半導体(がいいんせいはんどうたい)とも言う。純粋な真性半導体に不純物(ドーパント)を微量添加(ドーピング)したものである。ドーピングする元素により、キャリアがホール(正孔)のP型半導体、キャリアが電子のN型半導体が得られる。キャリアの種類は不純物元素の最外殻電子の数に依存する場合が多く、最外殻電子が4より大きい時はN型半導体、最外殻電子が4より小さい場合はP型半導体になることが多い。不純物半導体 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田エルピーダメモリ

    秋田エルピーダメモリから見た半導体半導体

    秋田エルピーダメモリ株式会社(あきたエルピーダメモリ)は、DRAMを中心とした半導体の先端・特殊パッケージ開発、設計や組立、テスト等の事業を行う会社。エルピーダメモリの生産部門子会社で、秋田県秋田市に本社を置く。秋田エルピーダメモリ フレッシュアイペディアより)

  • 光コンピューター

    光コンピューターから見た半導体半導体

    現在の電子や電気、半導体を用いたコンピュータは、人類の発展に大きな貢献をしてきたが、逆に様々な問題点も抱えている。例えば、半導体においてはナノレベルへの集積回路の微小化(ナノテク化)に伴う電力リーク量増大のため、消費電力が極めて大きくなっていて、スマートグリッド化されていなければ当然余熱も生じるから、システム自体の冷却にも余分なエネルギーが必要となる。また、電子は相互に干渉し合うのでその流れを多重にクロスさせるような電子回路設計は不可能である。しかし、光(光子)は電子とは違い、お互いに交差しても干渉し合うことがない為、光コンピュータにおいては、三次元の集積回路設計が可能になり、使用エネルギーもずっと少なくて済むことが判っている。光コンピューター フレッシュアイペディアより)

  • ベッドフォード・CA

    ベッドフォード・CAから見た半導体半導体

    ベッドフォード・CAが設計された時代は半導体部品がまだ高嶺の花であり、自動車部品に応用するには適していなかった。このため水温は揮発性の液体を詰めたカプセルに繋げられた毛細管を通して機械的に測られた。カプセルはウォーターポンプ本体に捻じ込まれていた。エンジン冷却液の変化が揮発性の液体を蒸発や結露させ、水温計の機械リンケージへの圧力を変化させることで計器の針を動かしていた。後のモデルでは電気式計器が使用された。ベッドフォード・CA フレッシュアイペディアより)

756件中 41 - 50件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード