953件中 61 - 70件表示
  • 導電性高分子

    導電性高分子から見た半導体半導体

    導電性高分子(どうでんせいこうぶんし)または、導電性ポリマー(conductive polymers、intrinsically conducting polymers、ICPs)とは、電気伝導性を持つ高分子化合物の呼称である。共役したポリエン系がエネルギー帯を形成し伝導性を示すと考えられている。代表的な物質としてはポリアセチレン、ポリチオフェン類などが挙げられる。「導電性」と呼ばれているが、実際の性質は導体というより半導体であり、高分子半導体などと呼ぶ場合もある。導電性高分子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本精鉱

    日本精鉱から見た半導体半導体

    三塩化アンチモン - 触媒用、顔料用、半導体製造原料、試薬。日本精鉱 フレッシュアイペディアより)

  • ケイ素

    ケイ素から見た半導体半導体

    ケイ素(ケイそ、珪素、硅素、、)は、原子番号 14 の元素である。元素記号は Si。原子量は 28.1。「珪素」「硅素」「シリコン」とも表記・呼称される。地球の主要な構成元素のひとつ。半導体部品は非常に重要な用途である。ケイ素 フレッシュアイペディアより)

  • ホウ素

    ホウ素から見た半導体半導体

    単体のホウ素は金属元素と非金属元素の中間の性質を示す半金属元素であり、安定した共有結合を形成するという点では同じ第13族元素であるアルミニウムやガリウムなどの金属元素よりもむしろ炭素やケイ素と類似した性質を示す。これはホウ素の第一イオン化エネルギーが8.296 eVと非常に高いためイオン化しにくく、2s22p1の最外殻電子がsp2混成軌道を形成する方がエネルギー的に有利であることに起因する。単体ホウ素におけるホウ素同士の結合もまた共有結合性が強いため、自由電子として導電性に寄与できる電子が少なく、導電性を示すものの導電性は低いという半金属に特有な性質が現れる原因となる。また、このような電気的特性を有するため単体ホウ素は半導体としての性質を示す。ホウ素 フレッシュアイペディアより)

  • スパンション

    スパンションから見た半導体半導体

    スパンション(Spansion LLC)はかつて存在した半導体メーカー。フラッシュメモリを中心としてマイコンやアナログIC、SOCなども手がけていた。2015年にに吸収合併された。スパンション フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス

    ロサンゼルスから見た半導体半導体

    それに伴い、商業も発展していき、西海岸最大の商業、金融拠点となった。しかし中東やメキシコ湾沿岸からの廉価な原油の供給の増加により、原油の掘削はあまり行われなくなった。更に今日では電子機器、半導体、宇宙産業など最先端工業が発展している。これは学術、文化都市として培っていた技術力の蓄積、また軍事産業や航空機産業関係者が持つ高度な技術力の産業形態転換によるものが大きく、今日におけるロサンゼルス経済の主力にもなっている。ロサンゼルス フレッシュアイペディアより)

  • フォトリソグラフィ

    フォトリソグラフィから見た半導体半導体

    フォトリソグラフィ()は、感光性の物質を塗布した物質の表面を、パターン状に露光(パターン露光、像様露光などとも言う)することで、露光された部分と露光されていない部分からなるパターンを生成する技術。主に、半導体素子、プリント基板、印刷版、液晶ディスプレイパネル、プラズマディスプレイパネルなどの製造に用いられる。フォトリソグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見た半導体半導体

    電機メーカー(でんきメーカー)とは、家電と呼ばれる軽電製品(テレビ、洗濯機、電気調理器具、空調機器、照明、デジカメなど)や重電製品(発電機、変圧器、電池などの電力設備)、コンピュータ製品・オフィス機器(スマートフォン、パーソナルコンピュータ、サーバ、プリンター、コピー機)、医療機器(MRIやCTなど)、電子部品(LSIなどの半導体、モーターなど)、産業用電気製品(産業用電動機、産業用ロボットなど)、電動輸送機器(電車、昇降機など)、自動車や船舶用の電子機器、航空宇宙機(民間用航空機、人工衛星、宇宙探査機、ロケットなど)用の電子機器、兵器(軍用機、ミサイルなど)用の電子機器等、これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。電機とは電気機械の略である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • フェニックス (アリゾナ州)

    フェニックス (アリゾナ州)から見た半導体半導体

    20世紀前半からニューディール政策によるコロラド川の電源開発、ルーベルトダム、フーバーダム、クーリッジダムの開発によって、無尽蔵の電力を供給、軍事産業に関わる航空機産業や電器機械工業が発展していき、今日では半導体などのエレクトロニクス産業、また観光都市としても発達している。フェニックス (アリゾナ州) フレッシュアイペディアより)

  • トンネル効果

    トンネル効果から見た半導体半導体

    ガモフによるセミナーに参加後、マックス・ボルンはトンネリングの一般性を認識した。彼はこの現象が原子核物理学のみならず様々な系にあてはまる量子力学からの帰結であることに気付いた。その直ぐ後、両方のグループは粒子が核にトンネル抜けして入り込む場合について考察した。1957年までに、半導体の研究とトランジスタやダイオードの開発を通じて、電子のトンネリングは受け入れられた。江崎玲於奈、アイヴァー・ジェーバー、ブライアン・ジョゼフソンは超伝導性のトンネリングを予言し、1973年のノーベル物理学賞を受賞した。2016年、が発見された。トンネル効果 フレッシュアイペディアより)

953件中 61 - 70件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード