756件中 71 - 80件表示
  • 佐賀県

    佐賀県から見た半導体半導体

    しかし、1960年代後半より減反が進んだことで米中心の農業は打撃を受け、加えて炭鉱の閉鎖が加速し、多久・杵島・東松浦などの旧炭鉱地域を中心として、高度経済成長期に急速な過疎化が進んだ。これに対して1970年代以降、農業は米だけではない野菜や果実などへの多品目化に移行し、また佐賀平野では二毛作による麦の生産が浸透して農業の維持を図った。工業では、高速道路の整備以降は高速周辺での工場誘致が各地で起こった。これによって、鳥栖市を中心とした県北東部では集積した製造業が基幹産業へと成長した。1990年代からは半導体や自動車部品産業が割合を高めている。佐賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 導電性高分子

    導電性高分子から見た半導体半導体

    導電性高分子(どうでんせいこうぶんし)または、導電性ポリマー(conductive polymers、intrinsically conducting polymers、ICPs)とは、電気伝導性を持つ高分子化合物の呼称である。共役したポリエン系がエネルギー帯を形成し伝導性を示すと考えられている。代表的な物質としてはポリアセチレン、ポリチオフェン類などが挙げられる。「導電性」と呼ばれているが、実際の性質は導体というより半導体であり、高分子半導体などと呼ぶ場合もある。導電性高分子 フレッシュアイペディアより)

  • ロード・コーポレーション

    ロード・コーポレーションから見た半導体半導体

    Electronic Materials: ロードは電子回路組立のためのポッティング、コーティング、カプセル材の溶剤を供給し、それらはハイブリッド/コンポーネント厚膜材料、半導体実装材料、温度管理材料と同様である。ロード・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • メモリディスク

    メモリディスクから見た半導体半導体

    ソリッドステートドライブ(solid state drive、SSD)とは記憶装置として半導体素子メモリを用いた、ストレージ(特に、ディスクドライブ)として扱うことのできるデバイスである。メモリディスク フレッシュアイペディアより)

  • PCBM

    PCBMから見た半導体半導体

    C60のフラーレンを持つ1PCBMが一般的だが、高次フラーレンのC70やC84を有する2PCBMや3PCBMなども存在し、市販されている。単なるフラーレンが一般的な有機溶媒への溶解性に乏しいのに対し、4PCBMはトルエンに10 mg/mlの溶解度がある。そのため、PCBMは塗布法が可能な有機薄膜太陽電池のn型半導体材料などとして数多く研究されている。PCBM フレッシュアイペディアより)

  • フェルディナント・ヤマグチ

    フェルディナント・ヤマグチから見た半導体半導体

    ドイツ・ボン生まれ。半導体・電子部品専門のマーケットアナリスト。自動車にも関連する業界のビジネスマンであり、恋愛投資家であるとする。公の場に登場する場合は常に覆面姿である。東京都世田谷区・成城在住、既婚。フェルディナント・ヤマグチ フレッシュアイペディアより)

  • 果つる底なき

    果つる底なきから見た半導体半導体

    東京シリコンが倒産する直前に、半導体関連の会社「テンナイン」を設立する。信越マテリアルで難波の秘書をしていた。果つる底なき フレッシュアイペディアより)

  • 中田俊隆

    中田俊隆から見た半導体半導体

    結晶成長をキーワードとし、金属、半導体からタンパク質に至るまで、様々な材料における相変態過程の実験的研究を行っている。中田俊隆 フレッシュアイペディアより)

  • アプライド・マイクロ・サーキット

    アプライド・マイクロ・サーキットから見た半導体半導体

    アプライド・マイクロ・サーキット (Applied Micro Circuits Corporation; AMCC) は、アメリカ合衆国の半導体製造企業。アプライド・マイクロ・サーキット フレッシュアイペディアより)

  • 二次元電子ガス

    二次元電子ガスから見た半導体半導体

    ほとんどの2DEGは、半導体により作成される平面構造を持った高移動度トランジスタや矩形量子井戸で観測される。最も、一般的な2DEGは、MOSFET(NMOS)における反転層における電子や、HEMTのチャネルにおける電子がこれに当たる。どちらの場合でも、チャネルのフェルミ準位が伝導帯より上に存在することにより、その領域が電子で満たされる。この領域は、シート状に存在し、電子は水平方向への移動は可能であるが、垂直方向へは移動が困難であるため、擬似的には二次元状に分布している。これは、二次元電子ガスの名前の由来でもある。MOSFETの場合もHEMTの場合も、材質間の伝導帯と価電子帯の障壁及び印加する電圧を利用して2DEGを形成している。HEMTの場合には、2DEGが形成される半導体がアンドープのものであるため、(イオン化不純物散乱の打ち消しあう効果がある、ドープされたチャネルを用いる)MOSFETと比較して、高移動度な特性を確認できる。二次元電子ガス フレッシュアイペディアより)

756件中 71 - 80件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード