756件中 81 - 90件表示
  • 立命館大学ローム記念館

    立命館大学ローム記念館から見た半導体半導体

    マイクロエレクトロニクスの研究拠点として、また次世代半導体産業を担う人材育成拠点として2000年4月に開設。文部科学省の私立大学ハイテクリサーチセンター整備事業に採択され、「インテリジェント・シリコンソサエティの研究」を行っている。建設費約15億円はローム株式会社代表取締役社長の佐藤研一郎によって出資された。立命館大学ローム記念館 フレッシュアイペディアより)

  • Nanosys

    Nanosysから見た半導体半導体

    チャールズ・リーバー(Charles M. Lieber、ハーバード大学)- 半導体ナノワイヤーエレクトロニクスの世界的権威。ペイドン・ヤンのPh.D.アドバイザー。Nanosys フレッシュアイペディアより)

  • 直接遷移

    直接遷移から見た半導体半導体

    直接遷移(ちょくせつせんい、direct bandgap)は、波数空間(k空間)において、半導体のバンド図を描いた場合に、伝導帯の底と価電子帯の頂上が同一の波数ベクトル(k点)の点に存在することを言う。直接ギャップ(direct gap)と呼ばれることもある直接遷移 フレッシュアイペディアより)

  • 山下晃一

    山下晃一から見た半導体半導体

    理論化学計算による触媒反応機構の解明、表面の物性・構造の解明、半導体材料の理論的設計などに力を注ぐ。山下晃一 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田憲彦

    鎌田憲彦から見た半導体半導体

    鎌田 憲彦(かまた のりひこ)は、日本の電子工学の研究者。埼玉大学工学部教授。量子井戸、超格子、有機高分子等の低次元半導体、希土類蛍光体の光物性とその発光デバイス応用を研究。埼玉大学重点研究テーマ「フロンティアフォトニクス領域」リーダー。専門分野は量子電子物性。鎌田憲彦 フレッシュアイペディアより)

  • ハロメタン

    ハロメタンから見た半導体半導体

    フルオロメタン (Fluoromethane, CH3F) 半導体製造において使われる。別名フロン41。ハロメタン フレッシュアイペディアより)

  • 樽茶清悟

    樽茶清悟から見た半導体半導体

    1978年 東京大学大学院・工学系研究科修士課程を修了。日本電信電話公社(NTT)に入社、物性科学基礎研究所で半導体量子井戸や量子細線を研究。樽茶清悟 フレッシュアイペディアより)

  • 大内淳義

    大内淳義から見た半導体半導体

    東京府出身。府立一中を経て、昭和17年に東京帝国大学工学部電気工学科卒業。昭和27年に日本電気入社。日本電気が30年代初めに半導体や集積回路生産を開始した時からこれに携わり、集積回路設計本部長、43年集積回路事業本部長などを経て、49年取締役、55年副社長、59年、副会長、63年6月会長に就任。平成2年相談役に退く。大内淳義 フレッシュアイペディアより)

  • 進藤貞和

    進藤貞和から見た半導体半導体

    歌好きが高じて1995年にはコロムビアからCDも出している。ダークダックスの熱心なファンでも知られ、後援会長等を務めるなどダークの音楽事業を大々的に支えていた。進藤社長在任10年の間にクリーンヒーター、ふとん乾燥機などのヒット商品を生み、赤字だった家電部門は黒字に転じた。またこの時代にエレクトロニクス産業が急成長。半導体、宇宙事業、通信事業などの基盤を確立した。1980年会長、1985年取締役名誉会長、1987年相談役、2000年特別顧問に退いた。またFM東京、ホテルニューオータニ、三菱総合研究所各取締役を務め、通商産業省産業構造審議会委員、日本電機工業会会長、日本電子機械工業会会長、電気倶楽部理事長などを歴任した。進藤貞和 フレッシュアイペディアより)

  • 電気抵抗率の比較

    電気抵抗率の比較から見た半導体半導体

    電気抵抗率は、温度や不純物の量など様々な条件により変化する。特記のない場合は室温(20℃、293.15ケルビン)での値を示す。また、*で示したもの(主として半導体)の電気抵抗率は不純物に強く依存する。電気抵抗率の比較 フレッシュアイペディアより)

756件中 81 - 90件表示

「パワー半導体」のニューストピックワード