348件中 51 - 60件表示
  • UFC Japan

    UFC Japanから見たパンクラスパンクラス

    なお、主催者発表では1万人以上と発表されている観客数だったが、動員に苦戦し、大会1週間のキングダムの大会で無料チケットを配布したり、前日のパンクラス横浜大会の会場付近で無料で先着100人入場のチラシを配布していたことが伝えられている。UFC Japan フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見たパンクラスパンクラス

    2004年11月7日、パンクラスでロン・ウォーターマンと対戦し、判定勝ち。初代スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラシストとなった。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • FIGHTING TV サムライ

    FIGHTING TV サムライから見たパンクラスパンクラス

    パンクラス中継番組。スカイ・A sports+提供。FIGHTING TV サムライ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ライトル

    クリス・ライトルから見たパンクラスパンクラス

    パンクラス道場に留学していた経験がある。格闘家として活躍する一方で、インディアナポリスの消防士としても有名。長いキャリアにもかかわらず、KOや一本による敗北がない(カットによるTKO負けを除く)。クリス・ライトル フレッシュアイペディアより)

  • ガイ・メッツァー

    ガイ・メッツァーから見たパンクラスパンクラス

    1995年、ライオンズ・デン所属選手としてパンクラスに参戦。当初こそルールに不慣れなために黒星も目立ったが、ルールに適応してからは1996年のランキングトーナメント優勝、元王者の鈴木みのるを2度に渡って下すなどの活躍を見せ、1998年には船木誠勝を下し、第7代キング・オブ・パンクラス王者となった。柳澤龍志、近藤有己を下し2度の防衛に成功した。ガイ・メッツァー フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見たパンクラスパンクラス

    新日本では闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司、橋本真也)、全日本ではプロレス四天王(三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太)が台頭し、後にまで業界を牽引してゆく。一方、第2次UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組に分裂(藤原組はその後さらにパンクラス、格闘探偵団バトラーツに分裂)し、細分化が進む。1990年代後半に入るとK-1、PRIDEなど総合格闘技が台頭し、それまでプロレスが請け負っていた異種格闘技としての側面を奪われる形となった。古くからアントニオ猪木が「プロレス最強」を掲げていた背景から、これを受けて多くのプロレスラーが総合のリングに参戦するが、結果を残したレスラーは少なく人気低迷に拍車をかけた。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たパンクラスパンクラス

    ジョシュ・バーネット(Josh Barnett、男性、1977年11月10日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家、プロレスラー。ワシントン州シアトル出身。CSW所属。現無差別級キング・オブ・パンクラシスト。元UFC世界ヘビー級王者。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • 芹澤健市

    芹澤健市から見たパンクラスパンクラス

    2001年5月5日、初参戦となったパンクラスのNEO BLOOD TOURNAMENT 予選で三崎和雄と対戦し、0-3の判定負けを喫した。芹澤健市 フレッシュアイペディアより)

  • DEEP (格闘技団体)

    DEEP (格闘技団体)から見たパンクラスパンクラス

    開始から第6回大会までは、パンクラスなどの協力で、独立独歩のメジャー指向で大会場での興行を打っていた。プロレスラーも積極的に参戦させ、和田良覚レフェリーの試合を組むなど話題性のあるマッチメイクから「格闘技のおもちゃ箱」とも称されていた。しかし、勝負を賭けた田村潔司 vs. 美濃輪育久をメインにした2002年9月7日の第6回大会の失敗で、興行規模を縮小を余儀なくされる。DEEP (格闘技団体) フレッシュアイペディアより)

  • ネイサン・マーコート

    ネイサン・マーコートから見たパンクラスパンクラス

    1999年12月18日、パンクラスで初来日、須藤元気に腕ひしぎ十字固めで一本負け。ネイサン・マーコート フレッシュアイペディアより)

348件中 51 - 60件表示

「パンクラス」のニューストピックワード