前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • パンクラス

    パンクラスから見た船木誠勝

    船木誠勝と鈴木みのるらはメガネスーパーをスポンサーとしたプロフェッショナルレスリング藤原組に所属していたが経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになったことに反発した船木が1992年12月、鈴木を含む所属選手ほぼ全員を引き連れて退団して設立したのがワールド・パンクラス・クリエイト。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た鈴木みのる

    船木誠勝と鈴木みのるらはメガネスーパーをスポンサーとしたプロフェッショナルレスリング藤原組に所属していたが経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになったことに反発した船木が1992年12月、鈴木を含む所属選手ほぼ全員を引き連れて退団して設立したのがワールド・パンクラス・クリエイト。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たテレビ東京

    2014年12月6日、ディファ有明で開催した「PANCRASE263」で2015年春からパンクラスが12年ぶりに地上波のテレビ東京で放送されることを発表。酒井は「日本のテレビはいろいろなことがあって総合格闘技はなかなか出ることが出来ませんでしたが地上波に復活することが出来ました。総合格闘技のルールは分からない人も多いと思います。テレビで分かりやすくやりたいですしルールを知ることで総合格闘技が究極のスポーツだということが分かってもらえると思います」とコメント。地上波での放映は2012年から話を進めており2014年10月頃から具体的になり始めたという。2015年に開催されるナンバーシリーズ9大会の試合を中心に構成されるパンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た須藤元気

    8月28日、五味隆典、須藤元気らを育てた名指導者として知られる木口道場の木口宣昭の入閣を発表。9月1日、ディファ有明で開催した「PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR」で木口は「特にアマチュア選手の育成、強化に努めたい」と抱負を語った。酒井からは木口の入閣は新生パンクラス発足時からの構想であったこと自身が目指す総合格闘技業界作りを進めるには木口チェアマンとともにアマチュアの育成やプロのライセンス作りの推進が重要であること、などが話された。 木口はアドバイザリーボードチェアマンとして、主にアマチュアの普及、育成、強化を進める。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たヒクソン・グレイシー

    2000年5月26日、船木が「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れて、この後、パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われて他団体からの参加選手も目立つようになったがパンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄されて参加団体のSKアブソリュートからは競技の公平性について抗議を受けている。実際にパンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と退団。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た五味隆典

    8月28日、五味隆典、須藤元気らを育てた名指導者として知られる木口道場の木口宣昭の入閣を発表。9月1日、ディファ有明で開催した「PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR」で木口は「特にアマチュア選手の育成、強化に努めたい」と抱負を語った。酒井からは木口の入閣は新生パンクラス発足時からの構想であったこと自身が目指す総合格闘技業界作りを進めるには木口チェアマンとともにアマチュアの育成やプロのライセンス作りの推進が重要であること、などが話された。 木口はアドバイザリーボードチェアマンとして、主にアマチュアの普及、育成、強化を進める。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たレイ・セフォー

    2013年10月27日、レイ・セフォーが代表を務めるWSOFと業務提携を結んだ。併せてWSOFとライセンス契約を複数年にわたり締結してWSOF JAPANを設立して酒井が代表を兼任。この業務提携について酒井は「意欲のある日本の総合格闘家全員にチャンスを与える大会になると思います。各格闘技団体のご協力も頂き「目指せ世界」、「目指せラスベガス」を行っていきたいと考えています」とコメント。WSOF JAPANは2014年4月の旗揚げを目指していたが頓挫。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たカール・ゴッチ

    藤原組の母体であった第2次UWFの流れを汲む。「完全実力主義」を標榜してカール・ゴッチに師事を受けて「秒殺」という流行語を生み出すほどの従来のU系団体と一線を画す衝撃的な試合で多くのファンを獲得。しかし旗揚げ戦からしばらくすると選手の負傷増加やグラウンドでの防御技術向上による膠着多発などを要因とする完全実力主義ゆえの興行性と競技性のジレンマに直面。船木がリングで「潰し合いは嫌なんだ」と叫んだこともある。その後、ロープエスケープとロストポイント制の段階的廃止やパンクラチオンマッチを経てのオープンフィンガーグローブ着用、グランドパンチ解禁により完全な総合格闘技ルールを導入していくことになる。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た前田日明

    8月5日、ディファ有明で開催した「PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR」に前田日明が来場。前田の来場を仕掛けた酒井は「未来の格闘技業界を見据えて、前を向いていかなければいけない。」とコメント。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たミノワマン

    美濃輪育久(現:ミノワマン)パンクラス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示

「パンクラス」のニューストピックワード