73件中 11 - 20件表示
  • パンクラス

    パンクラスから見た日本テレビ放送網

    2003年には日本テレビでも「完全格闘技 パンクラス」のタイトルで中継放送が行われた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たフジテレビジョン

    1997年から1998年までフジテレビ系「SRS」内でパンクラスを扱ったこともあった。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たテレビ東京

    同年にはテレビ東京で専門番組「格闘Xパンクラス」を放送開始され、2003年の3月まで放送された。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たメガネスーパー

    プロレスラーの船木誠勝、鈴木みのるらはメガネスーパーをスポンサーとした団体藤原組に所属していたが、経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになり、反発した船木が、1992年12月に鈴木を含む同組所属選手ほぼ全員を引き連れて離脱し、設立したのが「ワールドパンクラスクリエイト」である。1993年9月21日に、東京ベイNKホールにて旗揚げ戦を行った。ハイブリッド・レスリング(Hybrid Wrestling)を団体のスローガンとして掲げている。プロレス団体だが、発足当時に鈴木みのるは「真剣勝負だけのプロレスがパンクラス」と度々コメントしていた。現在、総合格闘技ルールで行われる通常部門の他に、MISSIONというプロレス部門が存在する。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たケン・シャムロック

    現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、須藤元気、美濃輪育久、ガイ・メッツァー、國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た酒井正和

    パンクラス(英語表記:PANCRASE)は、日本の総合格闘技興行会社。プロ興行に加え、アマチュア大会も手がける。トレーニングジムも経営。ドン・キホーテによって運営されていたが、2012年6月1日からは株式会社スマッシュに移譲されている。代表はスマッシュ代表取締役でもある酒井正和パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たSMASH (格闘技団体)

    パンクラス(英語表記:PANCRASE)は、日本の総合格闘技興行会社。プロ興行に加え、アマチュア大会も手がける。トレーニングジムも経営。ドン・キホーテによって運営されていたが、2012年6月1日からは株式会社スマッシュに移譲されている。代表はスマッシュ代表取締役でもある酒井正和。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たアマチュアレスリング

    パンクラスが認可するオープンフィンガーグローブ、マウスピース、ファウルカップ、タイツを必ず着用して試合をする。レスリング用のシューズなどの着用も認められている。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た稲垣克臣

    稲垣克臣(稲垣組主催)パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たガイ・メッツァー

    現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、須藤元気、美濃輪育久、ガイ・メッツァー、國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「パンクラス」のニューストピックワード