73件中 21 - 30件表示
  • パンクラス

    パンクラスから見た井上克也

    2011年、8名参加による「パンクラス ライト級グランプリ2011」を開催。元ライト級キング・オブ・パンクラシストの井上克也、外敵として、プロ修斗選手の田村ヒビキ、ZSTの小谷直之らが参戦し、5月3日にトーナメント1回戦を行った。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た木口宣昭

    8月28日、五味隆典、須藤元気らを育てた名指導者として知られる木口道場の木口宣昭道場長の入閣を発表、9月1日開催のPANCRASE 2012 PROGRESS TOURディファ有明大会にて木口は「特にアマチュア選手の育成、強化に努めたい」と抱負を語った。一方酒井代表からは、木口入閣は新生パンクラス発足時からの構想であったこと、自身が目指す総合格闘技業界作りを進めるには木口チェアマンとともにアマチュアの育成やプロのライセンス作りの推進が重要であること、などが話された。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た國奥麒樹真

    現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、須藤元気、美濃輪育久、ガイ・メッツァー、國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たバス・ルッテン

    現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、須藤元気、美濃輪育久、ガイ・メッツァー、國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たモーリス・スミス

    8月8日、キックボクシング団体Krushとの電撃提携を発表した。Krushは「Team Krush」を結成しパンクラスへの出場を表明、ヘッドコーチには、元WKA・UFC・ISKA世界ヘビー級王者である伝説的キックボクサーモーリス・スミスが就任する。この提携について酒井は「格闘技界を盛り上げ、世界に通用するファイターの育成を視野に入れた展開を目指す」とコメントした。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た川村亮

    2010年10月1日、現役選手の川村亮が代表取締役に就任。また、第三者組織による「コミッション委員会」を設置した。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たフランク・シャムロック

    現在は9つの道場に分かれている。船木は、2000年に「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れ引退(2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で現役復帰)。この後パンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定は「パンクラス判定」などと揶揄され、参加団体のSKアブソリュートからは、競技の公平性について抗議を受けている。実際、パンクラスのレフェリーはパンクラス所属であったりパンクラスのトレーナーである場合がある。同時に競技性を追求しすぎたゆえ、集客力のあるタレント力をもった選手を保持することができず、業界内で脚光を浴びる地位を得られないことを感じた選手たちは次々と離脱。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、セーム・シュルト、須藤元気、美濃輪育久、ガイ・メッツァー、國奥麒樹真など多くの選手がパンクラスを離れた。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た山田学

    山田学(山田道場主催)パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見た小谷直之

    2011年、8名参加による「パンクラス ライト級グランプリ2011」を開催。元ライト級キング・オブ・パンクラシストの井上克也、外敵として、プロ修斗選手の田村ヒビキ、ZSTの小谷直之らが参戦し、5月3日にトーナメント1回戦を行った。パンクラス フレッシュアイペディアより)

  • パンクラス

    パンクラスから見たUFC

    8月8日、キックボクシング団体Krushとの電撃提携を発表した。Krushは「Team Krush」を結成しパンクラスへの出場を表明、ヘッドコーチには、元WKA・UFC・ISKA世界ヘビー級王者である伝説的キックボクサーモーリス・スミスが就任する。この提携について酒井は「格闘技界を盛り上げ、世界に通用するファイターの育成を視野に入れた展開を目指す」とコメントした。パンクラス フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「パンクラス」のニューストピックワード