70件中 11 - 20件表示
  • 石蒜

    石蒜から見たヒガンバナヒガンバナ

    石蒜 フレッシュアイペディアより)

  • キツネノカミソリ

    キツネノカミソリから見たヒガンバナヒガンバナ

    葉の形、花と葉を別々に出すところ、および有毒植物である点などではヒガンバナと共通するが、花の形、および葉と花を出す時季は異なる。キツネノカミソリ フレッシュアイペディアより)

  • 北山公園 (東京都)

    北山公園 (東京都)から見たヒガンバナヒガンバナ

    花菖蒲のほかにも菜の花や蓮、彼岸花、コスモスなどそれぞれの季節でさまざまな花を楽しむことができる。また、園内の池には多くの野鳥も集まる。北山公園 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • ハマオモトヨトウ

    ハマオモトヨトウから見たヒガンバナヒガンバナ

    ハマオモト、ヒガンバナ、アマリリス、スイセン、タマスダレを寄主植物とする。幼虫は花の組織に侵入して食べるほか、さらに葉や偽茎部を食害する。ハマオモトヨトウ フレッシュアイペディアより)

  • 関の弥太っぺ

    関の弥太っぺから見た彼岸花ヒガンバナ

    ラスト、飯岡衆は約束の場所で弥太郎を待つ。「来ました」「森介は一緒か?」「弥太郎一人です」。行き止まりの道を歩いてくる弥太郎。笑っている。カメラは背中に廻る。背中が小さく、小さくなる。傘をポーンと投げる弥太郎。弥太郎の運命を暗示するかのように彼岸花(死人花とも呼ぶ)が咲いている。遠くで鐘が鳴っている…。関の弥太っぺ フレッシュアイペディアより)

  • 奥武蔵

    奥武蔵から見たヒガンバナヒガンバナ

    飯能駅・東飯能駅から行くことのできる能仁寺と天覧山(195m)、多峰主山(271m)、ボートやヘラブナ・ワカサギ釣りやサイクリングが楽しめる宮沢湖(灌漑用水。1941年(昭和16年)に造られた人造湖)、高麗駅から行ける日和田山(305m)・物見山(375m)、“100万本の曼珠沙華”で有名な巾着田、鎌北湖、北向地蔵、駒高集落、高麗神社などがある。標高が低いので軽装でも登れ、ハイキングや登山の入門コースともいえる。また、低山なので冬がベストシーズンであろう。奥武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎公園

    山崎公園から見た彼岸花ヒガンバナ

    また、花菖蒲の他にも紫陽花やポピー、初秋には彼岸花やハギの花が彩りを添えている。山崎公園 フレッシュアイペディアより)

  • ハマユウ

    ハマユウから見たヒガンバナヒガンバナ

    草姿は太い円柱状の幹のようなものの上から昆布のような葉が周囲に広がる態を成す。この幹のようなものは真の茎ではなく、葉の付け根が多肉質の筒状に重なったもので偽茎と呼ばれ、ヒガンバナやタマネギの鱗茎とほぼ相同なものである。茎はこの偽茎の基部に、短縮した円盤型のものがある。ヒガンバナ科の中でもヒガンバナ属(Lycoris)に縁が近く、ヒガンバナと同じリコリンというアルカロイドを、特に偽茎に多く含み、食べると吐き気や下痢を催す。ハマユウ フレッシュアイペディアより)

  • 西蓮寺 (行方市)

    西蓮寺 (行方市)から見た彼岸花ヒガンバナ

    9月24日?9月30日に常行三昧会が行われる。これは、昔この地の長者の娘が始めたものと伝えられ、「長者供養」とも称される。また、この時期にはボランティアが植えた10万本の彼岸花が見頃となる。西蓮寺 (行方市) フレッシュアイペディアより)

  • 津屋川

    津屋川から見たヒガンバナヒガンバナ

    海津市南濃町津屋辺りの堤防には、おおよそ3 kmにわたりヒガンバナの群生地がみられる。津屋川 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード