101件中 31 - 40件表示
  • 救荒植物

    救荒植物から見たマンジュシャゲヒガンバナ

    鱗茎からデンプンを得る - アマドコロ、ナルコユリ、マンジュシャゲ、ウバユリ救荒植物 フレッシュアイペディアより)

  • ガランタミン

    ガランタミンから見たヒガンバナヒガンバナ

    ガランタミン(Galantamine)は軽-中度のアルツハイマー病や様々な記憶障害の治療に用いられる薬剤である。商品名レミニール。特に脳血管障害を原因とするものに有効。Galanthus 属-スノードロップ(Galanthus caucasicus、Galanthus woronowii )や他のヒガンバナ科植物(Narcissus 属スイセン, Leucojum 属-スノーフレーク、Lycoris 属-ヒガンバナ)の球根や花から得られるアルカロイドである。人工的に合成することもできる。ガランタミン フレッシュアイペディアより)

  • モンキアゲハ

    モンキアゲハから見たヒガンバナヒガンバナ

    都市部には少ないが、平地や低山地の森林の周辺でよく見かけられる普通種である。他の動物があまり活動しない日中の暑い時間帯にも活発に飛び、ユリ類、クサギ、ヒガンバナ、人家の庭先の園芸種など各種の花に訪れる。また、地面で水を吸うこともある。モンキアゲハ フレッシュアイペディアより)

  • 彼岸花の幻想

    彼岸花の幻想から見た彼岸花ヒガンバナ

    作曲者本人は、この曲について「この曲で意図しているのは、或る、透明で不吉な予感である」とコメントを残している。また、幼少期に見た彼岸花のもつ、予兆を感じさせる印象の影響についても触れている。彼岸花の幻想 フレッシュアイペディアより)

  • 海原幸夫

    海原幸夫から見た地獄花ヒガンバナ

    地獄花』 : 監督伊藤大輔、1957年6月25日公開 - 現存(NFC所蔵)海原幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 水原浩一

    水原浩一から見た地獄花ヒガンバナ

    地獄花』 : 監督伊藤大輔、1957年6月25日公開 - 猿手、現存(NFC所蔵)水原浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 津屋川

    津屋川から見たヒガンバナヒガンバナ

    岐阜県養老郡養老町の養老山付近が水源。水源のひとつ滝谷には、「養老孝子伝説」で有名な養老の滝がある。滝谷は扇状地に入り涸れ谷となっている。この扇状地の扇端部の湧水帯で流れが現れ、ここから津屋川となる。津屋川は養老山地の複合扇状地の扇端に沿って、養老山地から流れ出るいくつかの流れを合流しながら、南西に流れる。海津市に入ると川幅が広がる。五三川と合流した後は、揖斐川と並行して流れ、海津市南濃町山崎付近で揖斐川と合流する。その合流部の少し北側に津屋川水門が設置されていて、さらにすぐ北側に岐阜県道8号津島南濃線の福岡大橋が架かる。海津市南濃町津屋辺りの堤防には、おおよそ3 kmにわたりヒガンバナの群生地がみられる。養老山地から流れ出る小倉谷は、完全なる天井川で、津屋川の上を一旦立体交差した後に津屋川に合流する。また、小倉谷は養老鉄道養老線の上も通過している。津屋川 フレッシュアイペディアより)

  • 蘇陽峡

    蘇陽峡から見たヒガンバナヒガンバナ

    あまり知られていないが、この周辺にはヒガンバナが自生しており、特に岩場の上に咲くヒガンバナは珍しい。秋には実った稲穂と目を楽しませてくれる。蘇陽峡 フレッシュアイペディアより)

  • 日向薬師

    日向薬師から見たヒガンバナヒガンバナ

    浄発願寺から「高橋」バス停までの間を、日向川を渡って市道とは反対側を通る道。ときに山林の中を歩き、ときに田畑の間を通る里山的風景が広がっており、初秋には彼岸花で彩られる。日向薬師 フレッシュアイペディアより)

  • 生物季節観測

    生物季節観測から見たヒガンバナヒガンバナ

    植物スイセン、スミレ、シロツメクサ、ヤマブキ、リンゴ、カキ、ナシ、モモ、キキョウ、ヒガンバナ、サザンカ、デイゴ、テッポウユリ、ライラック、チューリップ、クリ、ヒガンザクラ、オオシマザクラ、アンズ、クワ、シバ、カラマツ、チャ、シダレヤナギ生物季節観測 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード