70件中 31 - 40件表示
  • 仏隆寺

    仏隆寺から見たヒガンバナヒガンバナ

    空海(弘法大師)が唐から持ち帰った最古の茶を栽培したといわれ、大和茶発祥の地とされる。彼岸の頃には約200段もの石段の両側をヒガンバナの花が埋め尽くす。仏隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 生物季節観測

    生物季節観測から見たヒガンバナヒガンバナ

    植物スイセン、スミレ、シロツメクサ、ヤマブキ、リンゴ、カキ、ナシ、モモ、キキョウ、ヒガンバナ、サザンカ、デイゴ、テッポウユリ、ライラック、チューリップ、クリ、ヒガンザクラ、オオシマザクラ、アンズ、クワ、シバ、カラマツ、チャ、シダレヤナギ生物季節観測 フレッシュアイペディアより)

  • 海原幸夫

    海原幸夫から見た地獄花ヒガンバナ

    地獄花』 : 監督伊藤大輔、1957年6月25日公開 - 現存(NFC所蔵)海原幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大河内奈美

    大河内奈美から見た曼珠沙華ヒガンバナ

    濃厚中出し 熟母の浮気(7月13日、曼珠沙華大河内奈美 フレッシュアイペディアより)

  • 水原浩一

    水原浩一から見た地獄花ヒガンバナ

    地獄花』 : 監督伊藤大輔、1957年6月25日公開 - 猿手、現存(NFC所蔵)水原浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 巾着田

    巾着田から見たヒガンバナヒガンバナ

    毎年9月?10月にかけて高麗川沿いの河川敷にある5.5ヘクタールの群生地にヒガンバナ(彼岸花、曼珠沙華)が見頃になる(「200万本の曼珠沙華」を標榜する)。日本一のヒガンバナ群生地であり、祭り等も開催されたくさんの観光客で賑わう。近年ことに西武鉄道の宣伝などによりさらに観光客が増える傾向にある。またヒガンバナ以外にも春にはサクラや菜の花が見頃を迎える。夏になるとアジサイやハスが、秋には、コスモスも見ることができる。また、カワセミやムササビなど、さまざまな種類の野鳥や小動物を観察することもできる。巾着田 フレッシュアイペディアより)

  • ちちぶ (列車)

    ちちぶ (列車)から見たヒガンバナヒガンバナ

    高麗駅は9月の巾着田曼珠沙華開花時に停車。ちちぶ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 日向薬師

    日向薬師から見たヒガンバナヒガンバナ

    浄発願寺から「高橋」バス停までの間を、日向川を渡って市道とは反対側を通る道。ときに山林の中を歩き、ときに田畑の間を通る里山的風景が広がっており、初秋には彼岸花で彩られる。日向薬師 フレッシュアイペディアより)

  • オナガアゲハ

    オナガアゲハから見たヒガンバナヒガンバナ

    年2化性。春、サクラの花が散り終えるころから発生し、暖地では秋の中ごろまで見られる。ツツジ、ヒガンバナ、クサギなどで吸蜜しているのを見ることが出来る。オナガアゲハ フレッシュアイペディアより)

  • 産業技術短期大学

    産業技術短期大学から見たヒガンバナヒガンバナ

    産業技術短期大学で見られる草花としては、春はソメイヨシノ(桜)・オオムラサキツツジ、夏はカンナ・モントブレチア・ヤブラン・むくげ・フヨウ・サンゴジュ、秋はサルスベリ・イヌマキ・ヒガンバナ・パンパスグラス・イチョウ、冬はスイセン・梅・桃などがある。産業技術短期大学 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード