101件中 51 - 60件表示
  • 巾着田

    巾着田から見たヒガンバナヒガンバナ

    毎年9月〜10月にかけて高麗川沿いの河川敷にある5.5ヘクタールの群生地にヒガンバナ(彼岸花、曼珠沙華)が見頃になる(「500万本の曼珠沙華」を標榜する)。日本一のヒガンバナ群生地であり、祭り等も開催されたくさんの観光客で賑わう。近年ことに西武鉄道の宣伝などによりさらに観光客が増える傾向にある。またヒガンバナ以外にも春にはサクラや菜の花が見頃を迎える。夏になるとアジサイやハスが、秋には、コスモスも見ることができる。また、カワセミやムササビなど、さまざまな種類の野鳥や小動物を観察することもできる。巾着田 フレッシュアイペディアより)

  • 七ツ森古墳群

    七ツ森古墳群から見たヒガンバナヒガンバナ

    現在の七ツ森古墳群は、一般には、古墳としてよりも、その周囲に植えられた20万本にも及ぶ彼岸花の名所として知られている。七ツ森古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城南面千本桜

    赤城南面千本桜から見たヒガンバナヒガンバナ

    毎年4月にはイベント・桜まつりが開催され、群馬県内外から10万人以上の観光客が訪れる。標高431メートルから700メートルと高低差があるため、花見を楽しむことができる期間が長い。桜が散ったあとは、5月上旬から下旬にかけてヤマツツジが、9月下旬から10月上旬にはヒガンバナが見頃となる。赤城南面千本桜 フレッシュアイペディアより)

  • 忍道2 散華

    忍道2 散華から見たヒガンバナヒガンバナ

    「火祭」とはサボテンのような多肉植物の一種であると同時に、彼岸花の別名でもある。忍道2 散華 フレッシュアイペディアより)

  • 西蓮寺 (行方市)

    西蓮寺 (行方市)から見た彼岸花ヒガンバナ

    西蓮寺の伝統行事で、西蓮寺の末寺、門徒寺の僧侶が常行堂に集まって、9月24日 - 9月30日の7日7夜にわたって堂内を廻りながら独特の節回しで阿弥陀経を立行読経する大法要が行われる。寛治年間(1087?1094年)この地の長者が比叡山より移したものと伝えられ、「長者供養」とも称される。初日、中日、末日には境内で学頭寺のなごりを彷彿させる籠行列がみられる。別名「仏立て」ともいわれる法要で、宗旨の別なく地元はもとより遠隔地からも新仏の供養に参詣人が訪れる。また、この時期にはボランティアが植えた10万本の彼岸花が見頃となる。2001年(平成13年)3月30日、行方市指定無形民俗文化財に指定。西蓮寺 (行方市) フレッシュアイペディアより)

  • 秋山川 (埼玉県)

    秋山川 (埼玉県)から見た曼珠沙華ヒガンバナ

    水量は多くなく、川底には雑草が生い茂る。支流の水押川には川沿い1kmにわたって曼珠沙華が10万本自生しており観光地となっている。秋山川 (埼玉県) フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島の狩猟採集時代の食事

    日本列島の狩猟採集時代の食事から見たヒガンバナヒガンバナ

    土器を用いて煮ることが発達し、採集による植物性の食品の利用が増えた。クルミ、ドングリ、クリ、トチなどの堅果類を竪穴式住居の近くに穴を掘り備蓄したものが多く出土している。クルミは脂質を多く含み生でも食べられるが、クリやドングリやトチはデンプンを多く含む。生のベータデンプンは消化されにくいため、水と熱とで結晶構造を破壊し、アルファデンプンに変える必要がある。またドングリはタンニンを含む種類が多く、石皿と磨石で潰したり粉にし、水に晒したり茹でたりして灰汁抜きをした。トチは非水溶性のサポニンやアロインを含み、灰を加えて煮ることで灰汁抜きをした。またクズやワラビ、ヤマノイモやウバユリ、ヒガンバナなど野生の芋類も、アルカロイドなどの毒を水に晒すなどして除去し、デンプンを利用したと考えられている。動植物の遺物による調査と、遺骨のコラーゲンの同位体比による調査から、これら植物性のデンプンから熱量の大半を得ていたことが分かる。植物性の食品の利用が増えたのに伴い、従来の食肉やレバーや血液などから摂取していた塩の必要性が生じ、海水を土器で煮る製塩も行われた。日本原産の香辛料であるサンショウを入れた土器も発見されている。また栽培作物であるソバやオオムギやアワ、エゴマやリョクトウやヒョウタンなどが、少ないながら出土している。日本列島の狩猟採集時代の食事 フレッシュアイペディアより)

  • ナツズイセン

    ナツズイセンから見たヒガンバナヒガンバナ

    秋から翌年の春にかけてスイセンに似た葉を出す。ただし、植物学上はスイセンではなくヒガンバナの仲間である。ナツズイセン フレッシュアイペディアより)

  • 隠の王

    隠の王から見た彼岸花ヒガンバナ

    髪の毛をピンクに染めており(地毛は金髪。後に緑→ピンクという遍歴を辿る)本人曰くダサくてかっこいいらしい、自他共に認める究極のファッションセンス音痴。甲賀への潜入のための制服を選んだ際、ラメ入りカラースーツを選ぼうとする一幕もあった。雷鳴との確執が極まった際には「神がかり的」(俄雨談)なそれを披露している。彼岸花を愛する。また、趣味のお守り収集を窺わせることとして、髪にもお守りをつけている。隠の王 フレッシュアイペディアより)

  • セイ!ヤング

    セイ!ヤングから見た彼岸花ヒガンバナ

    『深夜の句会』では、彼が「山下暗庵」の号で独特の暗いギャグを放っており、彼のファンも多かった。さだとの「好きな作家は?」「太宰です」「好きな花は?」「彼岸花です」「好きな色は?」「ドドメ色です」というやりとりが恒例になっていた。セイ!ヤング フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード