1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た愛知県

    愛知県半田市の矢勝川の堤防 : 100万本のヒガンバナが咲く。一説には200万本とも。近くに新美南吉記念館があり、新美南吉『ごんぎつね』の舞台として有名である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た神奈川県

    神奈川県伊勢原市にある日向薬師付近 : 100万本のヒガンバナが咲く。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たデンプン

    鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性であるため、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされた事もある。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たリコリン

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た埼玉県

    埼玉県日高市にある巾着田 : ヒガンバナの名所として知られる。200万本のヒガンバナが咲く。巾着田の最寄り駅である西武池袋線高麗駅に多数の臨時列車が停車したり、彼岸花のヘッドマークをあしらった列車を運行したりする。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た北海道

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬になり、救荒食でもある。そのような有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た法華経

    彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる"いちしの花"を彼岸花とする説もある。「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」(11・2480)また、毒を抜いて非常食としている事もあるので、悲願の花と言う意味もあるが一般的には危険である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た道端

    道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。その姿は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30 - 50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し、その先端に包に包まれた花序が一つだけ付く。包が破れると5 - 7個前後の花が顔を出す。花は短い柄があって横を向いて開き、全体としてはすべての花が輪生状に外向きに並ぶ。花弁は長さ40mm、幅約5mmと細長く、大きく反り返る。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示