111件中 91 - 100件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た

    日本では水田の畦や墓地に多く見られるが、人為的に植えられたものと考えられている。その目的は、畦の場合はネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、墓地の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐためとされる。モグラは肉食のためヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まないためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た種子

    日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であるとされるが、このことがただちに中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えることはできない。三倍体であるため一般に種子で増えることができないため、持ち込まれた複数のヒガンバナが中国ですでに遺伝的に同一であることは充分にあり得るためである。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た巾着田

    埼玉県日高市にある巾着田 : ヒガンバナの名所として知られる。500万本のヒガンバナが咲く。巾着田の最寄り駅である西武池袋線高麗駅に多数の臨時列車が停車したり、彼岸花のヘッドマークをあしらった列車を運行したりする。例年は9月後半から10月上旬まで開花し、2017年には150万本が咲いた。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たヒガンバナ属

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たクロンキスト体系

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たネーレーイス

    学名の属名(リコリス)は、ギリシャ神話の女神・海の精であるネレイドの一人 Lycorias からとられ、種小名 は「放射状」の意味である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た帰化

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、ユーラシア大陸東部から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は適切に用いれば薬になり、また水にさらしてアルカロイド毒を除去すれば救荒食にもなる。そのような有用植物としての働きを熟知して運び込まれた可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たサンスクリット語

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た水溶性

    鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性で、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされたこともある。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た学名

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

111件中 91 - 100件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード