98件中 11 - 20件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た

    学名の(リコリス)とはギリシャ神話の女神、の精:ネレイドの一人、Lycoriasの名前からとられたもの。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た西武池袋線

    埼玉県日高市にある巾着田 : ヒガンバナの名所として知られる。200万本のヒガンバナが咲く。巾着田の最寄り駅である西武池袋線高麗駅に多数の臨時列車が停車したり、彼岸花のヘッドマークをあしらった列車を運行したりする。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た農産物

    有毒なので「農産物ではない」つまり年貢の対象外とされたため、救荒作物として田畑や墓の草取りのついでに栽培された。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た津屋川

    岐阜県海津市の津屋川の土手 : 3kmにわたり10万本のヒガンバナが自生する。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たモグラ

    水田の畦や墓地に多く見られるが、以下のような目的の為に人為的に植えられたためと考えられている。前者の場合ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、後者の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため、ただしモグラは肉食のため、ヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まない。そのためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たナツズイセン

    彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる"いちしの花"を彼岸花とする説もある。「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」(11・2480)また、毒を抜いて非常食としている事もあるので、悲願の花と言う意味もあるが一般的には危険である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た岐阜県

    岐阜県海津市の津屋川の土手 : 3kmにわたり10万本のヒガンバナが自生する。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た火事

    花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になると言われている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たアルツハイマー病

    鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬名であり、利尿や去痰作用があるが、有毒であるため素人が民間療法として利用するのは危険である。ちなみに、毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た

    水田の畦や墓地に多く見られるが、以下のような目的の為に人為的に植えられたためと考えられている。前者の場合ネズミ、モグラ、など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、後者の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため、ただしモグラは肉食のため、ヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まない。そのためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード