98件中 31 - 40件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た多年草

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 は「放射状」の意味。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た彼岸

    彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる"いちしの花"を彼岸花とする説もある。「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」(11・2480)また、毒を抜いて非常食としている事もあるので、悲願の花と言う意味もあるが一般的には危険である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た日向薬師

    神奈川県伊勢原市にある日向薬師付近 : 100万本のヒガンバナが咲く。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た下痢

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た花弁

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た大韓民国

    また、韓国ではナツズイセン(夏水仙)のことを花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味で「相思華」と呼ぶが、彼岸花も同じく花と葉が同時に出ることはないので彼岸花も相思花と呼ぶことが多い。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た年貢

    有毒なので「農産物ではない」つまり年貢の対象外とされたため、救荒作物として田畑や墓の草取りのついでに栽培された。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た欧米

    異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。欧米では園芸品種が多く開発されている。園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。日本での別名・方言は千以上が知られている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たロゼット

    開花終了の後、晩秋に長さ30 - 50cmの線形の細い葉をロゼット状に出す。葉は深緑でつやがある。葉は冬中は姿が見られるが、翌春になると枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た麻痺

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード