98件中 41 - 50件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た救荒食

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬になり、救荒食でもある。そのような有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た日本

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬になり、救荒食でもある。そのような有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た園芸品種

    異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。欧米では園芸品種が多く開発されている。園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。日本での別名・方言は千以上が知られている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た堤防

    人里に生育するもので、田畑の周辺や堤防、墓地などに見られることが多い。特に田畑の縁に沿って列をなすときには花時に見事な景観をなす。湿った場所を好み、時に水で洗われて球根が露出するのを見かける。なお、山間部森林内でも見られる場合があるが、これはむしろそのような場所がかつては人里であった可能性を示す。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た矢勝川

    愛知県半田市の矢勝川の堤防 : 100万本のヒガンバナが咲く。一説には200万本とも。近くに新美南吉記念館があり、新美南吉『ごんぎつね』の舞台として有名である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た音写

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 は「放射状」の意味。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た散形花序

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た女神

    学名の(リコリス)とはギリシャ神話の女神、海の精:ネレイドの一人、Lycoriasの名前からとられたもの。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た有毒植物

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た仏教

    彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる"いちしの花"を彼岸花とする説もある。「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」(11・2480)また、毒を抜いて非常食としている事もあるので、悲願の花と言う意味もあるが一般的には危険である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード