98件中 51 - 60件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た生薬

    鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬名であり、利尿や去痰作用があるが、有毒であるため素人が民間療法として利用するのは危険である。ちなみに、毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た有毒

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た半田市

    愛知県半田市の矢勝川の堤防 : 100万本のヒガンバナが咲く。一説には200万本とも。近くに新美南吉記念館があり、新美南吉『ごんぎつね』の舞台として有名である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た中枢神経

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た多年生

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た吐き気

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た万葉集

    彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、ヒガンバナの外観とは似ても似つかぬものである(近縁種ナツズイセンの花は白い)。『万葉集』にみえる"いちしの花"を彼岸花とする説もある。「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」(11・2480)また、毒を抜いて非常食としている事もあるので、悲願の花と言う意味もあるが一般的には危険である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た三次市

    広島県三次市吉舎町辻の馬洗川沿い : 第12回広島県景観会議「景観づくり大賞」の「地域活動の部」で最優秀賞を受賞。また、講談社『週刊 花百科2004.9.16号』で、ヒガンバナの名所全国ベスト10に選ばれた。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たごんぎつね

    愛知県半田市の矢勝川の堤防 : 100万本のヒガンバナが咲く。一説には200万本とも。近くに新美南吉記念館があり、新美南吉『ごんぎつね』の舞台として有名である。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た遺伝

    また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、種子で増えることができない。中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード