111件中 71 - 80件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た多年草

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た花弁

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た横瀬町

    埼玉県横瀬町にある寺坂棚田 : 棚田の畦に100万本のヒガンバナが咲く。横瀬町のシンボル武甲山と黄金の稲穂のコントラストが美しい。西武秩父線横瀬駅より徒歩15分。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た欧米

    欧米では園芸品種が多く開発されている。園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たロゼット

    開花終了の後、晩秋に長さ30 - 50cmの線形の細い葉をロゼット状に出す。葉は深緑でつやがある。葉は冬中は姿が見られるが、翌春になると枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た日本

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、ユーラシア大陸東部から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は適切に用いれば薬になり、また水にさらしてアルカロイド毒を除去すれば救荒食にもなる。そのような有用植物としての働きを熟知して運び込まれた可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た

    道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。その姿は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30 - 50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し、その先端にに包まれた花序が一つだけ付く。苞が破れると5 - 7個前後の花が顔を出す。花は短い柄があって横を向いて開き、全体としてはすべての花が輪生状に外向きに並ぶ。花弁は長さ40mm、幅約5mmと細長く、大きく反り返る。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、ユーラシア大陸東部から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は適切に用いれば薬になり、また水にさらしてアルカロイド毒を除去すれば救荒食にもなる。そのような有用植物としての働きを熟知して運び込まれた可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た音写

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た散形花序

    全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード