98件中 81 - 90件表示
  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た利尿

    鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬名であり、利尿や去痰作用があるが、有毒であるため素人が民間療法として利用するのは危険である。ちなみに、毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た水溶性

    鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性であるため、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされた事もある。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た鱗茎

    日本には北海道から琉球列島まで見られるが、自生ではなく、中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬になり、救荒食でもある。そのような有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性もある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たギリシャ神話

    学名の(リコリス)とはギリシャ神話の女神、海の精:ネレイドの一人、Lycoriasの名前からとられたもの。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た学名

    ヒガンバナ(彼岸花、学名 : )は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 は「放射状」の意味。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た日高市

    埼玉県日高市にある巾着田 : ヒガンバナの名所として知られる。200万本のヒガンバナが咲く。巾着田の最寄り駅である西武池袋線高麗駅に多数の臨時列車が停車したり、彼岸花のヘッドマークをあしらった列車を運行したりする。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たガランタミン

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た長崎県

    長崎県大村市の鉢巻山展望台 : 360度の眺望が広がる鉢巻山の山頂に、100万本のヒガンバナ群落が咲く。期間中、鉢巻山彼岸花祭りが開催されれている。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見たアルカロイド

    全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもある。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガンバナ

    ヒガンバナから見た広島県

    広島県三次市吉舎町辻の馬洗川沿い : 第12回広島県景観会議「景観づくり大賞」の「地域活動の部」で最優秀賞を受賞。また、講談社『週刊 花百科2004.9.16号』で、ヒガンバナの名所全国ベスト10に選ばれた。ヒガンバナ フレッシュアイペディアより)

98件中 81 - 90件表示

「ヒガンバナの花情報」のニューストピックワード