前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • プライベートブランド

    プライベートブランドから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    2006年ごろからの石油や原材料の高騰、サブプライムローンを発端とする経済危機によるナショナルブランド商品の価格上昇と、消費者の節約志向の高まりから人気を呼び、「日経トレンディ」の『2008年ヒット商品ベスト30』の1位に「PB(プライベートブランド)」が、日経MJの『2008年日経ヒット商品番付』の西の横綱にプライベートブランドの「セブンプレミアム」・「トップバリュ」が選出された。2009年以降、大手流通グループでは売り上げに占めるPB商品の比率をより高める方針と報道されている。市場規模は約3兆円(2012年現在)と推定されている。プライベートブランド フレッシュアイペディアより)

  • SMBCコンサルティング

    SMBCコンサルティングから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    ヒット商品番付・・・1990年より、毎年発表。SMBCコンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • シャウエッセン

    シャウエッセンから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    発売開始以来、噛み切ったりフォークに刺したりしたときなどの「パリッ」という音を強調し、「美味なるものには音がある」をキャッチフレーズとしたテレビCMを放送している。1985年、日経流通新聞のヒット商品番付で東の小結を獲得した。2009年には、生誕25周年を記念し、原点回帰ともいえる内容の新作CMが製作され、ニューヨークの名門クラブ「ダウンタウンアソシエーション」にて、ブロードウェイのダンサーを多数集め大規模なロケが行われた。音楽は荻野清子が担当した。シャウエッセン フレッシュアイペディアより)

  • ドライビール

    ドライビールから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    そして1984年と1985年の市場調査の結果、消費者はビールに「軽快」「飲みやすさ」「コク・キレ」を求めていると判明し、それを基に味を刷新した『アサヒ生ビール』(通称「コクキレビール」)を1986年に発売、シェア10%台に回復した。この「コク・キレ」のコンセプトを進展させたのが、1987年に発売された世界初の辛口ビール『アサヒスーパードライ』である。新しい日本の食生活に対応した、軽快で飲みやすいビールを目指して開発されたもので、生産は品質の安定や向上を目指して新しい「商品規格」や「製造技術標準」を導入し、CMには国際ジャーナリストの落合信彦を起用。発売と同時に製品の確保と出荷調整に苦労するほど売れる状態となった。同年の販売数量実績は1350万ケースで、それまでサントリーのモルツが持っていた新商品初年度の販売記録200万ケースを大幅に更新し、同年12月26日の日経流通新聞「62年ヒット商品番付」において「スーパードライ」は1987年の東横綱に選ばれる程の大ヒットとなった。ドライビール フレッシュアイペディアより)

  • 日経MJ

    日経MJから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    一番の目玉は1面で、内容は流通業界の主要ニュースでなく「日経ヒット商品番付」をはじめとした特集記事。新たな取り組み・トレンドを紹介し、その取り組み事例やメリット・デメリットなどを取り上げる。日経MJ フレッシュアイペディアより)

  • 夢をかなえるゾウ

    夢をかなえるゾウから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    2008年上半期の一般書籍(総合部門)で82万部を売り上げ、同期で最も売れた作品となっている。日経MJが2008年上半期に発表したヒット商品番付にもランクインしている(書籍でランクインしているのは他には『蟹工船』のみ)。夢をかなえるゾウ フレッシュアイペディアより)

  • ディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクト (競走馬)から見たヒット商品番付ヒット商品番付

    現役競走馬時代の2005年と2006年には、その年を代表する存在として扱われることもあった。2005年には新語・流行語大賞の候補語60語にノミネートした。また、2005年の『日経MJ』のヒット商品番付では「西関脇」に番付された。ディープインパクト (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 志摩スペイン村

    志摩スペイン村から見たヒット商品番付ヒット商品番付

    1994年度のヒット商品番付(SMBCコンサンルティング/三井住友銀行グループ)では、東の前頭6番目に、日経トレンディのヒット商品ベスト30では27位に選ばれている。志摩スペイン村 フレッシュアイペディアより)

  • カルピスウォーター

    カルピスウォーターから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    発売開始時のCMのキャッチコピーは「遅くなってごめん」。「遅い」に関連してCMには当初カメのキャラクターが使われた。年間500万ケース突破でヒットと呼ばれる清涼飲料水業界において、2000万ケースを超える出荷を達成し、1991年のヒット商品番付にランクされる史上空前のヒット作となった。カルピスウォーター フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン・ダンディ

    ニッポン・ダンディから見たヒット商品番付ヒット商品番付

    開始当初は、とりあげる年代のヒット商品番付(日経流通新聞)を紹介してから、その中から1つを黒宮(10月はポール)がロケ形式で紹介する形式だった。ニッポン・ダンディ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「ヒット商品」のニューストピックワード