前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • 魚類用語

    魚類用語から見たヒラメヒラメ

    ヒラメやカレイでは退化している。そのため急速に水面に引き上げても泳げなくなることはない。(逆に無管鰾をもつ魚類では鰾が膨らみ、泳げなくなる。)魚類用語 フレッシュアイペディアより)

  • カレイ

    カレイから見たヒラメヒラメ

    体は平たく、両目は、ヌマガレイなどの一部の例外を除き、原則として体の右側の面に集まっている。逆にヒラメ類では、目は体の左側側面に集まる。しかし、個別の個体では偶発的に逆となる変異現象(reversal of sides)がある。両目のある側を上にして海底に横向きになり、砂や泥に潜るなどして潜む。体の目のある側は黒褐色から褐色。特有の斑点を持つものもある。この体色は体表にたくさん散らばっている色素細胞である黒色素胞(メラノフォア)の大きさを変えることにより、周囲の環境に合わせて変えることができ、保護色となる。両目のない側は白色。背ビレと尻ビレが長く、背ビレは頭部からはじまり尾ビレの根元まで、尻ビレは、頭部のそばにある小さな腹ビレから尾ビレの根元まで続く。カレイ フレッシュアイペディアより)

  • 刺身

    刺身から見たヒラメヒラメ

    特に鮪に関しては、近世までは醤油漬が江戸で食されたに過ぎないが、冷蔵技術の進歩により、全くの生の状態で日本中に流通するようになった。また鮭や一部の烏賊のように、寄生虫を持つために従来は生食に適さなかった魚も、冷凍処理で寄生虫を殺す事で生食できるようになった。もっとも、大正時代頃まで刺身といえばヒラメや鯛のような身の透き通った魚を使ったものに限られ、例外のカツオを除いた「色物」の刺身は下魚として蔑まれていた経緯がある。刺身 フレッシュアイペディアより)

  • 魚類

    魚類から見たヒラメヒラメ

    うろこは大きく4種類に分けられる。現存する硬骨魚類の多くは円鱗(えんりん)あるいは櫛鱗(しつりん)を持つ。ヒラメのように体の部分によって円鱗と櫛鱗を有する種類もいる。魚類 フレッシュアイペディアより)

  • 五枚下ろし

    五枚下ろしから見たヒラメヒラメ

    五枚下ろし(ごまいおろし、五枚卸とも)とは、調理法の一種で、カレイやヒラメ、ウシノシタ(シタビラメ)など扁平な魚を切り分ける下ろし方である。五枚下ろし フレッシュアイペディアより)

  • サビキ

    サビキから見たヒラメヒラメ

    基本的に針の大きさから20cmぐらいの魚までを狙うが、ボラやヒラメなど多種の魚類が掛かることがある。サビキ フレッシュアイペディアより)

  • カレイ目

    カレイ目から見たヒラメヒラメ

    カレイ目(学名:)は、硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目14科134属で構成され、カレイ・ヒラメ・ウシノシタなど、海底で暮らす底生性の魚類を中心に678種が記載される。ごく薄い扁平な体と左右どちらか一方に偏った両眼を特徴とし、水産資源として重要な食用魚が多数含まれる。カレイ目 フレッシュアイペディアより)

  • フルーツ魚

    フルーツ魚から見たヒラメヒラメ

    フルーツ魚(フルーツさかな)とは、日本において、養殖魚の臭みを消すために、餌にかんきつ類などの果物生成物を混ぜて育てた食用魚のこと。高知大学が開発し2007年に販売された鹿児島県の“柚子鰤王”(ゆずぶりおう)が火付け役。開発は、魚肉の変色(褐色化)を抑える技術が転じたもので、魚嫌いな人が指摘する魚臭さ(生臭さ)を抑えるだけではなく、果物などの香りがする魚も開発されている。魚種にブリ、カンパチ、ヒラメ、マハタ、鮎などがあり、果物にはミカン、ユズ、スダチ、カボス、レモンなどがある。また、オリーブやハーブを用いた養殖魚もある。一部では、かんきつ類を用いたものを「柑橘系養殖魚」(柑橘魚、柑橘系鮮魚、柑橘系養魚)などとも呼ぶ。フルーツ魚 フレッシュアイペディアより)

  • 福島漁港

    福島漁港から見たヒラメヒラメ

    イカ漁が盛んであり、日本国内最大級のスルメ生産量を誇っている。また、他に先駆けてコンブ、アワビ、ヒラメなどの養殖、ウニ・ナマコの種苗やヒラメ稚魚放流などの中間育成事業を進めており、資源管理型漁業の推進によって安定した生産と漁獲物の付加価値向上を目指している。福島漁港 フレッシュアイペディアより)

  • オヒョウ

    オヒョウから見たヒラメヒラメ

    回転寿司ではえんがわとして提供されることも多い(ヒラメの代用魚として)。オヒョウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード