前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示
  • 魚類

    魚類から見たヒラメヒラメ

    うろこは大きく4種類に分けられる。現存する硬骨魚類の多くは円鱗(えんりん)あるいは櫛鱗(しつりん)を持つ。ヒラメのように体の部分によって円鱗と櫛鱗を有する種類もいる。魚類 フレッシュアイペディアより)

  • カレイ

    カレイから見たヒラメヒラメ

    カレイは仏語ではリマンド (limande)。英語では、カレイ、ヒラメ、シタビラメなどカレイ目の魚を "flatfish" と総称する。そのうち、カレイ、ヒラメは "flounder" と呼び、体の右側に目が寄っているカレイ科などの魚を、"righteye flounder"、ヒラメ科、ダルマガレイ科などの目が左側に寄っているものを "lefteye flounder" と呼ぶ。カレイ科のうち、オヒョウ類を特に "halibut" と呼ぶが、その区別はあいまいである。カレイ フレッシュアイペディアより)

  • サビキ

    サビキから見たヒラメヒラメ

    基本的に針の大きさから20cmぐらいの魚までを狙うが、ボラやヒラメなど多種の魚類が掛かることがある。サビキ フレッシュアイペディアより)

  • えんがわ

    えんがわから見たヒラメヒラメ

    えんがわ(縁側、エンガワ)とは、魚の部位の通称で、刺身や寿司のネタの一つ。ヒラメ、カレイの鰭(ひれ)を動かすための筋肉のことをいい、コリコリとした舌触りが好まれる。身の形が家屋の縁側に似ていることからそう呼ばれる。えんがわ フレッシュアイペディアより)

  • カレイ目

    カレイ目から見たヒラメヒラメ

    カレイ目(学名:)は、硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目14科134属で構成され、カレイ・ヒラメ・ウシノシタなど、海底で暮らす底生性の魚類を中心に678種が記載される。ごく薄い扁平な体と左右どちらか一方に偏った両眼を特徴とし、水産資源として重要な食用魚が多数含まれる。カレイ目 フレッシュアイペディアより)

  • ノカルジア症 (魚類)

    ノカルジア症 (魚類)から見たヒラメヒラメ

    ノカルジア症(ノカルジアしょう、英:nocardiosis)とはNocardia seriolae感染を原因とするブリ、カンパチ、ヒラメの感染症。躯幹部の筋肉や皮下脂肪組織に潰瘍や結節、脾臓や臓などに粟粒状の多数の結節が認められる。エリスロマイシン、スピラマイシンの経口投与が有効であると考えられている。ノカルジア症 (魚類) フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメラブドウイルス病

    ヒラメラブドウイルス病から見たヒラメヒラメ

    ヒラメラブドウイルス病(ヒラメラブドウイルスびょう、英:hirame rhabdovirus disease;HRVD)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するヒラメラブドウイルス(hirame rhabdovirus;HRV)の感染を原因とするヒラメ、クロダイ、メバルの感染症。外部所見として体表、鰭の充出血、腹部膨満、内部所見、病理所見として生殖腺の鬱血、筋肉内出血、腎臓の間質、脾臓の造血組織の広範な壊死。ヒラメラブドウイルスは5~20℃で増殖し、20℃以上では増殖しない。ヒラメラブドウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • 海上釣り堀

    海上釣り堀から見たヒラメヒラメ

    1日2回放流が行われる店舗が多く、マダイ、イサギ、ハマチ(ツバス・メジロ・ブリ)、カンパチ、ヒラマサ、イシダイ(サンバソウ)、グレ、シマアジ、スズキ(セイゴ・ハネ)、ヒラメ等がある。海上釣り堀 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤直樹 (ベーシスト)

    加藤直樹 (ベーシスト)から見たヒラメヒラメ

    釣果としてはタチウオ、イワナ、ヒラメ、クロダイ等がある。加藤直樹 (ベーシスト) フレッシュアイペディアより)

  • 松川浦漁港

    松川浦漁港から見たヒラメヒラメ

    ヒラメ - 2002年度陸揚量全国第3位松川浦漁港 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
151件中 1 - 10件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード