174件中 101 - 110件表示
  • トド

    トドから見たヒラメヒラメ

    食性は動物食で、魚類(カサゴ、シシャモ、スケトウダラ、ヒラメ、ホッケ、マダラ、メバルなど)、軟体動物(イカ、ミズダコ)などを食べる。トド フレッシュアイペディアより)

  • ホウボウ

    ホウボウから見たヒラメヒラメ

    旬は冬で、おもに底引き網で漁獲されるが、イトヨリダイやヒラメ、カレイなどと共に釣りで漁獲されることもある。ホウボウ フレッシュアイペディアより)

  • 祝島

    祝島から見たヒラメヒラメ

    1960年代ごろは、一本釣りのタイが漁獲高のトップで、「祝島鯛」は本土の高級料理店にその名が知られるほどであった。ヒラメやカレイ、タコなどもよく獲れた。祝島 フレッシュアイペディアより)

  • 平目 (将棋)

    平目 (将棋)から見たヒラメヒラメ

    まず飛車を5筋に振る。そして右銀を3八に、玉を2八に、左金を5九に、左銀を6八に動かして囲いを作る。この囲いが平目に似ていることから、この戦法の名前が付いた。平目 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 表と裏

    表と裏から見たヒラメヒラメ

    魚 - 日本では「左ヒラメに右カレイ」という言葉があり、表裏としているが、ヌマガレイのように左に顔があるものもいる。表と裏 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿嶋市

    鹿嶋市から見たヒラメヒラメ

    市に面した鹿島灘ではさまざまな海産物が獲れるが、タコやヒラメなどが有名であり、特にハマグリは全国的にも有名である。鹿嶋市 フレッシュアイペディアより)

  • 日振島

    日振島から見たヒラメヒラメ

    特産物 - ブリ、ハマチ、スルメイカ、タイ、ヒラメ、アワビ、サザエ、ヒジキ、テングサ、ナガレコ日振島 フレッシュアイペディアより)

  • 昆布締め

    昆布締めから見たヒラメヒラメ

    現在では関西でよく利用されるタイ、ヒラメ、スズキ、フグなどの白身魚を使ったものが、淡白な身と昆布のうまみとの相性が良く、人気が高い。また富山では定番のカジキ(富山では「サス」と呼ばれる)やブリなどの赤身魚、イカ、甘エビ、ホタルイカなど多くの刺身に応用できるが、脂が多い魚種では味がなじみにくいという。富山ではバリエーションの一つで白エビのむき身をおぼろ昆布で昆布締めにしたものもある。サワラのように水分が多く肉の軟らかい魚では肉質が締まるため、また旬を外れているものは旨味を補完できることから、それらの魚なら刺身よりむしろ昆布締めのほうが食味は向上する。かまぼこの食味を更に良くするため昆布で巻くこともある。昆布締め フレッシュアイペディアより)

  • 大工の源さん

    大工の源さんから見たヒラメヒラメ

    通称「源さん」。10月10日生まれのてんびん座。好きな食べ物はカツ丼、プリンアラモード、寿司(特にヒラメ)。嫌いな食べ物は特に無いがナイフとフォークを使うものが苦手。日課は1番風呂。大工の源さん フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥湾

    陸奥湾から見たヒラメヒラメ

    陸奥湾内では各所でホタテの養殖が行われ、ナマコ、ホヤ、トゲクリガニ、ヒラメなどの漁場にもなっている。しかしホタテは海水温の上昇に弱く、2010年の猛暑で養殖ホタテに被害が出た。成貝に比べ暑さにも強いとされているホタテの稚貝も相当数が死滅した。ホタテは殻付きで出荷されるほか、貝柱だけを取り出して貝殻は捨てられる場合も多い。陸奥湾沿岸には現代版の貝塚とでも言うべき高く積み上げられたホタテ貝殻の小山が存在する。陸奥湾 フレッシュアイペディアより)

174件中 101 - 110件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード