174件中 11 - 20件表示
  • ヨコエビ

    ヨコエビから見たヒラメヒラメ

    海水域および淡水域において、ヨコエビ類に高い選好性をもつ魚類が知られている。例えば、ヒラメ幼魚においてヨコエビ類(アゴナガヨコエビ科)に対して正の選択性が確認されている。ヨコエビ フレッシュアイペディアより)

  • ノカルジア症 (魚類)

    ノカルジア症 (魚類)から見たヒラメヒラメ

    ノカルジア症(ノカルジアしょう、英:nocardiosis)とはNocardia seriolae感染を原因とするブリ、カンパチ、ヒラメの感染症。躯幹部の筋肉や皮下脂肪組織に潰瘍や結節、脾臓や臓などに粟粒状の多数の結節が認められる。エリスロマイシン、スピラマイシンの経口投与が有効であると考えられている。ノカルジア症 (魚類) フレッシュアイペディアより)

  • 海上釣り堀

    海上釣り堀から見たヒラメヒラメ

    1日2回放流が行われる店舗が多く、マダイ、イサギ、ハマチ(ツバス・メジロ・ブリ)、カンパチ、ヒラマサ、イシダイ(サンバソウ)、グレ、シマアジ、スズキ(セイゴ・ハネ)、ヒラメ等がある。海上釣り堀 フレッシュアイペディアより)

  • ダブルディーラー (ダライアス外伝)

    ダブルディーラー (ダライアス外伝)から見たヒラメヒラメ

    モチーフはヒラメで、自機の進行方向に対面するように左方向を向いている。しかし、一定量のダメージを与えると、裏返ってカレイの姿になるユーモラスな特性を持つ。ダブルディーラー (ダライアス外伝) フレッシュアイペディアより)

  • イトヒキハゼ

    イトヒキハゼから見たヒラメヒラメ

    キスやマハゼなどと生息域が重なっており、それらを狙った釣りで挙がる「外道」の一つである。かかると口を大きく開けて釣りあがってきて、釣り針を外す時に噛みついてくる。毒はないがハゼにしては顎の力が強く、往々にして手に思わぬ痛みが走り、釣り人を驚かせることになる。あまり食用にはしないが、ヒラメやマゴチなどの釣り餌に使われることもある。イトヒキハゼ フレッシュアイペディアより)

  • 飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律

    飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律から見たヒラメヒラメ

    カンパチ、ヒラマサ、マアジ、シマアジ、タイリクスズキ、スズキ、クロマグロ、スギ、ヒラメ、トラフグ、クルマエビ、ヤマメ、サツキマス(アマゴ)、イワナ(ニッコウイワナ、エゾイワナ、ヤマトイワナ)飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 相原愛璃

    相原愛璃から見たヒラメヒラメ

    無表情でテンションが低く、ボソボソと起伏の無い喋り方をする不思議ちゃん。カレイ目の魚を象った髪飾りが特徴で、相手を威嚇する際に両手を頭の上に掲げて「ヒラメ、カレイ、ヒラメ、カレイ、どっちだろ♪」と歌いながら「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」のようにクネクネと踊る。特技は指パッチン、身長は164cmでスリーサイズはB 80 / W 55 / H 81。相原愛璃 フレッシュアイペディアより)

  • キダイ

    キダイから見たヒラメヒラメ

    特に日本海西部や東シナ海の沖合漁業では重要種の一つに挙げられていて、資源量も比較的安定している。釣りで漁獲されることもあるが狙って釣る人は少なく、マダイ、アマダイ、イトヨリダイ、ヒラメなど沖合いの底ものの外道として揚がる。キダイ フレッシュアイペディアより)

  • かぼすヒラメ

    かぼすヒラメから見たヒラメヒラメ

    かぼすヒラメは、大分県特産のカボスをエサに加えて育てられる養殖ヒラメである。かぼすヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • 延縄

    延縄から見たヒラメヒラメ

    底延縄は、延縄の一鉢間隔に沈子とよばれる重りをつけて、底近くに延縄を張り、底付近に生息している魚を狙う方法である。主にタラやカレイ・ヒラメ、タイなどを狙う仕掛けである。延縄 フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード