174件中 21 - 30件表示
  • クッシー

    クッシーから見たヒラメヒラメ

    アイヌの伝説にも湖に住む巨大なヘビの話(『鹿がこのヘビに丸呑みされた』など)や湖に住む巨大なアメマスやヒラメの伝承があり、これらに関連があるのではないかとも指摘されている。また、明治に本土からこの地へとやってきた開拓民も、現地のアイヌから湖の主のことを聞かされ、「湖を見ても誰にも話してはならない。話すと災いが起こる」と言われたという。そのため、開拓民も屈斜路湖で『主』を目撃しても、見て見ぬふりをしてきたとされ、地震が起こる度に湖の主の祟りと恐れたという話がある。このため、湖の怪物の存在はあまり外部に広まらなかったとされる。勿論、これがクッシーのことを指しているとは限らない。クッシー フレッシュアイペディアより)

  • トウゴロウイワシ

    トウゴロウイワシから見たヒラメヒラメ

    鱗が硬質で剥がれにくく一般に食用とはされない。釣り針にかかることも多く外道として避けられるが、食べられないわけではない。寿司ネタや干物にすると美味という。釣り上げた上でスズキやヒラメなどの大型魚を狙う生き餌に使う人もいる。トウゴロウイワシ フレッシュアイペディアより)

  • 荒浜町

    荒浜町から見たヒラメヒラメ

    特産物は阿武隈川を溯上するサケで、明治末期には年85tもの漁獲高があり、薄塩にした生鮭が盛んに贈答品に用いられたという。合併直前期の昭和28年(1953年)の統計によれば、漁業売上高は6,238万6千円で、主な漁獲品目としてカレイ・ヒラメ・カナガシラ・アナゴ・メロウド・タコが挙げられており、これに加えて牡蠣・海苔・ナマコの養殖が行われていた。荒浜町 フレッシュアイペディアより)

  • 松川浦漁港

    松川浦漁港から見たヒラメヒラメ

    ヒラメ - 2002年度陸揚量全国第3位松川浦漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 保護色

    保護色から見たヒラメヒラメ

    色々な背景で保護色を実現するために、体色を変化させることができるものがある。有名なのはカメレオンやヒラメ、タコ、イカなどである。特にタコ、イカは体型や体の表面の凹凸まで変化させる。それほどでなくとも、体色を明るくしたり、暗くしたりする程度の変化ならば、することのできるものは数多い。ただし、これらの変化は必ずしも周囲の色によってのみ決まるものではなく、気温や動物の体調などによっても変化するものが多い。保護色 フレッシュアイペディアより)

  • 回遊

    回遊から見たヒラメヒラメ

    1年のうちに外洋を数千km〜数万kmにわたって移動するクジラなどの回遊は、渡り鳥の渡りに相当するものでよく知られている。しかし広義の回遊ではスズキやヒラメのように沿岸の浅場と深場を往復する行動、またはウナギ、アユ、サケなどのように川と海を往復する行動も回遊に含む。このような広義の回遊をおこなう動物は多く、頻度や規模も多種多様である。回遊 フレッシュアイペディアより)

  • 粘液胞子虫

    粘液胞子虫から見たヒラメヒラメ

    粘液胞子虫を始めとする原虫の研究者でありアメリカに帰化した工藤六三郎 (Richard R. Kudo) に献名された属。分子系統解析に基づき、胞子に4つ以上の極嚢があるもの全てを 属に所属させることになった。筋肉組織にシストを多数形成する場合と、魚の死後にジェリーミートと呼ばれる筋肉融解を引き起こす場合とがある。世界的にはジェリーミートを引き起こす が有名である。日本では特に奄美クドア症の病原体 奄美クドア が深刻で、奄美・沖縄水域の一部でブリの養殖をすると高い確率で感染し商品価値が失われる。2010年にヒラメ、マグロに寄生するK. septempunctataを摂食したことによる食中毒事例が報告され、水産業上のみならず公衆衛生の観点からも注目されるようになっている。粘液胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • かにっこ館

    かにっこ館から見たヒラメヒラメ

    マダイ、チダイ、クロダイ、コブダイ、キジハタ、スズキ、ヒラメ、アナゴ、ダイナンウミヘビ、アカエイ、ドチザメ、トラザメなどかにっこ館 フレッシュアイペディアより)

  • 共通漁業政策

    共通漁業政策から見たヒラメヒラメ

    養殖業は世界の食糧生産においてもっとも成長が著しい分野である。2008年には世界の水産物供給の37%が養殖によってなされるに至った。EUで養殖されているのはおもにマス、サケ、ムール貝やカキで、このほかにもシーバス、タイ、砂ヒラメといったものも養殖されている。EUで養殖支援が開始されたのは1971年のことで内陸での養殖を対象にしていたが、1970年代後半にはほかの養殖分野にも対象が広げられた。EUの支援は陸上設備に対しても行われたが、大きな漁場に養殖場が造られたことで技術面や環境面での問題が生じた。水産養殖産業は養殖魚の需要が不透明であることに頭を悩ませている。共通漁業政策 フレッシュアイペディアより)

  • 沖合漁業

    沖合漁業から見たヒラメヒラメ

    ヒラメ(以西底引網漁業)沖合漁業 フレッシュアイペディアより)

174件中 21 - 30件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード