174件中 31 - 40件表示
  • コチ

    コチから見たヒラメヒラメ

    多くは腹を海底につけて生活する底生魚で、海底に貼りつくか、砂泥の中に浅く潜って海底に擬態し、獲物や敵の目をあざむく。食性は肉食性で、ゴカイ、貝類、頭足類、甲殻類、小魚など他の小型底生動物(ベントス)を捕食する。いっぽう敵はサメ、エイ、エソ、ハモ、ヒラメなどの大型肉食魚類で、小型のコチは大型のコチに捕食されることもある。コチ フレッシュアイペディアより)

  • 西山徹

    西山徹から見たヒラメヒラメ

    高校時代に初めてルアーと出会う。当時、ドジョウを餌に投げ釣りでヒラメやスズキを狙っていたが、どちらも冬期に対象魚としていたため、その時期までドジョウを生かしておいたり、冷たい水に手をつけて仕掛けを作らねばならなかった。丁度その頃、ミノータイプのルアーが全国的にわずかながら流通し始め、ドジョウの代替品として使用して実際に釣れる。しばらくして、「ドジョウタイプのミノーなら更に釣れるのでは」と考えたのが発端となり、ルアーの自作にも手をつけ始める。この頃は磯釣りにも熱中していた。西山徹 フレッシュアイペディアより)

  • ジグ (釣り)

    ジグ (釣り)から見たヒラメヒラメ

    重しとなる金属製の本体の後部に、水をかき回すためのブレードが付いている。スピナーテイルジグ、テイルスピナージグ、テイルスピンベイトなどとも呼ばれる。メタルジグ同様、淡水海水問わずブルーギル、ブラックバス、管理釣り場のトラウト、スズキ、ヒラメ、クロダイなど様々な魚種に使用されている。ジグ (釣り) フレッシュアイペディアより)

  • とりどりことり

    とりどりことりから見たヒラメヒラメ

    校内に、鯛やヒラメが泳ぐ、生簀のような池があるが、これはペンギン達のために黄場が用意したもの。とりどりことり フレッシュアイペディアより)

  • 〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」

    〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」から見たヒラメヒラメ

    平目係長 愛称・ヒラメ〜特命!沿線ご案内係〜「西武鉄道駅員タコちゃん」 フレッシュアイペディアより)

  • 大湊湾

    大湊湾から見たヒラメヒラメ

    湾内ではホタテの養殖が行われ、ナマコ、ホヤ、トゲクリガニ、ヒラメの漁場となっている。大湊湾 フレッシュアイペディアより)

  • 貝取澗温泉

    貝取澗温泉から見たヒラメヒラメ

    温泉熱を利用してアワビやヒラメの養殖も行なわれており、国民宿舎で提供されるアワビ料理は名物となっている。貝取澗温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ホッケン・ミー

    ホッケン・ミーから見たヒラメヒラメ

    クアラルンプール式ホッケン・ミーの発祥は1930年前後にさかのぼり、中華民国福建省安渓県出身の王金蓮が1927年にマレーシアに移り住み、クアラルンプールのチャイナタウンである茨廠街付近で屋台を開いて出したとされる。当初は、福建省で一般的な汁そばを主力にしたが、熱帯気候に合わず、「大地魚」と呼ばれるヒラメ類の乾物の粉末、黒い醤油を使ってうまみや濃厚な味を出し、それを麺にしみこませ、からませたものにして、人気を得た。食べる時には、好みでサンバル・ブラチャンや唐辛子ペーストを付ける。ホッケン・ミー フレッシュアイペディアより)

  • ビロクシ (ミシシッピ州)

    ビロクシ (ミシシッピ州)から見たヒラメヒラメ

    ビロクシは、水産生物学者の「豊富な水産三日月形」という言葉で表される場所の中心にあって、メキシコ湾の北海岸全体に沿って最良のスポーツフィッシングの場を提供している。釣りシーズンには、スポッティド・シートラウト(Spotted sea trout、ニベ科ナガニベ属)、鮭、スペインサバ(Spanish mackerel、サバ科サバ亜科サワラ族)、キングマッカレル(King mackerel、サバ科サバ亜科サワラ族サワラ属)、ヒラメ、フエダイ、ハタ、サメなどの釣りが楽しめる。この生態系にハリケーン・カトリーナが影響したかどうかは不明である。ビロクシ (ミシシッピ州) フレッシュアイペディアより)

  • 三瓶町

    三瓶町から見たヒラメヒラメ

    海岸線は典型的なリアス式海岸で、湾内は屈曲の変化に富んでおり、ハマチ、ヒラメ、タイ等の養殖が盛んに行われている。また、まき網漁の基地でもある。三瓶町 フレッシュアイペディアより)

174件中 31 - 40件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード