151件中 31 - 40件表示
  • 薬缶 (落語)

    薬缶 (落語)から見た平目ヒラメ

    「じゃあ、『平目』は?」薬缶 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 活け締め

    活け締めから見たヒラメヒラメ

    魚を活け締めした場合、自然死させた場合と比較して長期間鮮度を保つことができ、また味も良くなる。活け締めの方法は魚により異なり、例えばヒラメやマダイでは目の後ろにある魚の急所に手鉤を打ち込み気絶させた後、延髄や尾の付け根に切れ目を入れその後血抜きする。マグロの場合、延髄に螺旋状の針を入れて神経を破壊し、さらに血抜きをして、エラと内臓を外して水の中に入れる。上手に活け締めが行われると、魚は鰭を一瞬跳ね上がらせた後、安静状態になり全ての動きを止める。活け締め フレッシュアイペディアより)

  • 矢状面

    矢状面から見たヒラメヒラメ

    ヒラメなどわずかな例外を除き、鉛直面である。矢状面 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県立海洋高等学校

    新潟県立海洋高等学校から見たヒラメヒラメ

    能生漁港構内にある「栽培漁業臨海実習センター」でヒラメやオニオコゼの養殖実習を行う。また、近年は日本海でマコンブの養殖実習にも成功している。新潟県立海洋高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 司法行政権

    司法行政権から見たヒラメヒラメ

    このため、日本国憲法76条の3に定められている「裁判官の独立」は有名無実のものとなっており、日本の裁判所では、人事面で最高裁判所事務総局から冷遇されることを恐れて、絶えず最高裁判所事務総局の意向を気にしながら権力者に都合の良い判決ばかりを書く裁判官(通称:ヒラメ裁判官)が大量に生み出されているのが実状であると批判されている。多くの場合、日本の裁判官が日本国憲法76条の3に基づいて良心的な判決を書くことができるのは、自身の定年が間近となり、最高裁判所事務総局からの転勤命令に振り回される心配がなくなった時だけであるとも言われている。司法行政権 フレッシュアイペディアより)

  • 阿児町安乗

    阿児町安乗から見たヒラメヒラメ

    太平洋岸では春から夏にかけてクルマエビ・アジ・サバ・イサキなど、秋から冬にかけてイセエビ・ヒラメ・トラフグ(あのりふぐ)が漁獲され、的矢湾では真珠やアオノリ(あおさ、ヒトエグサ)が養殖されている。湾内では外洋に比べれば漁獲量は少なく、丸瀬浦・阿瀬浦で小資本で行えるカキの養殖が導入されている。阿児町安乗 フレッシュアイペディアより)

  • ジグ (釣り)

    ジグ (釣り)から見たヒラメヒラメ

    重しとなる金属製の本体の後部に、水をかき回すためのブレードが付いている。スピナーテイルジグ、テイルスピナージグ、テイルスピンベイトなどとも呼ばれる。メタルジグ同様、淡水海水問わずブルーギル、ブラックバス、管理釣り場のトラウト、スズキ、ヒラメ、クロダイなど様々な魚種に使用されている。ジグ (釣り) フレッシュアイペディアより)

  • 大湊湾

    大湊湾から見たヒラメヒラメ

    湾内ではホタテの養殖が行われ、ナマコ、ホヤ、トゲクリガニ、ヒラメの漁場となっている。大湊湾 フレッシュアイペディアより)

  • ルアーフィッシング

    ルアーフィッシングから見たヒラメヒラメ

    ルアーは小魚や小動物を模したものであるため、これらを捕食する肉食魚や雑食魚であれば、理屈の上では(難易度はともかく)全て対象魚となり得る。日本で人気のある魚種は、淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョ、ナマズ、海水ではスズキ(シーバス)、マダイ、チヌ、シイラ、カツオ、マグロ、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、カンパチ、メバル、カサゴ、アイナメ、イカ類、アジなどがある。ルアーフィッシング フレッシュアイペディアより)

  • 明応地震

    明応地震から見たヒラメヒラメ

    仁科では海岸から十八九町(約2km)内陸まで津波が到達したという(『増訂豆州志稿』)。八木沢の妙蔵寺(現・伊豆市)には宝永津波が標高約20mの大門まで来たとする伝承があり、境内の杉に海草がかかったとも伝えられている。この伝承は伊豆半島西海岸で余り被害の出なかった宝永津波ではなく明応津波の可能性も考えられるとされる。沼津市戸田地区の平目平にはヒラメが打ち上げられた伝承が存在し、平目平の標高から津波の遡上高は36mに達した可能性が指摘されている。明応地震 フレッシュアイペディアより)

151件中 31 - 40件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード