174件中 41 - 50件表示
  • アミ (甲殻類)

    アミ (甲殻類)から見たヒラメヒラメ

    アミ科の種は、砂浜や藻場・干潟などに非常な高密度で分布することがあり、生態系の中で大きな役割を果たす。魚類や鳥類などの餌としても重要で、例えば、稚魚期のヒラメはアミを主な餌としており、環境中のアミの量によって成長が異なることが知られている。アミ (甲殻類) フレッシュアイペディアより)

  • ウミテング

    ウミテングから見たヒラメヒラメ

    普段はカレイやヒラメのように海底でじっとしていることが多く、地味な体色を近くの岩などの地形や、砂地に合わせ、保護色としている。ウミテング フレッシュアイペディアより)

  • 自然選択説

    自然選択説から見たヒラメヒラメ

    その一方で、ドーキンスのあげた例は、「不完全な性質であっても無意味でないもの」を抽出したに過ぎないという意見もある。例えばカレイやヒラメのような身体の片方に両眼が寄った形態は、現在のような「完全な状態」であれば意味があるが、進化の過程としての中途半端に片側に眼が寄りつつある状態は、その生物の生存のためにどういった役に立つのか、という疑問点がある。自然選択説 フレッシュアイペディアより)

  • バイオラボトット

    バイオラボトットから見たヒラメヒラメ

    東京農業大学との閉鎖空間での水替えを無くしたヒラメの養殖実験(平成13年2月28日当時東京農業大学 理学博士・中村武久との共同研究報告書 研究開発テーマ「バクテリア高度利用の循環型高性能濾過装置」)においても成功。バイオラボトット フレッシュアイペディアより)

  • ウシノシタ

    ウシノシタから見たヒラメヒラメ

    ヒラメとはまったく異なる種の魚であるが、体が平たく両目がヒラメのように片側にだけついているので、主に関東を中心にシタビラメと呼ばれる。一方、英名のSoleや学名のSoleaは「靴底」を意味する語であり、日本の地方名にも同義のものが多い。例えば、九州の有明海・八代海沿岸地域では「くちぞこ」・「つぞこ」と呼び、岡山県や香川県など瀬戸内地方では主にアカシタビラメを中心に「ゲタ」と呼ばれる。ウシノシタ フレッシュアイペディアより)

  • 湯 (中華料理)

    湯 (中華料理)から見たヒラメヒラメ

    牛、豚、鶏の肉や骨、中華ハム、乾し鮑、乾し貝柱、乾しアゲマキガイ、スルメ、ヒラメの干物などを使用する。湯 (中華料理) フレッシュアイペディアより)

  • ゼレノグラーツク

    ゼレノグラーツクから見たヒラメヒラメ

    19世紀に入り、クランツの漁村は東プロイセンの海岸地帯におけるプロイセン王国きってのリゾート地となった。特に1885年にケーニヒスベルクとを結ぶ鉄道が開通すると発展が加速した。海岸にプロムナードが設けられた1816年から1895年までは「das königliche Bad」、「王の温泉」とも呼ばれていた。観光客が増える一方で、漁業も相変わらず盛んであり、燻製にしたヒラメが名産であった。第二次世界大戦開戦前の人口は6,000人を数えたが、都市法が適用される町ではなかった。ゼレノグラーツク フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT55

    ブラバム・BT55から見たヒラメヒラメ

    BT55の開発にあたり、設計者のマレーは徹底して車体の全高を低くするコンセプトを打ち出した。シャーシサイドはドライバーの肩が露出するほど異様に低く、ステアリングはフロントタイヤの高さよりも下にあり、ドライバーは寝そべるような格好で搭乗した。直列4気筒エンジンはV型エンジンに比べると全高が高くなってしまうので、BMWが左に72度傾いたM12/13/1エンジンを開発した。クランクシャフトが車体中央線からずれるため、ヴァイズマンが専用7速ミッションを開発した。コクピット後方の燃料タンクも横長になったので、ホイールベースが延長された。BT55の平たい特異なフォルムは「フラットフィッシュ(ヒラメ)」「ローライン」「スケートボード」などと呼ばれた。ブラバム・BT55 フレッシュアイペディアより)

  • エリートヤンキー

    エリートヤンキーから見たヒラメヒラメ

    身長差が25cmもあるにも関わらず、座ると座高が一緒。浅草花月の出番の際にはつかみに使うこともある。橘はこのことを「怪奇現象」や、「簡単なテーブルマジック」と述べている。身長165cmの成人男性の平均座高が88cm程度なのに対し、橘の座高は93cm(ライスのシチサンLIVEより)。オオサンショウウオもしくは特大のヒラメと同じような体型とのこと。エリートヤンキー フレッシュアイペディアより)

  • 香良洲町

    香良洲町から見たヒラメヒラメ

    1975年(昭和50年)の漁家数は385戸で、農家数を上回っていた。カレイ・サバ・ヒラメ・マアジ・貝類の漁獲が多く、イカナゴ・エビ・カタクチイワシの漁獲高は1965年(昭和40年)を頂点として減少している。香良洲町 フレッシュアイペディアより)

174件中 41 - 50件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード