174件中 51 - 60件表示
  • 広東料理

    広東料理から見たヒラメヒラメ

    潮州料理から取り入れられたフカヒレや燕の巣を始め、貝柱、カキ、ヒラメの干物など、海産の乾物のうま味をとりいれ、総じて薄味で、素材のうま味を生かす料理が多い。調味料として、基本として砂糖、塩、コショウ、醤油、米の醸造酒とスープを用い、ショウガ、ネギで風味を加え、油や水溶き片栗粉で照りを加える。他に食材に合わせて、オイスターソース、XO醤、魚醤、蝦醤、酢、ニンニク、腐乳、八角、豆豉なども用いられる。海鮮や高級食材を多用することから高価な料理もあり、経済発展が続いている中国国内の各都市でも、広東料理店は増えている。広東料理 フレッシュアイペディアより)

  • 鯛の鯛

    鯛の鯛から見たヒラメヒラメ

    鯛の中にあるもの、とりわけマダイのものが最も形が美しいのと、何れの魚の場合もこの部分はその魚ではなく鯛に似るためか、どの硬骨魚のこの部分も「鯛の鯛」と称する。但し「鰯の鰯」、「ヒラメのヒラメ」のようにその魚の呼称を重ねて呼ぶ場合もある。鯛の鯛 フレッシュアイペディアより)

  • 神童 (漫画)

    神童 (漫画)から見たヒラメヒラメ

    世界的な巨匠ピアニストで、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番のソリストとして妻のワンダと専属ピアノ調律師長谷川を連れて初来日する。パリ音楽院時代の親友でもあった御子柴教授の引き合わせでうたと仲良くなる(前日にうたがホテルの部屋に侵入する一騒動があった)。コンサート当日ホテルの食事でヒラメの小骨が喉にひっかかったため弾かないと言い出し、自分の代演奏者としてうたを指名する。業界ではキャンセル魔としても有名。子供のような性格で、おもちゃとパフェとかくれんぼが大好き。愛用するピアノはスタインウェイCD150で、演奏の度に運んで長谷川に調律を任せている。またユダヤ系であり、迫害によるトラウマを持つ。来日の本当の理由は御子柴教授とディズニーランドに連れて行ってもらう約束をしたため。神童 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • スポンジ・ボブのキャラクター

    スポンジ・ボブのキャラクターから見たヒラメヒラメ

    最初は『サンディのロケット』から登場していたが、『いじめっ子』の登場作では、船教習所の新入生として入学してきた、大柄で意地悪なヒラメ。初めは級友を全員ぶっ飛ばそうとしたが、スポンジ・ボブの隣に座ったのと、彼が声をかけたことで、スポンジ・ボブのみをぶっ飛ばそうとした。スポンジ・ボブの柔らかい体にはパンチが効かず、1日中殴り続けた末に倒れてしまった。ただし、悪いことをして殴っている訳ではなくマッサージをしているみたいと思われて、強いパンチが無効となっていた。一度だけ車に乗っていた父親も登場する。スポンジ・ボブのキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 薬缶 (落語)

    薬缶 (落語)から見た平目ヒラメ

    「じゃあ、『平目』は?」薬缶 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • えんがわ

    えんがわから見たヒラメヒラメ

    えんがわ(縁側、エンガワ)とは、魚の部位の通称で、刺身や寿司のネタの一つ。ヒラメ、カレイの鰭(ひれ)を動かすための筋肉のことをいい、コリコリとした舌触りが好まれる。身の形が家屋の縁側に似ていることからそう呼ばれる。えんがわ フレッシュアイペディアより)

  • 江戸料理

    江戸料理から見たヒラメヒラメ

    江戸近郊の野菜や、江戸前の新鮮な魚介を使用した料理が多い。江戸時代の日本橋周辺では養殖も盛んであり、鯛・平目・海老の生け簀が多くあった。江戸料理 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー料理

    ベルギー料理から見たヒラメヒラメ

    魚介類では、ニシン、タラ、ヒラメ、ウナギ、マス、クルヴェットと呼ばれる小エビ、ムール貝、ホタテなど。エスカルゴも食べる。ムール貝の白ワイン煮とニシンの酢漬けとシタビラメのムニエルがある。特にムール貝はフライドポテトを添え、大鍋に入れて供される。ベルギー料理 フレッシュアイペディアより)

  • 皮膚

    皮膚から見たヒラメヒラメ

    魚類や両生類・爬虫類の皮膚からもメラニンは発見されているが、表皮は比較的無色のものが多い。実際に見えている体の色は真皮の色素胞のものである場合が多く、メラニン以外にもグアニンやカロテノイド色素が含まれている事もある。カメレオンやヒラメなど多くの種が、この色素胞の大きさを変えてカモフラージュをする。皮膚 フレッシュアイペディアより)

  • コラーゲン

    コラーゲンから見たヒラメヒラメ

    コラーゲンペプタイドとも呼ばれる。コラーゲンを酵素処理で分解し、低分子化したもので、食品として摂取した場合、体内でアミノ酸に分解しやすいため、吸収性が高められている。ゼラチン同様に水溶性を持つが、ゼラチンのように低温でゲル化させる性質はない。健康食品として摂取されたり、保湿性があるために、化粧品原料にも用いられる。原料として、ウシ、ブタなどの家畜の他に、ヒラメ、サケ、スズキなどの魚類の皮や鱗を使う例が多い。産業原料として、粉末の他、水溶液で流通する場合もある。コラーゲン フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード