174件中 61 - 70件表示
  • 白浜町 (千葉県)

    白浜町 (千葉県)から見たヒラメヒラメ

    しかし、アワビの漁獲量の減少が進んだことから、千葉県水産部が当地でアワビの一環養殖の研究に全国で初めて着手し、岩磯の増殖溝で波の力を利用したアワビ増殖や、千葉県がアワビやヒラメなどの稚魚・稚貝の養殖を手掛ける施設を1995年(平成7年)6月に完成させるなど養殖漁業への転換を図っている。白浜町 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅てっくいランド大成

    道の駅てっくいランド大成から見たヒラメヒラメ

    駅名の「てっくい」とはヒラメのこの地方の呼び方で、マスコットキャラクターもヒラメの「てっ平」くんと「ひらら」ちゃんである。道の駅てっくいランド大成 フレッシュアイペディアより)

  • 堺水族館

    堺水族館から見たヒラメヒラメ

    第12号槽【砂の海底槽】:ヒラメ、マツカカレイ(マツカレイか?)、イシガレイ、メダカガレイ、イナ、マス、イシダイ、ガンギエイ、アカエイ、アナゴ、クロアナゴ、ヨウジ、ナワマキ(?)、カブトガニ、ヘンピ(?)。(シビレエイ、メイタカレイ、マコガレイ、イカナゴ)堺水族館 フレッシュアイペディアより)

  • マグロ

    マグロから見たヒラメヒラメ

    ヒラメで食中毒事例が報告されている寄生虫のクドア属の粘液胞子虫Kudoa septempunctata に近縁の Kudoa grammatorcyni と Kudoa scomberomori、Kudoa neothunni が、日本近海産のマグロからも検出されている。2014年時点でマグロに寄生するクドア属粘液胞子虫と食中毒の科学的な証明はされていないが、食中毒報告体制が充実した2011年頃から原因不明の食中毒が報告され、調査からはメジマグロが原因と考えられる症例が報道されている。なお、東京都健康安全研究センターから疑い事例から Kudoa sp. BPT の検出が報告されている。新潟県の事例では、Kudoa hexapunctata が検出されている。マグロ フレッシュアイペディアより)

  • エストニア料理

    エストニア料理から見たヒラメヒラメ

    バルト海、フィンランド湾、リガ湾に面し、漁業が盛んな国家である。イワシ、ニシン、ヒラメ、スズキ、ウグイ、タラ、サケ、ウナギ、アナゴ、キンメダイなどが食べられ、淡水魚ではカマス、ワカサギ、マス、ザリガニなどが食べられる。燻製や干し魚に加工することも多い。近隣諸国では魚のにおいを消すために、ニンニクやネギの仲間を大量に使う傾向にあるが、エストニアではほとんど使われず、魚の風味を引き立てる優しい香りのディルや甘いポロネギが好まれている。牛乳、スメタナととろみ付けの小麦粉、野菜を加えたスープ料理として調理することが多い。ラードや卵も加えられる。エストニア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たひらめヒラメ

    旧蒲江町:干魚、緋扇貝、真珠、豊の活ぷり、ひらめ、豚、電照菊、トコブシ、いちご、ハウスみかん、ハウスびわ、アスパラガス一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村城

    谷村城から見たヒラメヒラメ

    動物遺体は谷村陣屋が存在した19世紀段階のもので、貝類はアワビ、サザエ、カワニナ、サトウガイ、サルボウガイ、イタヤガイ科、マガキ、シジミ属、アサリ、ハマグリが出土している。魚類はコイ科、サケ科、サヨリ属、ホウボウ科、ブリ属、マダイ、ベラ科、ソウダガツオ属、マグロ属、ヒラメ、カレイ科が出土している。鳥類はキジ科のみが出土し、哺乳類はヒト、ウマ、イノシシ、ニホンジカ、ノウサギが出土している。谷村城 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ズムワルト

    ジェームス・ズムワルトから見た平目ヒラメ

    高校生のとき、日本で初めてかき氷を食べ、そのおいしさに惹かれ、それ以来ズムワルトの好物の一つとなった。また、鮨も好物の一つである。高校時代に日本で初めて鮨屋を訪れた際は、魚介類を加熱せずに生で食べるという習慣に怯えたものの、赤身、いくら、鯖、平目などが気に入り、平気で食べられるようになった。その後、大学生として再来日した際は、値段が高いので鮨屋に行くのを我慢していた。しかし、日本人の友人から回転寿司の存在を聞き、それから足繁く通うようになった。ジェームス・ズムワルト フレッシュアイペディアより)

  • シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール

    シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールから見たヒラメヒラメ

    あるとき、タレーランは2匹の大きなヒラメを入手した。これは、当時としては大富豪でもなければ不可能なことだった。さっそく客たちにふるまうことにしたが、しかし2匹同時に食卓に出せば自慢と受け取られ、反発されることも予想される。そこでタレーランはあらかじめ使用人に指示して、1匹目のヒラメ料理を客たちの目前でわざと皿から落とさせて台無しにしてしまった。楽しみにしていたヒラメ料理を食べ損ねて客たちが落胆した所に、タレーランはすかさず2匹目のヒラメ料理を持って来させたため、客たちは大いに歓喜したと言われる。シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール フレッシュアイペディアより)

  • チャレンジャー海淵

    チャレンジャー海淵から見たヒラメヒラメ

    1960年1月23日、オーギュスト・ピカールが開発しアメリカ海軍が運航する潜水艇(バチスカーフ)「トリエステ号」に大尉とオーギュストの息子ジャック・ピカールが搭乗してマリアナ海溝深部を目指した。バチスカーフは鋼鉄の重りとガソリンの浮力装置を用いて深度を調整できるよう設計されていた。二人は人類の到達した最深記録を達成した。世界記録であることは間違いないが、その正確な深度については諸説あり、確証が得られていない。二人は海溝の底に到達したといい、その時バチスカーフ内部の水深計が示していたのは(後にと修正)だったと主張している。さらに二人は海溝の底でヒラメやエビなどの生物が生息しているのを発見して驚いたという。チャレンジャー海淵 フレッシュアイペディアより)

174件中 61 - 70件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード