151件中 61 - 70件表示
  • マリアナ海溝

    マリアナ海溝から見たヒラメヒラメ

    1960年1月23日、アメリカ海軍の協力のもとにオーギュスト・ピカールが開発した潜水艇(バチスカーフ)「トリエステ号」にドン・ウォルシュ大尉とオーギュストの息子ジャック・ピカールが搭乗してマリアナ海溝深部を目指した。バチスカーフは鋼鉄の重りとガソリンの浮力装置を用いて深度を調整できるよう設計されていた。二人は人類の到達した最深記録を達成した。世界記録であることは間違いないが、その正確な深度については諸説あり、確証が得られていない。二人は海溝の底に到達したといい、その時バチスカーフ内部の水深計が示していたのは(後にと修正)だったと主張している。さらに二人は海溝の底でヒラメやエビなどの生物が生息しているのを発見して驚いたという。マリアナ海溝 フレッシュアイペディアより)

  • 飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律

    飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律から見たヒラメヒラメ

    カンパチ、ヒラマサ、マアジ、シマアジ、タイリクスズキ、スズキ、クロマグロ、スギ、ヒラメ、トラフグ、クルマエビ、ヤマメ、サツキマス(アマゴ)、イワナ(ニッコウイワナ、エゾイワナ、ヤマトイワナ)飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • ウミテング

    ウミテングから見たヒラメヒラメ

    普段はカレイやヒラメのように海底でじっとしていることが多く、地味な体色を近くの岩などの地形や、砂地に合わせ、保護色としている。ウミテング フレッシュアイペディアより)

  • ゼレノグラーツク

    ゼレノグラーツクから見たヒラメヒラメ

    19世紀に入り、クランツの漁村は東プロイセンの海岸地帯におけるプロイセン王国きってのリゾート地となった。特に1885年にケーニヒスベルクとを結ぶ鉄道が開通すると発展が加速した。海岸にプロムナードが設けられた1816年から1895年までは「das königliche Bad」、「王の温泉」とも呼ばれていた。観光客が増える一方で、漁業も相変わらず盛んであり、燻製にしたヒラメが名産であった。第二次世界大戦開戦前の人口は6,000人を数えたが、都市法が適用される町ではなかった。ゼレノグラーツク フレッシュアイペディアより)

  • 荒浜町

    荒浜町から見たヒラメヒラメ

    特産物は阿武隈川を溯上するサケで、明治末期には年85tもの漁獲高があり、薄塩にした生鮭が盛んに贈答品に用いられたという。合併直前期の昭和28年(1953年)の統計によれば、漁業売上高は6,238万6千円で、主な漁獲品目としてカレイ・ヒラメ・カナガシラ・アナゴ・メロウド・タコが挙げられており、これに加えて牡蠣・海苔・ナマコの養殖が行われていた。荒浜町 フレッシュアイペディアより)

  • 鱗

    から見たヒラメヒラメ

    これらの鱗は一般に薄片状で、コラーゲン線維でできた線維層の上に硬い骨質層が重なっている。円鱗はマイワシ、コイ、サケなどに見られ、櫛鱗はスズキ、マダイなどに見られる。ヒラメでは有眼側(眼のあるほうの体側)が櫛鱗、無眼側(眼のないほうの体側)が円鱗になっている。アジなどで見られる鋭い突起をもつ鱗は稜鱗と呼ばれる。このほかにもさまざまに変形した鱗がある。ハコフグの硬い体表や、ハリセンボンの棘も鱗が変形したものである。 フレッシュアイペディアより)

  • 粘液胞子虫

    粘液胞子虫から見たヒラメヒラメ

    粘液胞子虫を始めとする原虫の研究者でありアメリカに帰化した工藤六三郎 (Richard R. Kudo) に献名された属。分子系統解析に基づき、胞子に4つ以上の極嚢があるもの全てを 属に所属させることになった。筋肉組織にシストを多数形成する場合と、魚の死後にジェリーミートと呼ばれる筋肉融解を引き起こす場合とがある。世界的にはジェリーミートを引き起こす が有名である。日本では特に奄美クドア症の病原体 奄美クドア が深刻で、奄美・沖縄水域の一部でブリの養殖をすると高い確率で感染し商品価値が失われる。2010年にヒラメに寄生するK. septempunctataを摂食したことによる食中毒事例が多発し、水産業上のみならず公衆衛生の観点からも注目されるようになっている。粘液胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 小呂島

    小呂島から見たヒラメヒラメ

    周囲3.3kmの玄武岩を基盤とした孤島である。南北に2つの峰があり、南の標高109.3 mの峰が島の最高峰で、嶽の宮神社が位置する。島の周囲は玄武岩の断崖絶壁で、一部に海蝕洞がみられる。南端に岩礫堆積平地があり、ここに集落が営まれる。島周辺には対馬暖流が流れており、比較的気候は温暖で、嶽の宮神社の境内には、ソテツ、ビンロウジュ、フェニックスなどの熱帯性植物が繁茂している。このほか、島の大半を松林が占め、それを開拓した畑地や広葉樹林が島の中央から南部の斜面に見られる。また、アジ、サバ、ヒラメなどが島の漁業を支えている。小呂島 フレッシュアイペディアより)

  • 堺水族館

    堺水族館から見たヒラメヒラメ

    第12号槽【砂の海底槽】:ヒラメ、マツカカレイ(マツカレイか?)、イシガレイ、メダカガレイ、イナ、マス、イシダイ、ガンギエイ、アカエイ、アナゴ、クロアナゴ、ヨウジ、ナワマキ(?)、カブトガニ、ヘンピ(?)。(シビレエイ、メイタカレイ、マコガレイ、イカナゴ)堺水族館 フレッシュアイペディアより)

  • トド

    トドから見たヒラメヒラメ

    食性は動物食で、魚類(カサゴ、シシャモ、スケトウダラ、ヒラメ、ホッケ、マダラ、メバルなど)、軟体動物(イカ、ミズダコ)などを食べる。トド フレッシュアイペディアより)

151件中 61 - 70件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード