174件中 71 - 80件表示
  • ポルシェ・908

    ポルシェ・908から見たヒラメヒラメ

    シーズン後半戦のニュルブルクリンクでは風洞実験で改良された新型ボディが登場した。このボディは前後フェンダーアーチ間の抑揚がなくなり、のっぺりした印象から"Flounder"(ヒラメ)というニックネームで呼ばれた。他にも操縦席のウィンドスクリーンがなくなり、エンジン上方の開口部が閉じられたという違いもあった。ポルシェ・908 フレッシュアイペディアより)

  • 司法行政権

    司法行政権から見たヒラメヒラメ

    日本国憲法第80条第1項では「下級裁判所の裁判官は任期を10年とし、再任されることができる」と規定しているが、これを行使する権限は本来主権者であるはずの一般国民には与えられず、すべて事務総局が独占しているため、日本の裁判官たちは任官後10年ごとに事務総局からの再任拒否を受ける恐れがある。また、事務総局は裁判官たちの人事等に関する権限を利用することにより、刑事裁判で無罪判決を出した裁判官や、行政裁判で住民側の訴えを認める判決を出した裁判官を下位の勤務地へ左遷するなど、日本国内の全ての裁判官に対する間接的な司法介入を公然と行っている。このため、日本国憲法第76条第3項に定められている「裁判官の独立」は大日本帝国憲法の時代と何ら変わることなく有名無実のままとなっており、日本の裁判所では、人事面や給与面で事務総局から冷遇されることを恐れて、絶えず事務総局の意向を気にしながら権力者側に都合の良い判決ばかりを書く裁判官(通称:ヒラメ裁判官)が大量に生み出されているのが現状であると批判されている。多くの場合、日本の裁判官が日本国憲法第76条第3項に基づいて良心的な判決を書くことができるのは、自分の定年が間近となり、事務総局からの転勤命令に振り回される心配がなくなった時だけであるとも言われている。司法行政権 フレッシュアイペディアより)

  • モビルファイター

    モビルファイターから見たヒラメヒラメ

    ネオデンマーク所属のガンダム。ガンダム連合の一員としてマーメイドガンダムと共に登場。カニやエビ、アンコウ、タコやヒラメ、エイといった海洋生物を模しているMF群である。モビルファイター フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たヒラメヒラメ

    2006年の暮れ、上海と北京の当局者はヒラメを調査していたところ、基準値を超えた違法な化学物質を含んでいるのを発見した。現在、中国の年間生産高は4万トンである。ある養殖業者はヒラメの免疫システムが弱くなってからは生産性を維持するために禁止された薬品を使い始めた。彼らはヒラメの病気を予防する十分な養殖技術を持っていないためである。上海市食品薬品監督管理局の当局者は魚のメタボロームに発癌性があるニトロフランが含まれているのを発見し、北京ではマラカイトグリーンを含む薬品を含んだ魚が見つかった。杭州市を含む他の都市ではヒラメの調査を開始し、山東省からのヒラメの仕入れを禁止した。上海や北京、香港の多くのレストランでは当局がヒラメに高濃度の違法な抗生物質が含まれているのを発見してからはヒラメを仕入れるのをやめた。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • マリアナ海溝

    マリアナ海溝から見たヒラメヒラメ

    1960年1月23日、アメリカ海軍の協力のもとにオーギュスト・ピカールが開発した潜水艇(バチスカーフ)「トリエステ号」にドン・ウォルシュ大尉とオーギュストの息子ジャック・ピカールが搭乗してマリアナ海溝深部を目指した。バチスカーフは鋼鉄の重りとガソリンの浮力装置を用いて深度を調整できるよう設計されていた。二人は人類の到達した最深記録を達成した。世界記録であることは間違いないが、その正確な深度については諸説あり、確証が得られていない。二人は海溝の底に到達したといい、その時バチスカーフ内部の水深計が示していたのは(後にと修正)だったと主張している。さらに二人は海溝の底でヒラメやエビなどの生物が生息しているのを発見して驚いたという。マリアナ海溝 フレッシュアイペディアより)

  • 矢状面

    矢状面から見たヒラメヒラメ

    ヒラメなどわずかな例外を除き、鉛直面である。矢状面 フレッシュアイペディアより)

  • 宮古湾

    宮古湾から見たヒラメヒラメ

    宮古港は特にサケの水揚げが多く、本州内では1位(2013年)。タラの水揚げも全国1位(2011年)。養殖業としては、湾内でワカメ、コンブ、ノリ、ホタテ、カキなどの養殖が行われている。アワビは水揚げ量では全国10位程度だが、卸売価格では全国2位(2011年)。このほか栽培漁業としてニシン、クロソイ、ヒラメ、ホシガレイなどの稚魚の上流が行われている。宮古湾 フレッシュアイペディアより)

  • 島牧村

    島牧村から見たヒラメヒラメ

    古くはニシン漁で栄え、現在はヒラメ・カレイ・ホッケなどの刺し網漁、サケ定置網漁、タコ、エビ漁等が盛んである。イカナゴ(地元名:コウナゴ又はコナゴ)は隣接する寿都町よりも漁獲量が多い、景観を生かした観光に力を入れている土地柄でもあり、村内には直売店や民宿を兼ねる漁家も多い。島牧村 フレッシュアイペディアより)

  • 海のぬし釣り

    海のぬし釣りから見たヒラメヒラメ

    沿岸で釣れる主な魚 - マダイ、サワラ、タチウオ、ヒラメ、チダイ、アカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイ、ウマヅラハギ、カワハギ、オニオコゼ、ガンギエイ、カレイ、マフグ、アカカマス、カイワリ、ソイ、コウイカ、ヤリイカ、マダコ、イイダコ、ワタリガニ、シャコ海のぬし釣り フレッシュアイペディアより)

  • ハリバット (潜水艦)

    ハリバット (潜水艦)から見たヒラメヒラメ

    ハリバット (USS Halibut, SS-232) は、アメリカ海軍の潜水艦。ガトー級の一隻。艦名はカレイ目最大種のオヒョウ属2種を中心に、広義にはヒラメ・カラスガレイなど1メートルを超える大型種の通称に由来する。同名のアメリカ軍艦(USS Halibut)としては初代。ハリバット (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

174件中 71 - 80件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード