174件中 81 - 90件表示
  • 長崎漁港

    長崎漁港から見たヒラメヒラメ

    ヒラメ - 2002年全国陸揚量第2位長崎漁港 フレッシュアイペディアより)

  • ラトビア料理

    ラトビア料理から見たヒラメヒラメ

    20世紀初めまで、ラトビア人とリーヴ人の主な職業は農耕と漁業であり、したがって食材のほとんどは農地から得られた。食事の基本はRupjmaize(ライ麦パン)と様々な料理 - 穀物、豆、根菜および野菜、牛乳と蜂蜜、加えて肉または脂肪であった。キノコとベリーは森からの恵みであった。沿岸では魚が食事の重要な位置にあった。ニシン、スプラット、タラ、マナガツオ、ヒラメなどの魚を獲る。ニシンは通常タマネギを加えてミルク煮にした。串を挿して炭で調理することもあった。下処理し、塩漬けして干物にする。ヒラメは主に燻製される。食事ではニシンが特に重要であり、市場で樽買いした。年間に2から3樽のニシンを消費した。秋には牛 - 豚、子牛、子羊など - を屠畜する。肉は冬にも消費され、夏の作業 - 草刈り用にはほとんど残らない。ラトビア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 築地魚河岸三代目

    築地魚河岸三代目から見たヒラメヒラメ

    江戸前の心 〈ヒラメ・オヒョウ・アサリ・シタビラメ〉築地魚河岸三代目 フレッシュアイペディアより)

  • 深海魚のアンコさん

    深海魚のアンコさんから見たヒラメヒラメ

    ヒラメの人魚の少女。アンコと同じ学校に通う。深海魚のアンコさん フレッシュアイペディアより)

  • ルアーフィッシング

    ルアーフィッシングから見たヒラメヒラメ

    ルアーは小魚や小動物を模しているため、これらを捕食する肉食魚や雑食魚であれば、理屈の上では(難易度はともかく)全て対象魚となり得る。日本で人気のある魚種は、淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョ、ナマズ、海水ではスズキ(シーバス)、マダイ、チヌ、シイラ、カツオ、マグロ、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、カンパチ、メバル、カサゴ、アイナメ、イカ類、アジなどがある。ルアーフィッシング フレッシュアイペディアより)

  • ロングアイランド湾

    ロングアイランド湾から見たヒラメヒラメ

    ロングアイランドは良い漁場として知られ、古くから漁業や娯楽としての釣りが盛んだった。カキ、ロブスター、ホタテガイ、ヒラメ、ストライプドバス、青魚をつることができる。しかし、近年はその数が減っている。漁業関係者などは、問題を改善する努力を続けている。ロングアイランド湾 フレッシュアイペディアより)

  • トリエステ (潜水艇)

    トリエステ (潜水艇)から見たヒラメヒラメ

    海底でピカールとウォルシュは小型のウシノシタ(シタビラメ)やヒラメのような魚類を発見し、あらゆる海洋のうちで最も苛烈な水圧下でも脊椎動物が生息することを明らかにした。海底は珪藻土の軟泥からなることが観察された。トリエステ (潜水艇) フレッシュアイペディアより)

  • ブイヤベース

    ブイヤベースから見たヒラメヒラメ

    鯛、ヒラメ、オマール海老、ムール貝類、タコ、イカ、は入れない。ブイヤベース フレッシュアイペディアより)

  • 積丹半島

    積丹半島から見たヒラメヒラメ

    近辺は魚介類が豊富であり、ヒラメ、イカ、ウニ、スケトウダラ(タラコ加工も盛ん)などが名物である。江戸時代後期から昭和初期にかけては檜山や留萌と同様、ニシン漁でも知られ、一帯はソーラン節の発祥地でもある。積丹半島 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナン・ポワン

    フェルナン・ポワンから見たひらめヒラメ

    ひらめ(チュルボ)(Turbot)の蒸し煮シャンパーニュ風味フェルナン・ポワン フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード