37件中 11 - 20件表示
  • ヒラメ

    ヒラメから見た千島列島

    太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが特徴である(ただし、頭部の左側に目を持つカレイも存在するので、目が頭部の左側にあるもの全てがヒラメというわけではない)。海底で両目のある体の左側を上に向けて生活しているため、ヒラメの両目は常に上の方を向いていることになる。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た市場

    一方、養殖物と天然物のヒラメは上記腹側の黒い文様以外外形上はなんら差異はないが、天然物や食味を尊重する市場では養殖物は安値で取引される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たムニエル

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た樺太

    太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが特徴である(ただし、頭部の左側に目を持つカレイも存在するので、目が頭部の左側にあるもの全てがヒラメというわけではない)。海底で両目のある体の左側を上に向けて生活しているため、ヒラメの両目は常に上の方を向いていることになる。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た肝臓

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た英語

    ヒラメ(鮃、平目、比目魚、英名:Bastard halibut、学名:Paralichthys olivaceus)は、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称である(「ヒラメ類」の項を参照)。有眼側(目のある方)が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別する(後述)。また口と歯が大きいのが特徴で、ヒラメ類のことを英語ではLarge-tooth flounders という。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た長崎漁港

    長崎県 長崎漁港(2002年度 第2位)ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たから揚げ

    タマガンゾウビラメ :学名 Pseudorhombus pentophthalmus、英名 Fivespot flounder20cm程度まで。日本、朝鮮半島からインドシナ半島まで。体の目のある側には5個の黒い丸い斑紋がある。煮付やから揚げ、また干物や、練り物の原料にする。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た朝鮮半島

    太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが特徴である(ただし、頭部の左側に目を持つカレイも存在するので、目が頭部の左側にあるもの全てがヒラメというわけではない)。海底で両目のある体の左側を上に向けて生活しているため、ヒラメの両目は常に上の方を向いていることになる。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た太平洋

    太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが特徴である(ただし、頭部の左側に目を持つカレイも存在するので、目が頭部の左側にあるもの全てがヒラメというわけではない)。海底で両目のある体の左側を上に向けて生活しているため、ヒラメの両目は常に上の方を向いていることになる。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード