60件中 21 - 30件表示
  • ヒラメ

    ヒラメから見た市場

    一方、養殖物と天然物のヒラメは上記腹側の黒い文様以外外形上はなんら差異はないが、天然物や食味を尊重する市場では養殖物は安値で取引される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た下痢

    かつてクドアの一種( Kudoa septempunctata )(以下、クドア)は病原性が無いと考えられていたが、寄生したヒラメを人間が生で食べ、食後数時間程度で一過性の下痢や嘔吐といった軽度の食中毒を起こした事例が報告され、調査の結果原因物質である可能性が極めて高いとされている。。ただし、必ず発症するものではないうえ、症状は一過性かつ軽症で翌日には後遺症も残らず、クドアが長期に人体で留まる可能性も低い。また、一定時間の冷凍や75℃以上の加熱処理で病原性は無くなることが判明している。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た大韓民国

    なお、クドアは粘液胞子虫の一種で、最初の発見事例は韓国から輸入された養殖ヒラメであるが、クドアの生息海域内の天然物やマグロにおいても寄生が確認されている。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たムニエル

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た樺太

    太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、ヒラメの目は両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが大きな特徴である。また、ヒラメはカレイと比べて口が大きく、歯も1つ1つが大きく鋭い。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た肝臓

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た宗像市

    2013年2月21日、宗像市沖の玄界灘で裏表が同色の個体が網にかかった。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たケンミジンコ

    沿岸の砂泥地を好み夜活動する。昼はよく砂泥中に身を潜め頭だけ出しているが、砂に潜らない場合は体の色を海底と同じ色にする。主に海底に住む小魚、小型甲殻類、貝類、ゴカイ類を食べる。幼魚のときにはケンミジンコなども捕食するが、成長するにつれ魚類を捕食する割合が増え、成魚では9割が小魚となる。そのため、カレイ釣りではゴカイ・イソメのほか鈍重な動きのワームを用いるのに対し、ヒラメ釣りでは生き餌の小魚や俊敏な動きのルアーを用いる。ヒラメはカレイと異なり、体全体を使った比較的俊敏な動きが可能である。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た五枚下ろし

    調理の際はその特殊な体型から三枚おろしではなく、五枚下ろしあるいは七枚卸しにする。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た英語

    ヒラメ(鮃、英名:Bastard halibut、学名:Paralichthys olivaceus)とはカレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種。広義にはヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称(「ヒラメ類」の項を参照)。有眼側(眼が有る側)が体の左側。日本では「左ヒラメに右カレイ」と言ってヒラメとカレイを識別(後述)。口と歯が大きいのでヒラメ類を英語ではLarge-tooth flounders と表現している。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード