37件中 21 - 30件表示
  • ヒラメ

    ヒラメから見たカワハギ

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た下関漁港

    山口県 下関漁港(2002年度 第5位)ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たオヒョウ

    おひょう(大鮃、英語名 Halibut)はヒラメの漢字が使われているが、カレイ科カレイ目に属するカレイの仲間である。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たリアルタイムPCR

    厚生労働省食中毒被害情報管理室は平成21年7月に都道府県等に病因物質不明事例の情報提供を要請し2010年(平成22年)6月21日に中間取りまとめをおこないヒラメからRT-PCRの検査によりクドア属のRNAを検出し引き続き調査を行っていた。2011年2月厚生労働省食中毒被害情報管理は、石川県内温泉街の「ヒラメ自粛」に対し「食中毒と養殖ヒラメとの関係性を指摘する話は把握しているが、現時点では臆測にすぎない」とし、原因物質の解明に向けた研究を進めていた。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たゴカイ

    沿岸の砂泥地を好み夜活動する。昼はよく砂泥中に身を潜め頭だけ出しているが、砂に潜らない場合は体の色を海底と同じ色にする。主に海底に住む小魚、貝類、ゴカイ類を食べる。幼魚のときにはケンミジンコなども捕食するが、成長するにつれ魚類を捕食する割合が増え、成魚では9割が小魚となる。そのため、カレイ釣りではゴカイ・イソメのほか鈍重な動きのワームを用いるのに対し、ヒラメ釣りでは生き餌の小魚や俊敏な動きのルアーを用いる。ヒラメはカレイと異なり、体全体を使った比較的俊敏な動きが可能である。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た

    シタビラメ(舌平目)は、カレイ目ササウシノシタ科およびウシノシタ科のの総称。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たえんがわ

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た学名

    ヒラメ(鮃、平目、比目魚、英名:Bastard halibut、学名:Paralichthys olivaceus)は、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称である(「ヒラメ類」の項を参照)。有眼側(目のある方)が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別する(後述)。また口と歯が大きいのが特徴で、ヒラメ類のことを英語ではLarge-tooth flounders という。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見たフランス料理

    白身魚の中では特に淡白で繊細な味わいで、非常に美味であるとされる。特に背鰭と臀鰭付け根の部分の身は、縁側(えんがわ)と呼ばれる脂の乗った歯ごたえのある部位で珍重される。刺身、寿司、酒蒸しなどで食べる。またムニエル等でフランス料理でも使われる。肝臓(キモ)もカワハギ等と同様珍重される。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラメ

    ヒラメから見た魚類

    ヒラメ(鮃、平目、比目魚、英名:Bastard halibut、学名:Paralichthys olivaceus)は、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属するの一種。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称である(「ヒラメ類」の項を参照)。有眼側(目のある方)が体の左側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってカレイ類と区別する(後述)。また口と歯が大きいのが特徴で、ヒラメ類のことを英語ではLarge-tooth flounders という。ヒラメ フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード