103件中 51 - 60件表示
  • DAISUKI!

    DAISUKI!から見たビアガーデンビアガーデン

    グルメ企画 - ビアガーデンやクラブなどで飲酒をする回もあり、その際にはカクテル・日本酒・焼酎・地ビール・ワインなど、飲物の種類別にテーマを設定することがあった。また、カクテルの種類や日本酒の銘柄について紹介する回もあった。DAISUKI! フレッシュアイペディアより)

  • 新静岡センター

    新静岡センターから見たビアガーデンビアガーデン

    夏には屋上でビアガーデンを営業していた。新静岡センター フレッシュアイペディアより)

  • 山交ビル

    山交ビルから見たビアガーデンビアガーデン

    事業主であるユトリアグループ傘下であるヤマコーボウルや、バンケットホールはオープン当時から変わらず営業している。また、夏季のビル屋上にて営業されるビアガーデンは夏の風物詩の一つでもあり、スポーツクラブとしては老舗となる「トップロード」は同ビルで20年以上の歴史を刻んでいる。山交ビル フレッシュアイペディアより)

  • 24時間テレビ エロは地球を救う

    24時間テレビ エロは地球を救うから見たビアガーデンビアガーデン

    その他、「女子アナと混浴募金」「おしっこビアガーデン」など多彩な募金活動を行ってきた。24時間テレビ エロは地球を救う フレッシュアイペディアより)

  • キャバレー (1972年の映画)

    キャバレー (1972年の映画)から見たビアガーデンビアガーデン

    ナチスの暴力支配が広がってくる。キットカット・クラブにおいて、最初は国家社会主義者が時々悪さをして追い出されていたが、最後には客席のほとんどが国家社会主義ドイツ労働者党員で埋め尽くされる。郊外のビアガーデンでナチスの台頭が示される。屋外の明るい太陽のもと、少年がくつろいでいる老若男女の客に向かって自然および若さの美しさについての純朴な歌を歌う("Tomorrow Belongs To Me")。しかしこの少年が着ているのはヒトラーユーゲントの制服である。音楽の高揚に合わせ、少年は腕を上げてナチス式敬礼をする。アカペラのバラードは徐々に暴力的な軍歌に変化し、観客のほとんどが集団ヒステリー状態となってどんどん歌に参加していく。マックスとブライアンはその光景を見て車に戻り、ブライアンはマックスに「きみはまだ彼らをコントロールできると思うかい」と尋ねる。のちにブライアンは路上でナチスの軍人に立ち向かうが、ただ何度も殴られるだけであった。キャバレー (1972年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 日本のビール

    日本のビールから見たビアガーデンビアガーデン

    1869年には、日本で最初のビール醸造所となる「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」がアメリカ人のG・ローゼンフェルトとドイツ人技師のE・ヴィーガントによって横浜の外国人居留地に設立されている。1870年にはノルウェー系アメリカ人技師が「スプリング・バレー・ブルワリー」を横浜の外国人居留地に設立している。スプリング・バレー・ブルワリーは後に麒麟麦酒となる。また、コープランドは、工場隣接の自宅を改装し、外国人居留者と外国船の船員向けに「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」を開設している。日本初のビアガーデンと言える。日本のビール フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・コープランド

    ウィリアム・コープランドから見たビアガーデンビアガーデン

    1864年に日本の横浜へ移住。コープランドは知人ら2人と出資し、商事組合 S.ジェームズ商会を1866年に設立、牧場と運送業で品質の良い牛乳販売が評判になるが、商会は1867年に解散。コープランドは単独でコープランド商会を設立し、運送業を行って、資金を貯める。資金を貯めたコープランドは山手123番(天沼)の土地を購入すると、1869年にスプリング・バレー・ブルワリーを設立した。近隣の丘を210メートル掘って、低温によるビール醸造を行った。後にルイ・パスツールが確立したパスチャライゼーション(低温殺菌法)を知ると、コープランドもこの技術をスプリング・バレー・ブルワリーに導入している。コープラドが生産したスタイルはラガービール、バイエルンビール、バイエルンボックであった。コープランドの醸造したビールは、主に横浜の居酒屋に樽で売る他、醸造工場に隣接する自宅を改装し「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」を1875年に開設すると、外国人居留者と外国船の船員向けに営業している。こちらも日本初のビアガーデンと言える。コープランドのビールは評判となり、東京や長崎へも出荷されるようになった。なお、1869年にはジャパン・ヨコハマ・ブルワリー、ヘフト・ブルワリーなども開業しているが、コープランドのビールほどは評判にならなかったようで、短期間で閉鎖されている。ウィリアム・コープランド フレッシュアイペディアより)

  • ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲ

    ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲから見たビアガーデンビアガーデン

    2015年8月29日、九官鳥が番組ディレクターとアシスタントを兼務している『マシンガンエチケット』、『LINK』とのコラボレーションを実施。同番組MCのガッツ・ムネマソと、FM愛媛パーソナリティーのヒカルが当番組に参加し、ビアガーデンでトークや普通のお便りを読みながら展開した。ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲ フレッシュアイペディアより)

  • 三重会館

    三重会館から見たビアガーデンビアガーデン

    1954年(昭和29年)に創業10周年を迎えた三重交通では、本社ビルを建設する案が浮上し、当時の郵政省および日本勧業銀行(現・みずほ銀行)と合同で建設することになった。これは津中央郵便局の建て替え検討の計画が公となった際に当時の青木理三重県知事をはじめとする三重県民からの強い要望に郵政省が応じたもので、同じ敷地にあった日本勧業銀行も参画し、一志郡久居町に疎開していた三重交通の津への復帰事業を兼ねて建設が行われた。そして1956年(昭和31年)6月に地上5階・地下1階建の三重会館が完成、6月29日に竣工式を挙行した。これは、日本初の官民合同ビルであり、設計は東畑建築事務所が担当した。同年7月1日から営業を開始し、三重県初のエスカレーターを備えたビルは物珍しさから多くの見物客を集め、小学校の社会科見学の場ともなった。当時2階は近鉄ストア、3階は中部日本新聞社(現・中日新聞社)津支局や三重県内の政財界の要人が利用した「三重クラブ」などの事務所・店舗とカルチャーセンター、5階は結婚式場と志摩観光ホテル経営のレストランが入り、屋上には展望台、テラスではビアガーデンが開かれ、エレベーターにはエレベーターガールが乗務していた。しかしモータリゼーションの進展に伴う駐車場不足や施設の老朽化を背景に商業機能の撤退が進み、解体前にはオフィス機能にほぼ特化したビルとなった。三重会館 フレッシュアイペディアより)

  • カフェ・プロコップ

    カフェ・プロコップから見たビアガーデンビアガーデン

    18世紀を通して、ブラッスリー(ビアガーデン)風のル・プロコップはインテリや権力者、スキャンダル・ゴシップ記者であるヌーベリスト (nouvellistes) の集う場であり、彼らのル・プロコップに関する発言は警官の報告書に繰り返し現れている。全ての百科全書派が、ベンジャミン・フランクリン、ジョン・ポール・ジョーンズやトマス・ジェファーソンがしたようにチョコレートを混ぜて飲んでいたヴォルテールのように、一日40杯のコーヒーを飲んでいたわけではない。カフェ・プロコップ フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「ビアガーデン」のニューストピックワード