74件中 51 - 60件表示
  • ビートたけしのオールナイトニッポン

    ビートたけしのオールナイトニッポンから見たビアガーデンビアガーデン

    ネタの出来映えの良いハガキ職人を番組に招待する企画。当初は印象重視だったが1985年から採用毎にポイントで記録し、年に1回から2回ほど番組に招待していた。年末・年始の場合は「忘年会」や「新年会」、夏場の場合は「ビアガーデン」と称した。ニッポン放送社屋屋上に特設ビアガーデン会場を設置したり、当時たけしが経営していた居酒屋・北の屋から中継した事もあった。ハガキ職人以外にも遊びに来た業界関係者、仕込んだイベントコンパニオンやレースクイーン等も参加。飲み物や料理は主にスポンサーとのタイアップや参加者の持ち込みだが、北の屋の板さんが現場で作る事もあった。ビートたけしのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • キリンホールディングス

    キリンホールディングスから見たビアガーデンビアガーデン

    その後、日本初のビアガーデンの開業、経営破綻(工場の一時閉鎖)、トーマス・ブレーク・グラバーや岩崎弥之助らによる企業再建(「ジャパン・ブルワリー(二代目)」を設立)などの変遷を経て、1907年に三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒」として新発足し、第2次世界大戦後は、国内ビールのシェアの首位を獲得。アサヒビールのスーパードライの台頭までは、継続的に首位を守った。現在は、アサヒビールに首位を譲っているが、創業以来の独特の苦みとコクをウリにしたビールの固定ファンの存在と、新商品の投入合戦で、熾烈なシェア争奪戦を繰り広げている。ただし、最近ビールや低アルコール飲料の新商品を大量投入しており、ビール系飲料のラインナップ数とビール系飲料以外も含めた酒類の販売高は業界一となっている。キリンホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪神百貨店

    阪神百貨店から見たビアガーデンビアガーデン

    夏季には屋外テレビで阪神戦を中継も行われるビアガーデンが開かれ、阪神タイガースファンが集まることでも知られている。阪神百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たビアガーデンビアガーデン

    この反響は大きく市内のディスコやビアガーデン、海の家などからの出演依頼が殺到し、米軍岩国基地からも依頼を受け出演した。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • バート・エーンハウゼン

    バート・エーンハウゼンから見たビアガーデンビアガーデン

    また、1990年に造営された枝条架装置(製塩装置の一つ)や1806年に造られたビューロの泉があるジールパークが特筆に値する。ここにはボンボン工場の「Salz- und Zuckerland」(直訳すると「塩と砂糖の国」)がある。泉の管理舎ではビアガーデンやカフェが営業している。バート・エーンハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィレッジ・シンガーズ

    ヴィレッジ・シンガーズから見たビアガーデンビアガーデン

    最期は所属事務所であるホリプロより一方的にマネージメントを放棄され、メンバーは四谷のとんかつ屋で活動を続けるか否か悩み抜いた末、名古屋のビアガーデンでの演奏を最後に1971年6月を以って解散。ヴィレッジ・シンガーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大通公園

    大通公園から見たビアガーデンビアガーデン

    YOSAKOIソーラン祭り終了後は花フェスタが行われ、7月21日から8月20日まではさっぽろ夏まつりのメイン会場となり、まずは巨大なビアガーデンが開催される。4大ビール会社がそれぞれに会場を設け(5丁目から8丁目)、ビールとつまみの味を競う。この他にも世界のビールを集めた会場(10丁目)、各地の地ビールが合同出店する会場(11丁目・2003年(平成15年)まで)などがあり、天候にもよるが3週間で40万リットルほどのビールが消費され、ビアガーデン終了後は北海盆踊りと雑貨販売のさっぽろバザールが開催される。大通公園 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟麦酒

    麒麟麦酒から見たビアガーデンビアガーデン

    1875年 - コープランドが、工場隣接の自宅を改装して日本初のビアガーデン「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」を開設。麒麟麦酒 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見たビアガーデンビアガーデン

    こうして立案されたのが「来場者に色々な席で、様々な角度からゲームを見てもらえるように」という発想からスタンドを全席自由席とし、入場料も大人1500円、子供500円の均一料金にするという、NPB12球団の一軍公式戦としては初の試みだった。加えて当日の企画案を検討した結果「夏前のフェスティバルのノリで、ビアガーデンのように盛り上がれる企画」という方向性が決まり、ビールを通常の半額(1杯300円、ソフトドリンクも200円に割り引き)で販売するなどのサービス実施を決定、企画タイトルは「360度ビアスタジアム」と銘打たれた。結果、2日間とも通常の平日のナイターを大幅に上回る観客を集め、概ね好評だった。「ビアスタジアム」は翌2006年シーズンも6月27日の対北海道日本ハムファイターズ戦、8月30日の対ソフトバンク戦の2度実施され(但しドリンク類はブースのみでの販売とし、売り子の巡回販売は行わず)、6月の試合では観衆の実数発表を開始してから当時最多の29,152人を記録した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • えのしま (列車)

    えのしま (列車)から見たビアガーデンビアガーデン

    箱根特急の運行終了後にビール等を積み車内で販売し、利用者はそれを片手に片瀬江ノ島駅より片瀬海岸で夕涼みをしてから新宿方面へ帰るものであったが、後に「えのしま」が定期化されると、夏期のみビールの販売や「ビヤホール列車」などとして運転されたとされる。後に、「すず風」などの愛称がつけられた。しかし、沿線の宅地化が進んだことで1970年代に休止。1990年代に一時的に復活したが、現在では行われていない。公式にはこれを「江ノ島特急」の緒としている。えのしま (列車) フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「ビアガーデン」のニューストピックワード