前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    1999年にスパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(旧姓アダムス)と結婚した。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • サマンサタバサ

    サマンサタバサから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    プロモーションモデルには、ヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムを始めとした海外のセレブを社長自らが交渉し、積極的に起用するなど、国内のみにとらわれず、海外への戦略志向も強い。サマンサタバサ フレッシュアイペディアより)

  • GOSSIPS

    GOSSIPSから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    海外セレブリティ・マガジンのパイオニアとして、テレビ・ラジオ番組など他のメディアに出演協力や情報提供をする。フジテレビのバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』に編集長の大柳葵理絵がコメンテーターとして出演、フジテレビのバラエティ番組『ザ・ベストハウス123』に、同番組とGOSSIPSのコラボレイト企画として、お騒がせセレブリティシリーズを放送。ニコール・リッチー、ハイディ・モンタグを取り上げて、大きな話題を呼んだ。その後もお騒がせセレブリティシリーズして、マドンナ、リンジー・ローハン、ブリトニー・スピアーズ、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィクトリア・ベッカムも放送した。GOSSIPS フレッシュアイペディアより)

  • Headlines (Friendship Never Ends)

    Headlines (Friendship Never Ends)から見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    曲の一部分が2007年10月21日にAmazon.comで公開され、UKでは23日にラジオ局を通して一斉に披露された。曲の作詞はまずメンバーのエマ・バントン、ジェリ・ハリウェルとその他のプロデューサーによって手がけられ、その後、メラニーC、ヴィクトリア・ベッカム、メラニーBが作詞に参加した。Headlines (Friendship Never Ends) フレッシュアイペディアより)

  • 2 Become 1

    2 Become 1から見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    リチャード・スタナード、マット・ロウによって作詞、プロデュースされた。この曲のテーマは、男と女が1つになると、とてつもなく強くなるということ。スパイス・ガールズが初めて歌うバラードでもある。また、この曲は2通りある。アルバムに収録されている「2 Become 1」は、ジェリ・ハリウェルが曲の2番目の2ndベースを歌い、シングルに収録されている方ではヴィクトリア・ベッカムがそのパートを歌っている。また、歌詞も2通りある。スパイス・ガールズはゲイのファンが多いことで有名で、そのファン達をいやな気分にさせたくない思いで歌詞の一部が変更され、2通りできた。その歌詞は 'boys and girls go good together' という部分で、'love will bring us back together' に変更された。ライブやジェリ・ハリウェルが脱退してからも、ヴィクトリア・ベッカムが後者の歌詞を歌うようになった。また、メンバーのエマ・バントンがソロでこの曲を歌うことでも有名である。また、この曲はスペイン語バージョンもつくられた。曲名は"Seremos Uno Los Dos"(セレモス・ウノ・ロス・ドス)。スペインで発売され、人気を博した。2 Become 1 フレッシュアイペディアより)

  • ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)

    ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)から見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    また、ボヘミアン達の名前は主に人気歌手から取られているが、リーダー格の男性が「ブリトニー・スピアーズ」(2008年7月現在「ヴィクトリア・ベッカム」と変更されている)なのを除けば国によって異なっている。例えばブリトニーの相棒の女性はロンドン版では「ミートローフ」だが、オーストラリア版では「オズ(おそらくオジー・オズボーンの略称)」となっている。ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • 寺田和正

    寺田和正から見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    ヒルトン姉妹、ビヨンセ&ソランジュ・ノウルズ姉妹、ペネロペ&モニカ・クルス姉妹、ヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポワ、イ・ビョンホンなどの海外セレブや蛯原友里、道端ジェシカなどをデザイナーやモデルに起用したプロモーション展開が話題を呼び、女性誌に取り上げられ売り上げを伸ばした。これらは「セレブ」ブームの先駆けとなった。ピンクやホワイトの色づかい、きらめくラインストーンやハートの形など、華やかなデザインのバッグを主体に、若い女性たちから支持を集める。寺田和正 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェラ・ウォン

    ヴェラ・ウォンから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    ヴェラのウェディング・ガウンを挙式で着た著名人は多く、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、ジェシカ・シンプソン、アヴリル・ラヴィーン、ヴィクトリア・ベッカム、ジェニファー・ガーナー、シャロン・ストーン、ユマ・サーマン、ホリー・ハンターらが上げられる。ヴェラ・ウォン フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    フットボール選手と付き合う前から有名な芸能人もいる。デビッド・ベッカムの妻でスパイス・ガールズのメンバーヴィクトリア・ベッカムは世界的に有名だが、アシュリー・コールの妻で、国内では大人気の5人組グループ「ガールズ・アラウド」のメンバーであるシェリル・コールは自分はWAGsというくくりにされたくないという趣旨のコメントをしている。クロード・マケレレの元妻は、スーパーモデルでラッシュアワー3にも出演したノエミ・ルノワールである。ルカ・トーニはイタリアのトップモデルの恋人マルタ・チェッケットと付き合い始めた当初は、トーニは下部リーグの選手で彼の方が無名だった。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • Crystal Style

    Crystal Styleから見たヴィクトリア・ベッカムヴィクトリア・ベッカム

    作詞・作曲:Victoria Beckham、Kenneth Karlin、Carsten Shack、Nathan Butler、Erica YanceyCrystal Style フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「ビクトリア・ベッカム」のニューストピックワード